~Dog&Cats Cafe~ Lufa's Houseへようこそ♪

猫のSHELAと日本スピッツのLUFA・LIEL・MARIE VEIL が心からのおもてなしをいたします♪

《犬舎のご紹介》

☆事業所の名称 : SNOW TIP KENNEL ☆動物取扱業の種別:販売 ☆第一種動物取扱業登録番号:川崎市25多販第1号(神奈川県)犬種:日本スピッツ

また入院になりました。。。

2017-06-13 00:43:23 | 介護の話

前回の入院は5月7日

無事に退院できたのは

5月31日

その日からショートステイが

始まりました

 

当初の予定では同じ場所で

ショートからホームへの

入所を考えていました

思うような復活が見込めず

家族でもう一つ準備していた

介護療養型病院への入院を

12日に行う予定で動いていました

 

介護療養型に入院となると

簡単には

ワンズにも会うことが出来ないので

6月5日に

代表でリエルをショートに

連れて行きました

 母は喜んでくれて

呼吸は荒かったけれど

しっかりとリードを自分で握って

車いすで一緒に散歩をしました

ご褒美に

沢山撫でてもらって

母の手からおやつも

もらったリエルでした

 

そして

6月8日

またまた

ショートから救急搬送

 

心不全は前回より深刻で

肺の水はかなりの量

酸素は3日で外れたものの

食事量が少ないので

脱水・肺に水がたまる

心不全で搬送

酸素・点滴・利尿剤で復活

という負のループです

 

そんな状態なので

妹と交代で毎日病院へ

食べられそうなものを

選んで持って行っても

その日によって

食べる日もあれば

食べない日もあります

 

体の負担を極力抑えての

移送が可能なら

介護療養型への転院を

させていただくように

先生にお願いしたところです

 

この先は

誰にもわからないので

自分の良しとすることを

コツコツと

やるだけ(笑)

 

 

感じることは

それぞれ違うと思うけれど

話せるときに

ちゃんと話したいことを

会って話しておくこと

 

今なら

それが出来るから

 

9日に

家族が集合しました

 

10日に

往診でお世話になってきた

ホームドクターに

報告に行きました

 

母の病気と向き合う時

必ず助言をしてくださる

お医者様が傍にいてくださいます

 

最悪の状態を

聞きたくない人も

多いのかもしれないけれど

mamの場合は

噛み砕いて説明していただいて

そういうこともあると

心の準備をしたうえで

その時々の対応をしています

 

まぁ

それが良いのかどうかは

分からないけれど

 

今は

多くを望まずに

母が苦しくない一日を

過ごしてくれたら

子供として

幸せ

かなぁと思います

 

なかなか

PCに向かう時間が無く

UPが不定期になっています

 が

我が家のワンズニャンは

元気にしております

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退院しました・・・そして・・・

2017-06-01 09:17:15 | 介護の話

5月7日の救急搬送から

入院が続いていた母ですが

昨日

無事に退院しました

 

退院先は

救急搬送の時に

過ごしていたショート先です

 

前日に

ショート先に必要な荷物を運び

妹と病院へ

退院に必要なものだけを残して

持ち帰りの荷物を積んで

夕飯を食べさせて帰宅しました

 

本人的には

ショートから来たのだから

ショートに戻るのは

普通のことだったらしく

 

昨日は朝からハイテンションで

退院したとのことでした

 

退院の付き添いは妹に任せました

 

介護タクシーが来るまでの間に

母の着替えは看護師さんたちが

時間までに済ませておいてくださいました

 

無事に退院

 

既往歴が多い母なので

病院が変わるたびに

病棟が変わるたびに

看護師さんたちに

周知徹底していただくことが多く

お手数をおかけします

 

みなさん笑顔で対応してくださって

本当に有難かったです

 

今後は

またいつ同じ状況になるかは

わかりませんが

こんなことを繰り返していくのも

覚悟のうえ

 

看取りは出来ない

ショートと老人ホームなので

何かあった時の受け入れ先の病院

そして

その先の手配を準備しています

 

ようやっと

一段落するのか

数日で病院に戻ることになるのかは

誰にもわかりません

 

入浴は週1回になりました

体重は23kgくらいにまで

減ってしまいました

 

昨日は

食欲があったようです

 

ご心配くださった

みなさま

暖かい励ましの言葉を

ありがとうございました

 

ホームにいる間に

ルーファたち犬組を

会わせてあげられたら

ラッキーです

シェラも会わせてあげたいけど

どうかなぁ

 

そのくらいの気もちで

母に会いに行きたいと思います

 

 

 

そして

もう一つ

 

昨日はヴェールの

実習デビューの日でした

 

現場というのは

お教室とは全然違うので

 

場慣れをしないと

先輩犬たちと同じ行動は

できません

 

トラブルが起きないように

気を配りながら

見学待機と

フリーラウンドをして

場慣れさせます

 

ヴェールは人が気になるようで

お尻をmamの足の上に乗せてシット

これはヴェールの場合

「怖いんですけど…」サインです

顔は笑顔でアイコンを取ってきます

テールは完全に下がっていました

 

ふんふん

なるほど

こう出るわけね~(笑)

 

内弁ちゃん(内弁慶)なので

その場所に慣れるまで

安心を自分で納得するまで

ヴェールには時間が必要なのも

折り込み済みだったので

思った通りの行動パターンで

笑っちゃいました

 

何回かの

この実習を経て

利用者さんとの触れ合い許可が

先生から出たときに

また少し

ヴェールが変わるんだろうなぁと

思います

 

記念すべき1回目は

想定内の行動で

少しだけヴェールを理解できてる

自分を発見できました(笑)

 

次回は6月28日

行かれたら良いなぁ♪くらいの

気持ちで

肩の力を抜いて

頑張れたらいいなぁと思います

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目途がつきました。。。

2017-05-25 21:17:57 | 介護の話

ご心配いただいている

母の状態は

入院後

落ち着いてきましたが

食事量が少ないので

だいぶ小さくなりました

 

この状態での

在宅は厳しく

退院後は

介護療養型の病院へ移るか

老人ホームへ入所するか

 

担当医やソーシャルワーカーと

検討した結果

何とか月末退院

ホームへの入所が決まりました

 

とはいえ

退院後は

酸素も必要とせず

点滴も外されて

口からの食事のみに頼るわけですから

 

現状を維持することも難しく

徐々に衰えていくのは

目に見えています

 

急変すれば

また病院へ逆戻りだし

最悪の場合も

肝に銘じておかなければなりません

 

何処にいても

誰が看ていても

結果は同じ

 

その覚悟を

家族で納得して共有して

ようやっと

一歩前に進んだ感じです

 

私の中では

この15年間

やってきたこと

そして

去年の夏の危篤状態の出来事と

今日に至る1年間の

ハードワークで

やりつくした感があり

次の入院時には

もう自分の手には負えない状態になるだろうと

覚悟していました

 

なので

なるようになったかなという

感じです

 

今後は

ルーファやリエルやヴェールを連れて

ちょこちょこと

会いに行かれればラッキーです

 

食べたいものを

一口でも食べさせられれば

幸せです

 

食べたくないものを

無理に口に入れないのも

優しさなんじゃないかと

思います

 

出来るだけ

母の気持ちに寄り添って

会う事ができたら

 

例えば臨終のときに

看取ることが

叶わなかったとしても

享受できるかなって

思っているのです

 

スタッフのみなさんには

お世話をかけることに

なるけれど

自分ができないんだから

仕方が無い(笑)

 

ここからの時間を

どう過ごすかを

しっかり考えて

今までとは違う形で

母と関わって行かれたら

良いなぁと思っています

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

13歳になりました♪

2017-05-22 11:55:50 | ニャンズワン通信

今日はルーファの

お誕生日です

 

13歳になりました

 

お陰様で

元気に過ごしております

 

お父しゃんも今日

お誕生日だけど

明日 

胃の検査が控えてるので

後日にお祝い(笑)

 

みんなで

記念写真を撮りました

ヴェール・レイラ・ルーファ・リエル

これからも

みんな仲良く

楽しいワンライフを

過ごせたらと思います♪

 

ルーファ

お誕生日おめでとう

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スピクラ展2017春

2017-05-21 00:23:35 | イベントとスピオフ

5月14日(日)

横浜そごうにて開催

 

リエルとヴェールをエントリーです

 

今回

ヴェールのハンドラーは

最初から最後まで栄太郎さんに

お願いしました

 

午前の部

リエルの個体審査

審査員二人

両方からグリグリ触られても

大丈夫になったリエルです

経験を重ねるって

凄いなぁと思います

 

ヴェールの個体審査

今回の課題は

審査台でのマナー

去年の秋までは立ち上がれなくて

今回もかなぁ?と思ったけれど

何とか立ち上れたたようです

頑張ったねヴェール♪

 こんな些細なことだけれど

出来なかったことが

出来るようになるのは

嬉しいものなのです(笑)

 

お昼を挟んで

 午後のユニコーン部門では

小豆ちゃんのハンドリングを

させていただきました

 そして

一般部門メスの比較審査

リエル

 

ヴェール

今回は母の入院などで

自分に余裕が無かったなかで

参加を見送ることも考えたけど

行かれて良かった♪

リエルもヴェールも

楽しそうに歩いてくれました

 

お会いできたみなさま

ありがとうございました

 

最後にみんなで集合写真

 

おまけは

お父しゃんに抱っこされてる

ルーファです♪

また秋にお会いできたら

嬉しいです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加