ドドンパ和也&ラッキーの湘南花鳥風月 

ドドンパ和也が、湘南逗子での四季折々の日々の出来事を徒然なるままに書き綴るページ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

824,バンドやろうぜ!

2008-08-18 23:42:11 | Weblog
「おたっしゃ倶楽部」に関して、僕に質問してくれたNeoさんのお父さんのサイトを見た。

大学時代からバンドを始め、社会人になっても、バンドを続け、その様子は、実に楽しそうである。
僕も、中学時代からロックを聴き始め、高校で初めてバンドを組んでからは、色んなバンドをやった。

最初は、当時大人気だった、ディープパープルをはじめとする、海外のハードロックバンドのコピーバンド。

そして、大学に入ってからは、やはり当時大人気だった、パンクロックをやり始めたが、僕のギャグ好きの性格が災い?して、「お笑いパンクロック」と言う、訳の解らないジャンルを確立し、昨日紹介した、「おたっしゃ倶楽部」へと、シフトして行った。

社会人になった後は、どういう訳か、「おたっしゃ倶楽部」を、痛く気に入った、故・見良津が、「おたっしゃ倶楽部」のCDを作ったり、コンサートをやるために、メンバーに召集した時に、「おたっしゃ倶楽部」のメンバーとして活動するだけで、それ以外のバンドをやった事は、一度も無い。

あれだけ、学生時代に、色んなバンドをやっていたにもかかわらず、である。

その理由としては、社会人となった僕の職業が、音楽業界人で、プロバンドのスタッフだったりしたので、仕事で、バンドのリハーサルやライブの世話をしているのに、休みの日に、自分たちのバンドとは言え、又、そういうバンドのケアをするのは面倒臭いと言うのが、大きかった。

それに、仕事柄、僕が接するミュージシャンは、プロばかりで、アマチュアミュージシャンと出くわす機会は、皆無だったので、バンドを組みようが無かった、というのもある。


さらに、手前味噌だが、おたっしゃ倶楽部の演奏能力は、かなり高度だったので、そのへんの、アマチュアミュージシャンの演奏能力では、恐らく僕が、満足出来なかったであろう事も、一因となっているであろう。


そんなこんなで、時々、イベント的に、おたっしゃ倶楽部をやるだけで、これまで、それ以外のバンドをやって来なかった僕だが、Neoさんのお父さんのサイトを見て、又、最初にバンドを始めた、30数年前の気持ちに戻って、バンドをやってみようかなあ・・・・・と、思っている、今日この頃の僕なのである。

バンドやろうぜ!
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 823, おたっしゃCLUB | トップ | 825, 三井ぱんと大村はん »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Neo)
2008-08-19 00:16:27
父のバンドは、もう15年ほど前に解散したそうですが、
時々、当時のテープを聴いて懐かしんだりしていますw
(ちなみに、父のバンドのボーカルの前田たかひろさんは、現在作詞家をやっています笑)

私自身は、高校に入ってから初めてバンドを組み、初めてギターを握った素人ではありますが、
バンドによって、音楽の楽しさを実感し、自分が大きく変わったなぁと思います。
9月の、高校の文化祭でのライブが、このバンドの最後のライブになるかと思うと、
ちょっと寂しいなぁ(´・ω・`)なんてw

これから先、大学生や社会人になっても、どんな形でも
音楽を楽しんでいけたらいいなぁと考えています。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL