farm note 農便り

農業をしながら生活を楽しくをモットーに

羽二重モチの稲刈り終了

2016-10-15 06:04:59 | Weblog

村で最後まで残っていたモチの稲刈りがやっとこさ終わりました。

朝9時ごろ、ちょっとはやいかなと思いつつ、何分一人仕事なので、ちょうど適期で、終わったのが山の上には美しいお月様が出ていました。

山里の秋は早い。みるみる月が高くなっていきます。ネットを再び張ることは、省けません。昨晩から犬のこころを宿直から解放しなければならないので、必須です。

ゆっくりゆっくりバインダーを運転し、四隅も順調でしたが、中ほどが湿気てぬかるんで、やはり、どろとわらに捉まってしまい、応援依頼。でもすぐ回復。

速度を上げてその後は快調。

午後から稲木たて。これが大変なのですが、何とか二列に干しました。

昨年は三男の嫁の手も借りて女二人で終え、今年は私が快調なので、例年の如くやり通させました。

でもいつも終わりは山にかかるお月さまを眺めて

やれやれ、ほっこりの思いを抱きます。

今日もお天気、今日こそコンバイン、バインダーの泥を落として、収納できるものが、収納です。

コンバインだけはまだ、位週間後の脱穀待ちで玄関に待機。

 

早くかたずけたいけれど、毎年こんな状態で、本当に、農作業を終えるのは、12月初旬になりそうです。

こんな多忙な中でも、レクレーションは欠かせません。

中学時代の同窓会はいろんな行事が続き、京都からはまたまた高校時代のミニ同窓会の案内。

あれやこれやで単調な田舎暮らしに彩を加えてくれます。

こんなふうに、忙しさの中にたのしみを見つけて、年齢を重ねていくのでしょう。

この秋にはHalloween Birthday ,

69才です。

やれやれの早朝にばんざいです。

犬も4歳になり、サッカーボールを転がして、音を楽しんで、まるで歓喜の音です。犬もほっと、やれやれのようですよ。

彼女にもわかるんですね。うっふーです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボブ ディランのメロディーが | トップ | 名水の里、杉山、29番礼所... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。