farm note 農便り

農業をしながら生活を楽しくをモットーに

東京ぶらり旅

2011-09-27 21:50:41 | Weblog
駅前のバスターミナルから東京へ行ってまいりました。夜9時25分発、品川着が翌朝の6時過ぎ。息子と会うまでにたっぷりの時間です。さあ何処へ行こうかと、ターミナルの張り紙を見ると、今、ドジョウと金魚でちょっと有名になった言葉を書かれた書家の美術館が国際ファーラムにあり、早速有楽町へ向かう。早朝と日曜日で静かな朝。朝ごはんをと思って店を捜すが、見つからず、仕方無く地下のマクドナルドとなり、ぱっとしない朝になりました。でも
偶然好きな言葉が個性的な字体で書かれた作家の作品をたっぷり鑑賞できてラッキーでした。コーヒー店を丸の内界隈を歩いても見つからず、お堀端をちらっと眺めながら歩いていると、出光美術館の前を通り、今度はこの美術館の9階へ。池大雅、蕪村、玉堂、如拙の笑いについての催しで、ゆっくり観賞。とてもいい時間です。
ラウンジから日本の中枢地区が眼前に広がり、いい眺めです。山間の田畑でなく、日本の中心が広がっているのです。
ここでの熱いお茶を頂きながらゆっくりした時間です。目の前は桜田門です。
思いがけない光景に出会い、ラッキーでした。
次は
有楽町で会いましょうと長男と会い、銀座を歩きながらおしゃべり。歩きながら色々話すのもいいものです。色々話しながら、野菜を見に、銀座三越へ。
野菜だけが目当てでした。
まあ京都府産の野菜は京野菜のブランドなので、ホウレンソウと言えども、780円。びっくりです。何処でも京都産のものはお高いです。
お昼ごはんは日比谷へ、その後銀座に戻り、高いコーヒを一杯。
ここで、ちょっと一休みです。
明日は農協の集まりがあるので、早く寝ましょう。
続きは明日かけるでしょうか?
おやすみなさい。

続き、


渋谷で長男カップルとタイ料理、久しぶりの辛い、すっぱい、甘いの料理を私の希望でいただきました。
その後、埼玉の住む妹宅へ始めての訪問です。
東京から40分、北上尾までの電車。
おしゃべりに花を開かせ、これまた久しぶりの出会いでした。
翌日は帰り道を新幹線にしようか迷っていましたが、夜行バスにして、早めに切符をかう為、品川へ。その後再び長男カップルと食事。
渋谷から東横線で東京芸大前駅まで、
不思議と初めてでしたがいけました。
もう東京は簡単に動けそうな私を発見し、意外なことでした。
息子に、
お母さんもんぺで簡単にこれそうやわ!
息子、
もんぺでこんといてよ、お母さん、本当にきそうや!


2日かけて息子と話を久しぶりにして、頼りない息子も大人になったのを確認して帰路のバスへ。

こんな具合のぶらり旅でした。
意外に疲れていないのでびっくりです。
最初の日は二万歩以上、新しい靴で歩いたのにです。
有楽町、丸の内、日比谷、銀座、渋谷が主な行動範囲でした。

かき忘れていることがあります。銀座三越での野菜見物で京野菜が高額だったのが印象的でした。ホウレンソウ、780円ですもの。

たまには遠くへ出かけて脳を活性させることが大事と思いました。
案外簡単に東京が歩けている自分を発見して驚きました。
学生時代の2年を過ごしたことが大きいのかもしれません。
銀座に出ても野菜を追っている自分が面白い。
私もすっかり農業人になりました。

さすが絵を見るのが好きな私も、ベネチアの絵や北斎の版画を見に行く元気はありませんでした。
バスのなかではグーグーだったでしょう。
夜行バスは起きれば目的地についているので、いい旅の方法です。
ほん近くのバス停からがいいです。
普段着で出かけられるのは、いいですね。
若い方にはどんどん出かけて、田舎に埋没しないで欲しいと思いました。
久しぶりの小さな旅はいいものです。

写真は出光美術館9階からの眺めで、午後です。
目の前が桜田門。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

羽二重モチ

2011-09-23 22:08:47 | Weblog
玄関先に羽二重モチの苗を植えて、育てています。
三本の苗を一株として、今、写真のようにたわわに実りを待っています。
これは、稲を観察する為に植えましたが、あまり、日々観察できず、実ってきました。
田んぼの姿も同様の姿で10月中旬の刈取りを待ちます。
お近所のモチはいのししに荒らされたり、こけたり(倒れる事)無残ですが、私の田はきれいなのが嬉しい。
台風前に畦を切って、水はけをよくして、バインダーで刈れるように、心を尽くします。全てスムーズに行くことを願っています。


すっかり秋になりました。
日が恋しくなります。
コオロギがよく鳴いています。

さてさて、明日は東京へ出かけます。
久しぶりなので、楽しみにしています。
長男とも会うのも久しぶり。
重い口を開けさせて、しっかり話をしてきましょう。
やっと結婚がテーマになってきました。
どの子にも親の失敗をさせないように、気配りするのが私の責任。
みんな幸せになってほしいです。


今日の作業は、
九条ねぎの中打ちでした。母の依頼です。
やっと畑仕事も出来るようになり、ラジオを聴きながら、土の空気を入れます。
丁寧に根元を立てて、土を柔らかくします。
こんな作業がいい野菜を作るのですね。
意外にこんな作業も好きだと思いました。
単純作業ですが、大事な仕事です。
夕食後、収穫野菜を搬入してきました。だから朝はゆっくり、余裕を持って仕事が可能になりました。

稲作りをしながら、畑をどのように両立させるかが課題で、ちょっと目途がつきそうです。田んぼ作りのように、カレンダーに日ごとの作業を記入していけば可能かもしれない。安心してできるかもしれません。
挑戦です。
色々試行錯誤です。

お祭りが近くなり、日曜日の組での草刈りに出られないので、私の持分も刈ってきました。もう草刈りは慣れて、本格的な草刈りが出来るようになりました。
嘘のようです。以前は飽きるは、腕が痛いは、さんざんでしたが、慣れました。
時間と根気のお陰です。ダリの励ましで可能でしたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日の楽しみ  その二

2011-09-21 21:53:35 | Weblog
台風の影響で雨、雨。家でごろごろばかりではいけないと、図書館へ向かう。ごろごろしないで部屋の整理整頓の課題がどっしり待っているのに、つい図書館へ。
借りてきた本は、
アーミッシュの食卓
福島原発と人びと
自然のめぐみを楽しむ  昔ながらの和の行事
全て日頃関心を持っている関心事です。
雨の降る外を眺めながら、ページを繰るって楽しい。

アーミッシュの生活スタイルにはずっと関心があり、今回の原発事故で尚更生活の見直しとして、電気に頼らない昔ながらの田園生活をされているアメリカの地方につい目が行きます。アメリカに滞在中、何故か気になった地方なのです。
ペンシルベニア州のダッチカントリー地方です。文明が発達してもなお昔ながらの農耕をしながら生活されているのです。車も走っていません。馬車が走っていました。
そんな地方のお料理にも関心があります。
今思い出す、マートの作ってくれたダンプリングがおいしかったこと。日本ではすいとん?のようなスープでした。ほっとした思い出があります。
上三冊は私が大事にしたいと考えている内容の本なんです。

家では仏陀の言葉を読んでいます。
心に染み入る内容で、色々在り方を反省しながら読んでいます。、
今、雨の降る、農作業も一段落したので、可能なささやかな私のたのしみです。
明日は美容室へ、一度東京の空気を吸ってきます。
ゆっくりと長男といろいろ話し合ってきます。口が重い男の子と久しぶりにおしゃべりをしてきます。
その他、何を見てきましょうか?
野菜?
絵?
色々見てきましょう。
お友達にも会えたら会ってきましょう。
もうシャンソンも上手になられたかな?
足を伸ばして埼玉の妹にも会ってきましょう。
ドイツから帰ったばかりの甥にも会えるかな?きっと彼は忙しすぎるなあ。
久しぶりの東京、15年ぶりかしら?
どんな東京が待っているのでしょう。
進学で初めて行った時、山手線を目黒で下りわすれて、また東京駅に戻ったことのあった田舎者が今はどうなっているでしょうか?お楽しみ、お楽しみ。澄まして歩いているでしょうか、おのぼりさんスタイルでしょうか?お楽しみ、お楽しみですね。

しばし私のお楽しみ時間とします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日の楽しみ

2011-09-19 19:52:14 | Weblog
NHKの朝ドラ後、うとうとしていると、画家の堀文子さんが画面に。
しっかり目と耳を開いて、聞き入る。
婦人雑誌でよく見ていた絵と文、なんとなく好きだなあと思っていた画家さんです。
93歳でまだ絵を描いておられる。群れない、慣れない、頼らないをモットーに生きておられる姿は、とても清清しく生き方として素敵だなあと感じ入りました。
生き方の見本として、堀さんを追っていけそうです。
展覧会があれば是非伺いたいと思っています。
朝はいいテレビを見て充実した気持ち。
雨もしとしと。
思い切って知り合いのコーヒー店へお茶に。そこで店主のお兄様とお話。
隣谷の方で、共通の話題がたっぷりあり、とても楽しいお茶の時間でした。興味深い話は、お隣の谷が平家系でわが村が属する谷が源氏系とか、今まで考えた事が無かったので面白いと思いました。この地域の古代、中世史面白そうです。

フットワーク軽い、市内の小学校の女性校長先生もお知り合いとかで、是非お話会がある時は呼んで下さいとお願いしました。
この校長先生は原発事故などの災害が発生した時に備えて、即訓練を始められた先生です。対応が素早く、是非一度お出会いしたいと思っていた方です。

単純で平凡な生活をしている中で、素敵な女性に出会えるっていい気分で、心がうきうきしてきます。
皆さん、生き方の先生として素敵です。

また喫茶店店主のお母様も99歳で、今でも畑に出られるとか、いつか会いに行こうと思っている女性です。
素敵な人にはいっぱい出会い、いいエネルギーをいただきたいと思っています。

雨の日のちょっとした楽しい日でした。
いいコーヒーブレイクでした。
生きている内に、何人の方と出会うのか分からないですが、いいひと、素敵な人にいっぱい出会いたいものです。



母がせっせせっせとダイコン葉や白菜菜を収穫してくれるので、勿論、私もせっせ、せっせとスーパーに運び込んで仕事はしていますよ。
生姜、ナス、甘唐、葉物が中心です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダリのいない庭先

2011-09-18 12:54:10 | Weblog
敷地内では、鎖につながず、ダリの天国の庭先でした。
たまに道路の出て、ちょっとお小言を頂く事もありましたが、殆どいい子でした。
何時も玄関先をうろうろ、暑い日は場所を変えて、あちこちにいて、呼ぶと、のこのこのこれまでした。
少し涼しく、秋らしくなりましたが、今年はセイジの紫、青色、空色が淋しげです。
活気がありません。
とても静です。
ダリの存在がいかに大きかったのかと、かみ締めます。
もう彼女も私達の心の中で住んでいるので、あまり悲しむのは止めです。
ダリのハウスも主がいないと台風時、飛んでびっくり。
写真の黄色のコンバインシートの横がダリの二軒目のハウスでした。
奥に見える朽ちかけた蔵はお隣さんのもので空き家で荒廃していく家屋が更に淋しさを増す、初秋です。

これは春のダリのうろうろ姿です。
後ろの黄色の壁の家はお隣さんで空き家です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

大きな空白にさようならを告げます

2011-09-15 07:56:33 | Weblog
昨日お隣人が犬の鳴き声がしないし、家に行って、尻尾を振ってこないけど、どうしたん?との質問についに直面。宅配に方も、この頃、挨拶に来てくれないけどどうしたん?ガソリンスタンドに行くと、ダリちゃんは?
そうなんです、ダリは夏の暑い日、熱中症で死んでしまいました。
あまりにも突然で病院で点滴、酸素マスク、心臓マッサジをしてもらいましたが、私の見守りのなかで、逝ってしまいました。
私をずっといりぎりまで待っていてくれました。
有難うも言えたし、
まさかしぬとは思わず、目を閉じてねんねんしなさいと、首輪や虫除け首輪も取り、ゆっくりさせて、しばし場を離れ、戻ってみると、息が途切れそうで、マッサジをしてもらいましたが、ダリは懸命に頑張りましたが、旅立ちました。
色んな方に愛された人懐っこい犬、ダリでした。
庭先のダリの小道と名前している抜け道にダリが歩かないのが淋しい。
尻尾を振って迎えに出ないダリ。オートバイで走ってきてくれてた三男の涙。あの頃は突然すぎて、涙なんかでませんでした。翌日早朝、何時も出かける作業場の上の静かな木陰に埋めてやりました。有難うの言葉と共に。
母、母親がなくなった時、涙がでなかったけど、ダリには涙がでるわと犬大嫌い人間でしたが、すっかり母の孤独の慰め役を果たし、二人してこっそり、
アイスを食べているのでした。
亡くなる日の午前中、三人でアイスをた食べていたのが最後になりました。
暑い日でした。
昨年は私が熱中症、今年はダリ。
私の身代わりになっていってしまいました。
でも心の中に住むようになりましたので、やっとオープンが可能になりました。
ダリを可愛がってくださって皆様有難うございました。

心を切り替えてこれから畑へ行ってきます。
また、ダリの思い出は書くでしょう。暑くなりそうです。
今年の夏は忘れがたい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

虫の大合唱

2011-09-12 07:46:50 | Weblog
朝から、日は照り、虫は大合唱。また暑い日になりそうです。
一時涼しい日を経験したので、この残暑は本当に堪えます。

稲刈りを予定していたが三男が手伝うというので、明日の延期。
重い袋を持ち上げるのは大変なので助かります。
稲刈りの翌日は一日家でごろごろ休むのが常。
今日は、
母の管理の畑を鋤くつもりです。
ネットを外し、草をかり、すきます。暑くなりそうなので早目にでかけます。
久しぶりの畑作業です。
ここで中断、畑への準備です。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

スキル アップ

2011-09-10 20:43:57 | Weblog
朝9時ごろから稲刈り準備。ちょっと朝露が残っているようだったが、無理に早く開始。案の定つまってツラブル発生。でも焦ることなく取り除くと問題なし。解決できました。今年は何時も夕方までかかるのに、午後2時ごろ予定分が全て刈れました。
すごい進歩です。もう要領も分かり、です。
でも暑い事!!炎天下での作業は大変です。水分を取りながら問題なし。
でも
何歳頃までこんなタフな作業が出きるのか考え込みます。
三男も援助も申し出てくれるが、あと一回の稲刈りは一人で出来そうです。
私もタフになりました。
モチの稲刈りはバインダーで刈るので、その時までとっておきましょう。籾摺りもあります。

機械化のお陰で女性でも男仕事とされていたことが出来るようになり、良かったです。
段取りさえしっかりしておけば、時間も短縮可能です。


明日は母の為に畑鋤きをしましょう。
この作業もすっかり慣れました。
母の畑も白菜、ダイコンなど芽がでて秋らしい様相になりました。
私のオクラは台風で倒れたまま、収穫もせず硬くなっています。
キャベツは活着して稲刈りが終れば世話をしなければと思っています。
母が元気で畑をきれいに守ってくれているのでありがたいこと限りなしです。

今外に出ますと秋の虫の合唱です。
田舎も虫の声でにぎやかです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

散歩開始

2011-09-10 07:07:24 | Weblog
血圧が高そうなので、Dr.の減量するようにとのアドヴァイスで早速早朝歩いてきました。人気のない田舎道を歩くって爽快です。
スリムになるのが楽しみな秋です。
やつれたねって言われるくらい、真剣に減量取り組みます。
つい食べ過ぎて、塩分もスイカにたっぷりつけて食べた結果が高めの血圧です。
要注意です。
生活習慣病予備群から卒業しなければと感じる初秋です。
まだまだ心のぽっかりを抱え、食欲の秋を迎え討ちです。

そろそろ田んぼに向かいます。
どんな一日になるのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋がきました。

2011-09-08 08:01:40 | Weblog
すっかり朝夕は涼しくなりました。
夏が嘘のようです。

これから学校給食のナスを搬入してくるので、ここで中断。


--------------------------------------

午前中、乾燥機のモミの排出、約30袋。
思い袋を持ち上げるのも、少し慣れたかんじです。
板の間が前回の物と一緒で袋を積み上げて、本格的な秋の到来を待ちます。
籾摺りは息子達の役目としています。
多忙な息子達のためと私は何とか一人で明日は三回目の稲刈りをします。
夕方四隅を刈ってきました。コンバインは田で宿泊。
明日もまた軽トラ待機させて汗だくの一日になります。
4回目は三男が手伝ってくれるとか、なんとなくほっとします。
10月のモチの稲刈りは二男に頼みましょう。
すこしずつ、かたずいていくのは、気持ちのいいものです。
課題もいくつかでて、来年度はクリアーしたいものです。


午後から健康診断。
やはりすこし血圧が高そう。
最近の健康の課題です。
減量が一番ですが、食欲の秋を前にして、どうなるのでしょう。
散歩と食事制限が大切になってきます。
農業をして病気になっておれないと常に考えているので、気を引き締めての秋を迎えます。


家の上の田んぼでいのししよけのラジオが毎晩歌っています。
私もモチにネットを張りました。
これは精神安定剤のようです。
いのししは畦を掘り返し、川には弱ったカモシカを見ました。もう捕獲されましたが、初めてカモシカも見ました。
夜は色んなものが徘徊しているのでしょう。
涼しかったのに、昼間は暑く、堪えます。
もう暫くの辛抱。
何時も考えることなく思いつくままに一日を書きました。
明日は10時過ぎから稲刈りをします。
丸一日の仕事になります。
秋風がそよいでくれたらいいのに。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加