farm note 農便り

農業をしながら生活を楽しくをモットーに

不思議な15夜の晩

2016-09-15 22:37:44 | Weblog

今夜は15夜。

不思議な夜になりました。

夜回ってきた回覧板で、地区の古文書の詳細を知りました。今後もっと出るはずです。

わくわくして読みました。

そんな中で、改めて、

舞鶴市から頂いていた  京都府立大学文化遺産草書第11集、舞鶴地域の文化遺産と活用のページを繰っていると、思いがけなく、我家の二代前の先祖がお隣の村の法起菩薩堂、1807年に作られたのを再建に大正4年に入札をした記録が載っていました。若狭から婿入りされた方は大工さんだと聞いていましたが、まさか、今夜出あうとは!金51円で入札されていました。ずっと前、従弟が法起さんの事を色々言っていましたが、他人事のように、聞いていたことがありました、。お隣同士の村で見えぬ悶着があることを聞いていたのです。

 

一昨日は、三代前の方でした。

地域史にどっぷりつかっているので、こんなことがあるのですね。

まさか今夜周吉さんに出会うなんて!

一昨日は旧土地台帳で、近蔵さんでした。

皆さんがとても身近に感じられ不思議です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

畑では、母の出番で白菜、大根などを撒きました。

母も元気で張り切っていました。

私は畑作りに大忙し、肥糧を撒いて、また鋤いて、母の段取りを考えると、早く畝をあげて。。。。。。。。

母は確実に畝に少しめじくったタネを落としていきました。

久し振りの畑で、母はいきいき、健在です。

93才です。経験って宝です!

畑は、まさに健康道場です。

 

お彼岸もそこ、しっかりお墓掃除をしましょう。

お彼岸を前に、昔の人々の足跡が見えてくるようです。

偶然にも二男は一級建築士なので、話そうと思って電話したけれど、出ません。

そう彼等は、石川県地方に家族旅行中でした。幼い孫にいつかいろいろ話してやりたいものです。

つないで人生のリレーをゆっくり、確実に走りたいものです。

見守られている気がして、家をしっかり守らなければと責任を感じます。

今夜は不思議。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村の歴史 | トップ | 雨、雨、、、、ゆっくりのお休み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。