愛する犬と暮らす風景

70歳を過ぎていまだ現役を貫きつつ、愛犬と暮らす幸せな日々の軌跡。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今朝も追われるようにして

2017-03-07 22:50:05 | ルイとの日々

 昨秋、勤めている会社の代表取締役社長就任という予期しなかった一身上の都合で、いっとき、ルイをなかなか遊んでやれなかった。正直、精神的にも、また、体力的にもそれどころではない毎日だった。
「これはいかん」と気づき、年明けあたりから、ことあるごとに声をかけてやるようにした。ルイにどれだけルイを思っているかを言葉で伝えてきた。

 前にも書いたが、散歩のとき、ルイはこちらの気持ちを推し量ろうとするように並んで歩きながらこちらの顔を見てくれる。目が合えば、笑顔で話しかけてやってきた。
 いつまでも亡くなったシェラやむぎにこだわっているよりも、その存在から日々を楽しませてくれるルイに心から気持ちを傾けてきたのである。もし、いま、ルイがいなくなってしまったら……。そんなことはとてもじゃないけど考えられない。想像さえできない。いまや、ぼくや女房にとって、ルイはかけがえのない存在になっている。
 シェラやむぎへの愛惜はかわらないけど、ルイはルイである。

 気が小さいという性格でもオスのわんこである。どうしてどうしてきかん気はなかなかのものだ。5歳も半ばを過ぎたというのにやんちゃぶりは健在である。
 散歩中も油断ができない。郵便局のバイクを追う。キックボードには異常な反応を見せる。こうした嫌いなものへいつなんどき襲いかかるかわからない。
 家の中でもぼくや女房の気を引こうと、すぐにいたずらがはじまる。すばしっこく動くから容易に対応できない。ルイには軽い遊びでも70過ぎたわれわれにはかなりの負担になる。その様子がわれわれの目にはたまらなくかわいいからなおさら始末が悪い。

 だいぶ前からだが、朝、会社へ出かける支度をはじめると、追いすがってくる。スーツのズボンを破かれ、去年はバーバリのトレンチコートも牙で破かれてしまった。女房の被害はそんな程度ではないという。
 それでも怒る気になれないのは、やっぱり歳とってからの子だからなのだろう。服を破かれないように気をつけているせいもあるが、最近はようやく牙をたてなくなったのは、やっぱりルイの成長のたまものなのかもしれない。

 ぼくが家を会社へ向かうころあいを見て、ルイは自分のフリスビーをくわえてくる。布製のヤツだ。これでかなりマジで引っ張りっこをしようとする。うっかり相手をすると思い切り引っ張られて転びそうになることさえある。
 二、三度相手をしてから「帰ってきたら遊んでやるからな」と言い置き、出かける。しかし、あまり約束を果たしたことがない。昼間の疲れでルイの相手をしてやるのが大儀だからだ。
 ルイもわかっているのか、それとも自分も疲れているからか、たいてい、朝のような鋭さ、しつこさはなくなっている。

 毎朝、追いすがられ、逃げるようにして家を出たときのぼくの口元は笑っている。
 この幸せだっていつまで続くかわからない。いまだからこそのルイとのこの楽しみは、しんどいけど、一日でも長く続いてほしいと切に思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルイに目で殺されて | トップ | 飼い主が年寄りだから大変だね »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (わが家もむぎ。)
2017-04-18 06:19:15
Hiro様。

久々にのぞいて見たら、ルイ君の新しい記事にとても嬉しくなりました。

さてさて。わが家のむぎは、現在ドイツで暮らしています。主人の海外赴任に伴い、年末の12月に、夫婦プラスむぎの家族3人でドイツにきました!ドイツは犬天国!スーパーと病院以外は、どこでも犬と一緒に入る事が出来ます。電車もレストランもデパートも!
日本にいた頃は、私も仕事をしていましたので、お留守番の時は随分寂しい思いをさせてしまっていましたが、今は四六時中、むぎと一緒に過ごす事が出来るやうになりました。私にとっても幸せです。
Hiro様がご出勤される際のルイ君のご様子、手に取るように想像できます。わが家のむぎも、主人が出勤の時は大騒ぎ。帰宅の際も、また大騒ぎです(^^;;。
可愛いこの仔と、いつまでも元気に大騒ぎしながら、一緒に過ごしていきたいものですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。