MIKAMI'S Blog

10年書いたiWebブログから引っ越してきました

PEN LIFE1438. 空地

2017年06月17日 | 京都の街
 さて1000枚/日アップできるスペックに変えたはずなのだが、100枚/日しかアップできないもどかしさのgooである。
 ブログ復旧作業も中盤に入り、それまでは時間の経過に沿ってテーマを立てていたのだが、この頃から複数のテーマの渡り歩きで書くようになってきた。一ヶ月に4テーマぐらい渡り歩いたこともある。そうなると復旧作業も面倒くさくなり、一つのテーマで復旧させ、はい!、つぎのテーマといった具合にテーマごとに進めないと画像の添付が混乱してくるからだ。目下クロッキーのテーマを復旧中なので多分裸婦がFBあたりに大量にリンクされているだろう。見ている人は何を考えているのかと首をかしげているかもしれない(笑)。といって閲覧者数が増えているわけではない。なぜそれほどまでに復旧にこだわっているかは、自分でもわからない。まあ過去ログギャラリーでも開催しているようだ。まだGoogleの検索設定は、していないので世の中には知らされていない。
 ブログデータを保存してあると豪語したまではよかったが、復旧作業をしているうちにストックしていない画像やテキストがあったりして、元からコピーせざるを得ない。iWebのブログがサーバーにアップされても、使える状態にならないのもいまいましい。やはりgooに乗り換えて正解だったのだが、いちいち古いiMacにデータを探しに行かなければならないという面倒なこともあり、復旧作業も一筋縄では行かないようだ。
 さて、ようやくgooも制限時間が過ぎたので本日分をアップできるようになった。最初に本日のブログをアップさせ、それから復旧作業という実に実にあほらしい仕事を黙々とやっていることになる。早く終えていつものペースに戻りたいと思う。
 今日の京都も朝晩涼しく昼間は暑い気候である。もう一週間こんな気候が続いている。ある種よい季候なのだけど梅雨がこない。梅雨前線は、また沖縄に戻ってしまったようだ。
 肩こりは毎日マッサージに通って平衡状態だ。気候を楽しむという発想もなく室内は混沌としている。もう部屋の整理に明け暮れる日々も終わりたい。つくりあげたシステムみたいなものが、ガタガタと崩れてゆくような気分だ。デスクの上には12プラグあるコンセントがでんと横たわっている。全部に結線すると実にむかでのようにグロテスクだ。なんでこんなに機器があったか。それに外付けHDが多数ぶら下がっている。つまりテスクの風景は混沌を極める状況なのだ。やはりデスクはペンとインクと上質の用紙だけが置いてある、そんな光景が一番よい。愚痴をならべつつの本日の画像でも添付しておこう。京都市内の空き地に惹かれる気分だ。

京都市六原
OLUMPUSEM1Mark2,,LEITZ ELMARIT28mm,F2.8
ISO200,露出補正±0,絞りf11,シャッター速度1/200
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PEN LIFE1437. ディープな京都 | トップ | PEN LIFE1439. 文化系嫌い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

京都の街」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL