ブログどじ小舎

どじ小舎のお客様とのコミュニケーションをはかる場?
「どじ小舎」情報など

14日の散歩 ( 立本寺から達磨寺と平野神社からの秋便り  )

2016-10-14 15:51:21 | sanpo
 きょうも、京都は曇り勝ちながら青空も見える散歩日和。
暑くなく寒くなく、いわゆる「何でも日和」ですね。

 散歩は千本釈迦堂を抜けて七本松通りを下がり、立本寺へ。
北門から入ると直ぐに、セイタカアワダチソウにヤマトシジミが居るのが見えました。

セイタカアワダチソウは根から毒性のある「DME」という物質を出しているそうです。
これで他の植物の発芽を妨害し、一人天下の状態を作り出していた。
と言う事ですが、最近はこの「DME」で自家中毒におちいり、衰退の憂き目をみているとか?
( 稲垣栄洋 著「身近な雑草の愉快な生き方」 より )
 そう言われれば、鴨川の河川敷辺りでも数が減っている様な?????

 閑話休題
散歩に戻って立本寺からもう一枚、 酔芙蓉 を。

酔芙蓉 も、もう飽き飽き?
と言っても今が時期の花なので・・・・・

 きょうの散歩は円町の電気屋が目的の一つ。
これは、買い物ではなく、プリンターの使用済みインクカートリッジが溜まってきたのでリサイクルへ。

 円町へ行くならと、ついでに覗いたのが下立売天神道西入るの達磨寺 ( 法輪寺 ) 。

達磨で有名? ( ローカルで? ) なお寺ですが、 芙蓉 も有名? ( ローカルで )
その 芙蓉 にセセリ蝶が来ていました。

 セセリは何匹もいて、高い所で咲く花にも。

後ろでボケているのは、石の達磨さん。以前に比べ水垢を落としてもらって綺麗になっています。
その分有難味が減った?

  芙蓉 の白花も綺麗でしたので一枚。

とは言え、ここの 芙蓉 もそろそろ終わり掛けている様です。

 この後、電気屋へ入り、カートリッジを回収BOXへ入れて復路へ。
余談ですが、売り場では、年賀状関係のソフト売り場が勢力拡大しています。
少し気忙しい?

 帰りは春日通りを上がり、白梅町から西大路を上がって平野神社へ。

桜園を歩いてから本殿脇の十月桜を見にいくと、咲き出したばかりの花が見られました。
今の季節はまだ寒くないので、花もいじけずに咲いて綺麗です。

 社務所前の十月桜は少し高い枝の先。

下から見上げる形で、青空バックになっています。

 平野さんを東へ抜けると、新しい幟が立っています。

神社も次々忙しい?「・・・・世に盗人の種は尽きまじ。」 ならぬ、神社も金儲けの種は尽きない様です。
などと書くと顰蹙を買うかな???
写真は幟が裏返っているのであって、写真が裏返しになっているわけでは有りません。

 以上、早くも七五三の話題と、秋を通り越して年賀状の話題が出た14日の散歩でした。

カメラ SONY α77 
レンズ TAMRON SP 60mm F2.0 MACRO


8966
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 13日の散歩 ( 妙連寺、船岡山... | トップ | 15日の京都府立植物園から ( ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。