farm note 農便り

農業をしながら生活を楽しくをモットーに

山椒の実

2016-05-28 07:24:28 | Weblog

ほんとちょっとの雨の後、山椒摘みをしました。

緑の中で、スパイシーな香りに包まれて。まだ若木の三本の山椒の木をきれいに、身軽にしました。

静かな、ラジオを聴きながら

、その内容は、安藤さんの建築の話と、科学的な古生代の話で、とても豊かなゆったりした時間を過ごしました。

しかしその後が大変です。

妹に送ってもたくさんの山椒。

湯がいて、実を採り、お醤油で炊き上げる。そのプロセスをたのしむことも大事なんです。ゆったり時間を大切に、年に一回きりの仕事ですから、大切に。

この時期は田植えも終わって、ほんとうに、うれしい季節です。

誘因をしなかったので、しなだれかかったバラが見事に咲いてくれて、はにかんだようなピンク色も素敵です。

ブライダルピンクという名前も素敵です。

今朝あまりにもだれたようなので、なおしてやりました。見やすいバラになりました。

草ばかりの玄関先に香りと色を添えています。

こんな中で、本や、音楽を楽しめたらいいのですが、草刈がこれから続きます。散髪屋さんになるのです。田のイネが喜んでいるのがわかります。

風がそよぎ、、ゆられ、成長します。

子供の成長を見ているようです。

自然の動きから、元気をもらいましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キウイの赤ちゃん

2016-05-27 14:04:58 | Weblog

もうキウイに実が出来ていました。まだ白くて赤ちゃんです。

どんなふうに成長していくのか、観察するのがたのしみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サプライズな電話!

2016-05-27 13:47:15 | Weblog

久し振りな方からの電話でした。

昔20歳代働いていた枚方のフナイ薬品総合研究所時代の若い方からの電話でした。

まず懐かしい、うれしいの一言です。

聞く懐かしい人々の顔がすぐ浮かんできて、思わず笑えます。

私が白髪のおばあさんだから、どんなおじいさんやおばあさんになっているのだろう。

あのころは私も若く、静かで、おとなしくでした。

今はすべて反対の呈です。

懐かしい面々の中に陶芸家、画家になっておられる羽下昌方さん。ヨーロッパで人気があるそうです。

あのころ、静かでおとなしい物腰の彼らしい現在です。

大阪で展覧会があるそうで、みんなに会いに出かけます。

何が何でも出かける予定。若かった時代が本当に懐かしい。

何年振りかしら?

まだ私達が初々しかった頃の物語です。

みんながどんな物語を紡いてきたのか興味深いです。

心躍る電話でした。青春時代に戻れそうです。無理か?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デジタル世界に翻弄されて

2016-05-27 08:10:28 | Weblog

勝手にウインドウズ10に代わり、戸惑っているのに、エクスプローラーがピンを外して、消えてしまった。今度はグーグルで検索。あっちへ、こっちへ。いじくりまわしているうちに夜中目が覚め、パソコンとにらめっこ状態。最近購入したスマホにワイハイをつなごうとするが、字が小さすぎて読めない。虫メガネでやっと判読。しかしまだパスワードが異なるらしく、接続できなかった昨深夜。遊ばれまくっている感じです。

田畑で忙しくしているうちに世の中も変わって、ついていくのが大変です。

まだ孫の写真や動画などを見るのに、いいよとの二男の一言で買ってしまったスマホです。

買ってあげよかと言われ、まだそんなもの自分で買えるわと買ったスマホです。

昨夜は振り舞わされても、いまだ納得いかない私がいます。

ラインには接続できたものの、知っている方の名前が自動的に出てきて、気分が悪い。

家族間だけで利用しようと思っていたのに、いやなかんじです。

なんでも、便利という名目の下、勝手に触るなと言いたいけれど、今私達はそんな時代に生きているのですね。

便利、便利も考え物で、アナログ時代が懐かしい。

じゃあ、アナログで生きたらいいのに、便利さも求めている自分。

もうバラバラの自分が右往左往しているような昨今です。

早く使いこなしましょう。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バラ、バラ、バラ

2016-05-26 06:46:20 | Weblog

バラの季節がやってきました。

近所のお宅でも、ピンクの濃淡のバラが美しさを展開しています。

我が家もバラも恥ずかし気な淡いピンクでさきはじめました。

京都の家から持ち帰ったもので、あまり咲かないので。切ろうかと思ったこともありました。

しかし時間、辛抱も大事なのだと思わせてくれるバラです。四方八方に枝を伸ばし、みどり緑した玄関先に色を添えています。

今、初孫の誕生を記念して希望という名のバラも大きな蕾をいっぱいです。

6月の初誕生日頃には満開になりそうです。初誕生会にもっていきましょう。

孫に希望を託して植えました。彼が成長したころ実がなるだろうと、グレープフルーツのタネも落としました。

その若木も少し大きくなりました。

バラの中でひっそりと緩やかな成長をしています。

忙しさの中で、草いっぱいの中で、うれしいバラや、マロウ、カンナ、カモミールの花がいっぱい咲いてくれて元気の出る玄関先になりました。

玄関ではツバメのヒナが可愛い口を開けておやも待っています。

犬のこころがうろうろしているから、蛇から守ってもらえて、おやツバメも安心でしょう。

ゆっくり玄関先でくつろぎたいですが、次から次の農作業が続き、疲れが取れきれないうちに、田畑をうろうろです。

忙しいけれど、生命力のある5月はいいなあ。

バラの美しさがひときわ目立つ5月です。

いろんなバラがひしめいているより、二、三本のバラが静かにさいているのもいいなあ。

バラの季節、満喫したいものです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田植え終わり

2016-05-24 20:45:21 | Weblog

やっと後期分の田植えが終わりました。

ほっとします。

少し余裕をもって生活できそうです。

でも村や老人会の草刈、税金集めなどの村仕事が待っているようです。

道路の草刈も待っています。

もう少しいいものに待って欲しいものです。

ジャンボタニシや、オタマジャクシも田んぼで元気そうです。

小さな小動物も元気に生きています。

みんな、地球の仲間なんですね。

これからは、田んぼの周囲を歩いて、足音を聞かせましょう。

イネ苗に足音の音楽を聞かせましょう。

あなたを見てますよと伝えましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キウイの花、摘花

2016-05-23 11:45:35 | Weblog

摘花と言っても、初めてで勝手流です。たくさんのつぼみをとりました。

しっかりみると、白い実が見えます。

これが成長するのでしょ。

ハチもブンブン、花粉の香りに誘われて大忙し。

私が手を出していても、刺したりなんかしません。いいハチです。虫も花のなかで大忙しの様子でした。

お花のまわりをぶんぶんです。♪ ♬~~~~~~~~~~~

 

秋にはたくさんの実がいただけるでしょうか?楽しみです。甘い薄黄色のゴールデンキウイです。

 

朝早く、スイカ畑を鋤きました。畝をあげて雨が降ったら、藁を敷いて、本格的なスイカ畑になります。

これら二件の仕事が午前中の仕事です。

心は、

 

早く田の畔草刈を仕上げたいと思いつつ、畑仕事をしていました。

 

明日はいよいよ後期の田植えを予定。

これが終われば今年前半の大仕事が終わり、今度は暑さの中でいかに田畑を管理していくか、時間があっという間に過ぎ、今年も半分近く過ぎ、早い、早いです。

こんなふうに忙しくしているうちに、年を重ねていくのだと、なんか冷めた気持ちになります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キウイの花、満開

2016-05-22 12:34:36 | Weblog

畑の片隅で三年ぶりにキウイの花、ゴールデンの花が満開です。ハチや小さな虫が一生懸命仕事をしていました。

下から観察させてもらいました。

夏のようなお天気で、ついスイカに手が出ました。

小片なので食べた気がしない。

母の作るスイカの成熟を待った方がいいに決まっているけれど、つい。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと終わった!

2016-05-18 22:37:19 | Weblog

後期分の代掻きを三枚仕上げました。

油断が高じて、畦に乗り上げ、脱出にどっきとしましたが、回避できました。

意外と冷静な自分がいて、助かりました。

側で野鴨のペアーが水面散歩です。

もう馴染みになった感じで側でも平気のようです。

静かな一日で、ほっとしました。

もう出番のないトラクターも洗浄して格納します。

ひとつずつかたずけていきます。

 

畑では、母がナス、万願寺トウガラシ、キュウリの杭を知り合いに打ってもらいました。

これからは、他人の力も借りていこうと考えています。シルバーさんに依頼しています。

明日からは、畑仕事に専念?します。

腰痛も治って快適に代掻きが出来、ラッキーでした。

しかし生活に運動を取り入れなければと再度考えています。農閑期に増量した体重を落とすのが大変になってきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の中、畦つけ

2016-05-16 20:11:28 | Weblog

かぜが強く吹き、いやな午前中でした。疲れているので三時ごろまでねていました。雨が降りそうでしたが、長靴に大きなクワとラジオをポケットに入れて、田のあぜつけの意欲がわいてきて、田んぼへ。

どうせ水の中に入るのだから、人気のない田で静かに畦つけ。  ☔ ⛆ 🌂 ☂ 

我ながら慣れた手つきでぺたぺた上手にできるのでびっくりしました。

約一時間で終えることができました。

昔々、十数年前の私はすごかったです。

ため息ばかりついて、少ししては、休み、その繰り返しでいつ終わるのだろうとしていました。近所で仕事をされていた90歳ぐらいのおばさんが見かねて、田んぼに入ってこられ、教えてくださったことが懐かしく思い出されます。田んぼ仕事はこの90歳代のおばあさんが先生でした。今度は私、人に教えられますが、いまはみな機械で走り回って畔つけです。

出番がありませんが、私の畔は光っています。

畦もついたし、明日は最後の代掻き。肥料まき。

不調だった腰も治ってよかったです。

明日三枚代掻きしたら、今季の私の出番は終わった感じです。やれやれ。三男夫婦に田植えをしてもらいます。

ホッとします。

もう最初植えた田んぼが草刈りをしてほしそうですが、ぼつぼつです。

もう少し待ちなさい。

またぐるぐるの草刈りが始まるわけで、田んぼや畑に遊んでもらっているとしましょう。

6月には、孫の初誕生日に出かけましょう。

孫のことを思うと野良仕事も楽しくなります。

おばあちゃん、頑張ってますよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加