farm note 農便り

農業をしながら生活を楽しくをモットーに

久し振りの雨、ちょっと一服

2014-04-29 09:20:07 | Weblog
あわただしい農繁期を迎え
水不足で困っていましたが、
やっと雨。
カエルと同じくうれしい雨です。
さあ、今日はどこへ。


玄関先のギボウシの葉もこの間まで寒さにちじこまっていたのに、
葉をのびやかに広げ、今朝は雨の玉がころっとのっています。
一瞬の美しさです。ころころとしてきれいです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田んぼの季節

2014-04-17 21:18:21 | Weblog
この間まで寒い寒いと言っていましたのに、まちに待った桜も散りかけ、新芽の季節です。
昨日田の水も入れ、すっかり春本番を迎え、水が入った田ではカエルたちのコーラスも始まりました。
毎晩カエルの歌を聞きながらです。
5月の田植えを前に、準備であちこちの田を巡り、四辻を均平にして、作業がスムーズに運ぶよう、スコップさばきも上手になってたくましいおばさん、いやおばあさんです。
10年も経過すると、慣れて、細かい予定日程を組まなくても、お天気と体と相談して作業が出来るようになりました。
この田植えが終われば、ゆっくりです。

犬のこころも一歳半になり、びっくりするくらいおとなしくなりました。
この間まで、靴やお財布、ハウスなどかじれるものは何でもかじっていましたのに、おとなしいこと。
病気でないかと思うくらいでが、検診では健康です。

あっという間に時間が過ぎます。この間は京都に出て、御池のリストランテでご飯は鴨川散策を楽しんできました。もう田舎に帰るとほっとする自分がいて、すっかり、田舎のおばさん、いやおばあさんです。


新しい先生を迎えて、ブッククラブも継続しています。
カナダ人のアレックスさんから習って、日本語禁止のクラスで静かに頑張って?こぼれそうですが、なんとか踏みとどまっています。
新しい現代単語にうんざりしますが、ボケ防止と考えて、慣れぬ辞書を片手に、老眼鏡で見つめています。
久し振りのブログ更新でした。


田んぼの稲の役を承って、新しい任務でもあります。
農道整備や水の管理を上手に取り行いたいものです。
皆が満足いくようにこころ配りしたいものです。

ではおやすみなさい。
このごろ早寝、早起き。6時ごろは犬の散歩を兼ねて、
田んぼの水の見回り(自分の田圃だけ)の仕事が毎日加わります。
ほな、おやすみなさい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加