farm note 農便り

農業をしながら生活を楽しくをモットーに

新しいステージへ

2017-12-13 06:54:02 | Weblog

昨日は雪が降る降ると言われながら、降らず、寒い一日だった。

農作業もほとんどせず、農閑期モードにはいりつつあり、就寝時間、起床時間もおくれがちであったが、調整して、

早起き、体操をして母が起きてくるまでの静かな自分になれる時間を獲得したようで、心地よい。

いつも早くから遅くまでテレビ音でおちつかなかったです。

見る番組も母と異なり、うんざりでもともに見ることが多かった。

昨夜は私のお気に入りの知恵蔵である。

その中で、70才、まだ道半分という話題で、そうよねと同感。

孫孫といわず、自分を生きる時間がまだたっぷりあると思えば、日常風景も変わってくる。

来年は何か?ひそかに三日坊主の私は考える。

三男はあれこれせず、何か一つにまとめるようにと助言するが、まだまだ発掘する必要あり。

昨夜は思いがけず、遠くの昔の同僚から電話。東の国に住んでおられるので、言葉のテンポがゆっくりでほっこりでした。

特許部に属していた彼、調査部の私達は、開発部と共に、同じ部屋で朝礼が行われていても、若い時は、会釈だけで話したことがほとんどなかったのに、今はいろんなことをしゃべる、そんな自由な年代になり、いい年齢だとおもう。

フランスでの展覧会やいろんな会の準備で忙しそうなおなじ団塊世代。

皆夫々の地で頑張っておられ大なるはげましでもある。

お米の搬入でばったり会った中学生時代に友達とお茶。

彼女の話は、お嫁さんの愚痴とご主人を失くされた空白のさびしい心を吐露。

話すことですっきりしたのかしらとおもいつつ、思いようでどうにでもなるという、気持ちを抱かるようになった自分をみつめていました。

まだ嘆いたり、愚痴ったりしているだの老いの道は寂しすぎるなあ。テレビでの70才、道半ばに水を得た感じの

寒い昨夜でした。

早寝早起き、体内時計も矯正して、いざいざ歩こう老いの道を散歩しながら。。。。

雪も降らない爽快な早朝は、いいです。前向きに歩こう。

あちこちの散らばってしまった友と語りながら、残された時間を楽しく歩きたい。

70才、まだまだっこころが若い。

歩くペースは落ちても、平気、平気。

青春時代に登山やスキーで鍛えてあるので、体力貯金はいっぱいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早期対応

2017-12-11 20:48:54 | Weblog

寒い中、思いがけず腰に違和感、前傾姿勢で本当のおばあさんスタイルに一時なったけれど、

早期対応で普通に戻れ、ラッキーです。

温めるように心がけ、冬は温泉通いをしたいものです。

本当に無理が効かぬようになるのです。

新しいステージに立って、また新たな役割を演じましょう。

目下、おこたつの中で、コットンの種を出し、ほぐして、フワフワの感触を楽しんでいます。

白、緑、茶の三種のコットンです。

もうすぐ写真をアップしますから待っててください。

まだ田畑には、やり残しの仕事がたくさんありますが、目をつむって春にしましょう。

師走の多忙の中にあって、つい買ってしまったカズオイシグロの短編集。夜想曲集です。

秋、冬に読むに、人生の秋、冬に読むにふさわしい本です。

まずは、入りやすい短編から、イシグロさんの世界観を読み歩きたいと思います。

インドネシアの友達から紹介された村上春樹より、わかりやすく読みやすいのが嬉しい。

たまには、ゆっくり物語の世界に入り込むのも、冬の楽しみとして最高です。

それにしても、腰の回復が早かったので、嬉しく、いろいろなきずきをあたえてくれてラッキーでした。

これからの季節、人生の老いゆく季節をゆっくり楽しみたいものです。

まるで、砂時計の砂容赦なく落ちていく感じのこれから、時間を大切に心掛けたい。

明日は雪が降りそうです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悩ましい年齢

2017-12-08 07:04:41 | Weblog

めっきり冷え、寒く、雪がうっすらの季節が巡ってきました。

そんな寒さの中で、つい齢を忘れて、コットン畑のあとかたずけにイチゴの手入れ、

それに加え、枯れ始めているヤーコン掘りをしました。

その日は、大型ごみの日で、ついくつしたも履かず、出し行きました。例年この季節は冷え防止のため、

厚着で特に下半身は分厚いのに、ついその注意を怠っていました。

前前日は老齢の美濃柿の木に登っていたのに、昨日は、ヤーコン掘りで腰に違和感です。

ああ。。。ついにこれが腰痛なのか?

今日の大仕事は、整形療法に出かけます。

これがいよいよ老いの入り口かと思わされています。

うっかり油断が大事にならぬように、要注意、要注意です。

幼い待孫達のために、イチゴの管理にがんばりすぎました。

レモンやグレープふるーつにも、こもコートを着せてやり、ほっこりしてた矢先の

私のおごりの腰の違和感です。

ゆっくり、ボチボチを忘れていました。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

孫の好きな遊び

2017-12-04 21:27:31 | Weblog

二歳半になった初孫の遊びの好みが分かってきました。

かくれんぼとかこさとし作のだるまちゃんの絵本。

もう一回、もう一回と上手にせがんできます。

大きな声で二人で楽しんでいると、二男に声が大きいと叱られながらです。

たっぷり楽しん出来ました。

まだ赤ちゃんとおなじくおむつが外せず、のんびりしたお兄ちゃんです。

もしもし電話も好きなようで、ごっこ遊びです。

もししおばあさんです。

――ちゃんですか?

こんな単純な会話を何度もせがまれます。

ちょっと高度な絵本を買っても、程度は単純な会話が大好きで楽しみました。

まだうんちが言えない彼のために、五味太郎のうんちの絵本も買いましたが、ちょっといやそうでした。

うんちの絵本はわが三人の息子達にも読んだはずの絵本です。

年末の多忙の中、ちょっと息抜きをしてきました。

無事お宮参りも済み、やれやれでした。

何故か年末になると、京都に出ることが多くなり、毎回伊勢丹のクリスマスツリーの輝きを後にして田舎に帰って、静かな夜の空気を

たっぷり吸いこんで、英気を養っているようです。

 

 

おいしいごはんをみんなで頂く時間は、幸せ時間です。

しあわせって言葉に

出し、頭を横にしてやると、孫は大喜びです。

幸せって頭を傾けてしぐさを真似ます。

皆大笑いです。

前回は食事時間、おいしい!と傾けると、同じような言葉としぐさで大笑いでした。

家族とともにする食事時間はおいしい、幸せ時間です。

孫はじょずに愛らしく真似ておばあさんのこころは暖かい。

玩具のラブラドールが気にいったらしく、おもちゃ屋で見入っていました。

あまりかってばかりでは、いけないと、する―してきましたが、クリスマスには届けてやりましょう。

大きな犬は飼えないので、おもちゃの犬で我慢させよう。

おばあちゃんの家に来れば大きな犬が待っているのだからね。

 

今日は、再び美濃柿が好きという二男のために柿ぼり。つい木に登ってとりました。

上には、まだまだあるけれど、ほどほどで結構。また吊るし柿にします。

見事に上部がくろずんだ、古木の柿の味は甘いのです。年輪を重ねた味です。

あばあさんも年を重ねたと平成生まれのお嫁さん達を前に歴然とする

皮膚の変化。妙齢だ。

孫の元気さとあばあさんの元気さは変わらいけれど、。。。。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万歩計のお世話に

2017-11-30 17:21:27 | Weblog

今年の健康診断の結果は、要注意がおおい。

体重は肥満とはっきり明記されています。

またまた万歩計を買いあらため、ウオーキングに精を出す晩秋です。

犬との散歩は、ダメ。引っ張られどおしでダメ。

一人で腕を振って、確実にステップが必要です。

三日坊主の女王様は、真剣に取り組みます。

万歩は、なかなかですなあ。お腹廻りをすっきりしてから再度受診しましょう。

意識すると、少し背中が楽。お腹廻りまでは時間がかかりそう。

楽して過ごした分のつけが回ってきました。

なんでもおいしくて困る。

あまり食べたくなくなるおくすりが欲しいです。

高血圧のお薬はまだいや。

頑張らなくっちゃ、薬ずけになっちゃいます。

ウオーキングに精を出す年末です。

寒さを蹴とばして、歩こう。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

レモンの木

2017-11-29 19:56:11 | Weblog

やっとレモンの木、5本植えました。

他の畑にも2本。家の玄関先にも2本。

レモンレモンレモンです。

今年家のレモンにいっぱい実ったものですから、感激のあまりの

レモンの木、7本、植えました。

種からのグレープフルーツの木の横にレモンに本。

他の畑に5本、隣には、クワの木と思って植えたけれど、どうも異なる木らしく、唯、夏木陰だけの用を果たしている。

切ろうか、切るまいか,思案中。大きな木なんです。私が植えました。

今秋、レモンに木を植えて満足な秋です。

多分、子供達も孫達も喜ぶはずなんですが、どうか?すっっぱいと言われそうですが、いいのです。

今、レモンの木に凝っています。

もうすぐこものコートを着せますよ。

わらのことしか買ってやれないけれど、喜ぶはずです、私のレモンの木達です。

元気よく育て!

ピンクの服を着せもらって手足をばたばたさせている孫娘のように。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先祖様からの贈り物

2017-11-28 19:29:42 | Weblog

晩秋を迎え、寒さが増すと、山際の美濃柿の木にたわたわに実ったキャンドルのような実が鮮やかです。

かれこれ樹齢100年以上かと思われる木です。

三代前の方が植えたであろう柿の木です。

いっぱいなり、見事な朱赤です。

昨日思い立って犬を連れて柿ぼりです。

コンテナにいっぱいです。

まだまだ木には残っていますが、高いので無理。

眺めて楽しみます。

今朝、さっそくむいて、吊るし柿にしました。

壮観です。

実が大きいのでし甲斐があります。

思いがけない収穫で、昔々の方が植えられた木を通して、先祖さまの思いに至りました。

玄関先にも富有柿、山裾には美濃柿。

昔の方はいろいろ考えて植えられたのでしょう。

まさか私が喜んでいるなんてご存じなしです。

いろんな思いで植えられた木からの贈り物です。

来週は孫娘のお宮参りです。孫達のために何を?

さて、私は次世代に何んの木を残しましょうか?

モモ、レモン、ジュンベリー、グレープフルーツ、など植えていますが、100年以上も生きてくれるでしょうか?

栗の木もいいなあ。

母達は、スモモを何本か、山椒の木も何本か、柚子、二本、私は何を ?レモンの木?

今年たくさんレモンが実ったので、追加のレモン5本を植えよう。

ああ。花梨の木、植えました。

柿の実から先祖様のこころにふれました。

軒先でカーテンのように吊るし柿が下がっています。

いのちのマラソンレースでいいバトンを渡して、いい香りをプレゼントできたらいいな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やっともみすり終了

2017-11-26 20:41:03 | Weblog

やっと三男の力を得て、二人でもみすりをしましたよ。

これで本年度の大仕事は終わりました。

昨日は田んぼの寂しげなネットを回収し、残していた草刈もおえましたが、またねっとを越えてはいってくる猪のあぜ崩しを

直す必要で、またどろんこ仕事を其のうちに、また田に肥料を撒いて、鋤きます。これが終わればやれやれです。

今年から田の作付け半分なので、早く終えました。

三男も大仕事を終え、京都に到着。

確認してやれやれ、ほっこりです。

明日からは、またこころ新たに次年度に向けての田の土作りに専念したい。

現地に行けばするべき仕事が待ち構えているようです。

やっと念願の川沿いのメッシュ柵設営が決定し、ほっとします。

今年度は鹿に飛び込まれて大変でした。

やっとのメッシュ柵取り付けに10年位の時間を要しています。遅すぎです。でもやっと。

意識の高低で遅くなりました。多くの人が被害に遭遇しないと、なかなかもまとまらない現実があります。

こんなに時間がかかってびっくりですが、とりあえずたどり着きました。

幾人かは個人対応で、わたくしも個人的に対応、犬小屋もまだあります。

少し前進しました。張られるところの個人分のところは、草刈もして、お宮参りの為、来週参加できないので、

出来るだけのことを済ませました。

これからは田の土作りに専念して、米作りを楽しんで行いたいと思っています。

お正月にむけ多忙な日々です。

12月中旬のなればすぐき漬けもする予定。

今年はモチ米を作らなかったので、たくさんのおもちは作らないので、ゆっくり。

農協から10キロだけ購入し、おもちちつくり。

ああ。いそがし。お正月がそこに。

ゆっくり師走を楽しみたいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大根が忙しくさせます

2017-11-24 23:05:10 | Weblog

九条ネギの後は、大根が追い立てて忙しい日々を元気で送っています。

京都へ行ってもそれほどの感動もなく、人の多さにただただ疲れました。永観堂は初めて行きましたので、良かったです。

長い間住んでいた京都なので、鴨川から眺める北山や、岡崎界隈、荒神橋辺りを懐かしんでいました。

観光地は人だらけですが、他は変わりない京都で、ほんとうに懐かしくなってしまいました。

今も京都に家があるのですが、三男夫婦が住んでいるので、行く気もせず、もうすっかり田舎の丹後のおばあさんです。

一昨日は村の歴史調査の京都府立大学の調査説明会でした。

こちらは、こころを弾ませて参加してきました。

昔、母の里の村とのサ山論の話に興味がわきました。いつの時代も争いはあるのです。今、現代だって、山の悶着はあります。

所有している山の勝手によその人が杉300本植えられています。

山に入る機会もないので、他人はしらないと思って植えているが、おっとどっこい、知っていますよ。

今も昔も変わらぬ人の在り様に思いをめぐらした山論報告でした。

日曜日はやっと二度目のもみすりができそうです。

まだ残っている古い米、冷蔵庫にいっぱいです。

神戸のお米屋さんに取りに来てもらいましょう。新米に取り換えます。

これが終われば、孫のお宮参り。また出かけます。

本当にいそがしくなり、ゆっくり考える間もなくお正月に向けてまっしぐらのようです。

年内はいそがしや。その後は長い。長い冬休みが待っているので、ゆっくりしましょう。

今は大根さん、白菜さん、キャベツさんに追い立ててもらいましょう。

健康診断の報告に肥満と初めて書かれ、動かなくっちゃ。。。

減らさなくっちゃ。

動け,歩けです。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インドネシアの少女

2017-11-18 21:40:42 | Weblog

綾部市のグンゼでお出会いした老婦人が探しておられた少女の現在がわかりました。

広大なインドネシアのジョクジャカルタに住んでいた少女のことをスマトラのメダンに住んでいる

友達のマリアさんが探してくださいました。

30年ほどのブランク後の消息です。

少女ももう中年の女性に成長されていました。

85才の老婦人は家が貧しくて勉学を断念して早くから

グンゼで働かれていたので、インドネシアの同じような境遇の学生の支援をされていたようです。

長く音信不通となり、今に至っていましたが、先ほどのマリアさんからのメールで彼女の消息が判明しました。老婦人はまるで夢のようだと喜んで下さっています。

ちょっとしたお茶の時間の会話の中で発展した友情のお話です。

ちょっとお役に立てて良かったです。

簡単なインドネシア語の手紙なら訳しますよと言ってしまいましたが、私のインドネシア語大丈夫かな?

辞書があればまあいいでしょう。

またインドネシア語をかじるのもいいでしょう。

それにしても、メダンから発信して見つけてくださったマリアさんの力にびっくりです。

おとなしい方で、いい方です。

彼女のお譲さんの結婚式にお誘いを受けたけれど、行けなかった。

でもいつかインドネシアにいかなくちゃ。

そのためにもインドネシア語学習大事です。

インドネシアの子供の本を読みたい。

仕事を通して知り合った多くの東南アジアの女性達との語りの中で、いろんなことを学んで楽しかったことが

この間のことの様です。

まだ交流が続いていることはうれしい限り。

インドネシアもネットのおかげでとても近い。

メールを打っている間に、答えが届く。

地球は、狭い。狭い。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加