farm note 農便り

農業をしながら生活を楽しくをモットーに

ボブ ディランのメロディーが

2016-10-14 05:36:28 | Weblog

昔、およそ50年前、わずかな期間、一年半アメリカで過ごしたことがある。1968年。ペンシルベニアの小さな町です。

ルームメート東部出身の金髪のデビ―がルームメートで新しい事ばかりの生活でした。

彼女のお気に入りがボブ ディラン。よく彼のことを言っていましたが、私はそれほど関心もなく、聞いていました。

いや、聞いている余裕がなかった。ホームシックに襲われているような、異文化になれるのに、必死だったのです。

彼女を思い出すと、ボブ ディランのことをよく語っていたな。

画家のアンドリューワイエスのことも。荒涼とした風景画。

ベトナム戦争の終わりごろのアメリカのアメリカの若者文化をなんとなく聞いていた私。

漠然と聞いていた二人の名前。

日本に帰ってから、なんとなく残った名前で、日本で絵画展やディランの声を聞いたことがある。

静かに響いてくるめろでぃー。

そのボブ ディランがノーベル文化賞のニュースが昨晩あり、今朝に新聞で確認。そうだったのだと懐かしく青春の日々が思い出されるから不思議です。

あらためて聴いてみたいボブ ディラン。

思い出すのは、1968年の春。

二十歳の頃、いろいろアメリカ文化のシャワーを浴びていたのです。ベトナム戦争の影の下でです。

あらためて戦争のことを考えます。戦争はいけないと心を締めたい。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羽二重モチの稲刈りを前に | トップ | 羽二重モチの稲刈り終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。