farm note 農便り

農業をしながら生活を楽しくをモットーに

つかの間の充実時間

2012-05-31 08:55:53 | Weblog
田植えが終わったけれど、今度は野菜が走らせてくれています。草ものびのび、早く散髪をと待っているようです。

そんな多忙な中、野菜搬入時の待ち時間が嬉しい。
ゆっくり、本を楽しめる時間です。
今朝は捨てようと思って車庫においていた詩の本、高村光太郎です。
変色していい色になっています。
若い頃、しるしをしていた箇所があり、好みは今も変わっていないのが面白い。
昨日は日野原さんの本からの聖書からの言葉が心を引きました。
今朝は高村光太郎の詩。
捨てようと積んでいる本を取り出して、空き間に読むのって贅沢時間になってきました。
寝る前、さあ、読もうとすると、すぐ眠くなり、睡眠剤のようですが、早朝は貴重な
本読み時間になりそうです。
15分くらいの短時間、贅沢時間。
心を潤す時間になってきました。
忙しい方、ちょっとこんな待ちの隙間時間をお楽しみ下さい。

本の色がベイジュ色になり、味わい深いです。
新刊もいいけれど、古い本も良し。

さあ、これから草刈りにいってまいります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰ってきたつばめ

2012-05-30 12:03:15 | Weblog
やっと玄関で巣作りがはじまりました。
しっかり泥で巣があったので、そこで新生活がはじまったようです。
朝から、ちゅっちゅくちゅっちゅくさえずっています。
なんて言っているのでしょう。
柿の木と洗濯干しに架けてやった棒で仲良く休んでいる姿もよく見かけます。
静かな玄関先がにぎやかになりました。
一年ぶりの巣作りです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夕暮れの静けさ

2012-05-27 05:21:06 | Weblog
大切なブログ友達さんの為に
夕暮れの写真を一枚、ここに。


初夏の夕暮れ、本当に静で、穏やかで、きれいです。
何時もミレーの絵、頭を下げてたたずんでいる農婦の姿が目に浮かびます。

出っ張っているコンクリートは高速道路の脚です。
目障りですね。
狭い谷筋にこんな構造物をと怒りがこみ上げますが、夜、たかく走る光る車の列は、
まるで、銀河鉄道のようです。
はじめてきずいた時、何を見ているのかと、不思議な気持ちでした。

昼間は現代アート、夜は銀河鉄道、宮沢賢治の世界が展開していると思うことにして、
心を落ち着けています。

遠くに見える山のシルエットは丹後半島の山なんですよ。
その辺りの山から、棚田からの日本海の日暮れも素敵です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

何の花でしょう?

2012-05-27 04:59:29 | Weblog
お天気が不順で、ストーブがいる日もあったり、暑かったりの日が続き、調子がいまひとつです。
昨日はあたたかくなり、ほっとするひでした。
ツバメも家の前の田んぼで楽しげに飛び回って、久しぶりにツバメの姿です。
玄関先で中国から帰ってきた従兄弟とおしゃべりをしていると、ツバメも私達を観察しているようです。
安心して、玄関の古い巣も点検しているようです。柿の木に棒を渡してやったので、ツバメの休憩場になり、止まって、こちらを観察しています。
うれしそうに、飛び交って、久しぶりにみる光景です。
従兄弟曰く、人がいると、安心して飛んでいるのだと。
そう、待ち受ける、ヘビなど外敵からまもってもらえるからでしょう。
早く安心して巣を暖めてもらいたい。
すずめも道路を飛び回り久しぶりにすずめもみます。
どこからか、モミガラのついた稲藁を口にして、とんでいます。
昔はごく普通の田舎の光景も今は、新鮮です。

畑に目を向けると、ジャガイモの花が咲き出しています。
私の希望の紫じゃがいもの花もさきだしています。
種から育てた、イタリア生まれのズッキニーも定植しましたよ。
ポットでは白い根をたくさん撒きつけ、土に下ろされて、嬉しいことでしょう。
どんなものが取れるでしょうか?お楽しみ、お楽しみ。

さて、今日は村の草刈りの日。
また、また暑い日、草が私を待ち受けています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

生命力

2012-05-25 21:10:33 | Weblog
小さなレタスの苗を植えました。
しっかり、上を向いています
可愛いでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さなお客さん

2012-05-25 20:40:58 | Weblog
午後から雨らしいので、急いでハーブ畑へ向かう。
撒きすぎたレタス類を定植する為です。
見事なサラダボウルのような畑になるはずです。
前に植えた、小さかったレタスがしっかり芽を上に向け、その生命力に圧倒されます。
しっかり上に向かっています。

静かな山際の畑で、小雨の中の孤独な作業です。
そんな中、てんとう虫を見つけました。
思わず、新品の携帯で写真を撮りました。
撮ろうとすると、下になったり、登ってきたりで、焦点がなかなか合いません。
でも撮れました。
可愛い姿で和ませます。
久しぶりにみるてんとう虫です。




やっと修理中の蔵に重い白壁の戸、二枚が入りました。
四人がかりで入れられました。
中の戸も入りました。
古い鍵で開けてみましたが、オッケイです。
もう最後の仕上げだけになり、忙しかった田植えと共に
終わりそうです。
重い戸が入ったので、これで安心して暮らせます。
長年ゆがみの為、開閉が大変で、開けっ放しの重い戸が閉められます。
これで、昔の苦労された方々にに顔向けが出来たように思います。
中にはたいしたものが入っていませんが、これから、福蔵にしたいと願っています。
近所で長年空き家だった家や、蔵が解体され、すっきりしました。
これもまたいい選択だと思います。

夕方は晴れ、もやのかかった夕陽は穏やかで、遠く丹後半島の山並みがきれいなシルエットでゆっくりした時間でした。

農作業は野菜、ホウレンソウの出荷でいそがしかったのですが、一段落。
でも夏野菜の胡瓜やナスが出始めて、これからまた夏野菜に追い立てられますが、
マイーペースを守って行きたいものです。

国王のスピーチの映画を見損なったので、今回のマーガレットサッチャーは予約をしておきました。楽しみにして、農作業をしましょう。


油断して田の見回りをサボると、モグラの穴で、水が抜け、やれやれ。
真面目に、真面目に、こつこつが農の精神です。
ちょっと忘れていました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

早朝散歩の楽しみ

2012-05-17 14:04:37 | Weblog
今朝は起床5時。先ず洗顔、日焼け止めクリームを塗って、田の水の見回りを兼ねて散歩。
近くに山、山から聞こえる野鳥のさえずり。
きれいな、可愛い声でさえずっています。
何種類の鳥の声なんでしょう。こっちで、軽やかにさえずれば、遠くの茂みでまた可愛い声。
いい音楽です。
それに、朝から田んぼでバスのようなカエルの声。
何かいい音楽が聞こえてきます。
朝の清清しさのなかで、じっと聞いていたい音楽です。
癒しの音楽です。
心を耳を清ませて聞こえる声。音楽になっています。
そんな中、高速走路の車の音が耳障り。
何でこんな里近くに車を高速で走らせたのでしょう。
いい音楽が聞こえてくるのに、ぶちきったのは、人間の欲です。
もっと奥にはしる予定だったらしいのに、売りたい土地の為、前に出てきたとかです。

早朝散歩、いいですね。
早く双眼鏡が要ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

油断大敵

2012-05-15 19:37:28 | Weblog
トラクターの出番も終えて、洗車のため、出かける時、心の緩みがつい出て、スピードが出すぎてしまい、もう少しで川に落ちるところでした。素早く回避できて良かった。意外と冷静な自分がいてくれて良かったです。
父もよく川に突っ込んでいたようでしたが、怪我もなく済ませて頂いていたようです。
今回もひゃっとしましたが、何かに助けられているように感じました。
お墓の掃除をしたり、花を供えたりしなければと思っているだけで日が過ぎますが、止まって、心鎮めをと思っています。
何時も四文字熟語が浮かびます。今回は油断大敵。
心しましょう。

後期の稲苗が配られてきました。代かきも終わっているので、あとは田植えだけが残りました。三男に植えてもらいます。
その後は、トマト、ナス、胡瓜の支柱たて。
もう天気と共に、野菜が色んなことを求めてきます。
カラスはもう、青いトマトやエンドウを見つけて食べ始め、母を悩ませています。
お昼休みに彼らはやってきて食事のようです。
これからはカラスとの智恵比べが始まります。
どうも負けそうな気配です。
賢いカラス、上から全てを観察して読まれています。


巣を作らないツバメ、でも田の上を飛んでいる姿を見かけるからいいですが、何故か
玄関に巣を作らなくなった。
数の減少しているとのこと、どうしたのでしょう。
上から落とすウンチが気になったものですが、来なくなると、一体どうして?
夏になったら、家の中にまでに飛び込んで来るツバメ、今年はどうなるでしょうか?
家の周りは、サギ、カラス、鴨などのなわばりになったのでしょうか?
いつぞやは、すごい声のたたかいがあり、あれはカラスの縄張り戦争だったようです。
はじめて聞いたカラスのたたかいの声でした。
ツバメが恐がっているのかもしれません。






























コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

山の中の畑で野鳥に観察されて

2012-05-11 20:41:49 | Weblog
鋤いた畑へ行って、追加7キロのしょうがを植えつけていました。近くに野鳥が飛んで来て、私の仕事ぶりを見ているようです。大き目の鳥で何かなと考えながら植えつけました。何故か、多分鋤いた後の畑のミミズをめがけて飛んで来ているのでしょう。
静かな山里でよく鳥が飛んで来て、私の好奇心をかきたてています。
双眼鏡がいるなあ。
野鳥のハンドブックもいるなあ。
可愛い野鳥の声って、いいです。

鳥好きといったら、お寺の同い年の和尚さん。鶯を飼っています。
何時だったか、そう天竜寺の管長さんがいらした時、きれいな声でホーホケキョをなき、
なんとものんびりしたお寺の音楽です。
まるでテープレコーダーが回っているようで、楽しかったです。
鳥の声に魅せられています。
今日の鳥は何だったのでしょう。

しょうがも植えたし、レタス類で畑を埋め尽くしました。
多分、サルにさわられないと思います。
きれいになった畑にジャーマンアイリスのつぼみを折る人がまた、また。
なんと言う事でしょう。
多分淋しい人で、可愛そうな人だと思います。
どんな気持ちで咲き出しそうな花を折られるのでしょう?
二度目です。
昨日元気だった花、今日、折られていました。
人気がない畑なのに、不思議です。

誰も見ていなくても、行っている行為は自分の心が知っているのに、
そんな心を積んでいったら、暗くなってしまうのに。おかわいそうです。
最初は、びっくり、ショックでしたが、今は相手の気持ちを思いやるとかわいそうです。

まだ余白のある畑、何で埋めましょうか。
サルの嫌いなものです。

アスパラの草抜きもして、田んぼをみて、帰ると、まだ蔵の中でセメント塗りをしている若い方がいらして、もう6時やのにと感心されました。
夏になると、8時頃、帰宅。今は6時ごろです。
よく働いている私です。

あっちでも、こっちでも、待っている花や、野菜、イネが、野鳥がいるので、忙しいんですよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

畑へ

2012-05-10 20:00:42 | Weblog
やっと山際のサルがたまに現れる畑を鋤きました。鋤き方もちょっと上手になりました。
畑だと安心して運転できます。
草だらけだった畑もきれいになり、コマメを出して、溝上げをして、早速、しょうがを植えました。5キロ。でもまだまだ足らないので10k増やしましょう。
しょうがはサルがさわらないからです。また健康的な野菜ですから、りんごで有名な木村さんの農法を真似て栽培します。
  

ジャーマンアイリス、グラヂオラス、ルバーブなどの世話をしながら、充実した時間です。ミントも大きくなり、アップルミント、オレンジミント、ブラックミント、ラベンダーミント、スペアーミント、イングリッシュミントなどミントが多い。
ここは息抜きできる畑です。

帰りは、アスパラ畑へ。草だらけです。少しずつ抜いていく予定です。
自家用に収穫しましたが、草が多すぎて、まだまだ研究の余地ありの畑です。
何故か変わった草が多くなりましたが、抜くと、昔からいる団子虫がいっぱいで、光に戸惑っている様子です。
草を抜いたら、もう少しできるかもしれません。一週間くらいかかります。すこしずつ、すこしずつきれいにしようと思っています。

これからは畑にいる時間も多くなり、忙しくなり始めました。
またすぐ田んぼの草刈りもしなければ、次から次と仕事が待ち受けています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加