MIKAMI'S Blog

10年書いたiWebブログから引っ越してきました

PEN LIFE63. 京都は大変蒸し暑いところ

2010-09-07 20:34:25 | 京都の街
 昨日は9mmのワイドアングルだったが、今日は150mmの望遠アングルである。フィルム換算では300mmとなる。つまりこの範囲をカバーできる小型軽量機材であるところに、オリンパスペン・システムの実用性がある。
 画像は、京都市内であり、手前が雙ヶ丘、背後が愛宕山だろうか。こんなに幾重にも小高い山が重なっていたかという発見。
 話題は変わるが、天気予報をみたら、ようやく台風9号が本州の裏側から接近してくるではないか。少しは雨が降って一息つくかと期待する。だが、台風は局地現象だし、京都だと風が少し強くなったぐらいで、雨も降らずに通過するのではという個人的予感もある。
 残暑が、夏の盛夏の頃より辛く感じるのは、やはり2ヶ月間も暑さが続くことで、そろそろ体の疲れが溜まってきたからだろう。そろそろ限界。だから雨でも降って、一息つきたいところだ。
 なにしろ先日は、南の京田辺市で39.9度という猛暑日だった。当然京都市も、盆地で都市熱が溜まりやすく、常に日本の都市の最上位に位置する暑さである。時には九州や沖縄よりも暑いときもある。だから夏は、大変蒸し暑いところというのがこの街の最大の特徴。にもかかわらず観光客はやってきはるので、まあ元気だすなあと思うほかない。

京都市清水寺,撮影日7月23日
OLYMPUS PEN E-P2,M.ZUIKO DIGITAL14-150mm/f4-5.6
シャッター1/500,絞りf9,-1/3露出補正,
焦点距離150mm,ISO200.iFINISH.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PEN LIFE62. ブランディング | トップ | PEN LIFE64. 構図と編集の教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。