ゴンチ先輩の  News Week

常日頃・暇つぶしに掲載いたします。
お気軽に読んでね(^_-)-☆

WBC プエルトリコが2大会連続で決勝進出

2017-03-21 19:07:42 | 日記
野球のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックは、アメリカで準決勝1試合が行われ、延長11回、タイブレークの末、前回大会準優勝のプエルトリコがオランダ王国に4対3でサヨナラ勝ちし、決勝に進みました。

プエルトリコ対オランダ王国の準優勝は日本時間21日、アメリカ・ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われました。

試合はオランダが1回、大会で全試合4番に座り、6割近い打率をマークしている、東京ヤクルトスワローズのウラディミール・バレンティン選手がツーランホームランを打って先制しました。その直後にプエルトリコは、メジャーリーグ・ヒューストン アストロズで2年連続で20本以上のホームランを打っている22歳のコレア選手がツーランホームランを打ち、同点に追いつきました。
このあと両チームとも1点ずつを加え3対3の同点で試合は延長に入り、延長11回からはノーアウト1塁2塁から始まるタイブレーク方式で行われました。プエルトリコは延長11回、送りバントと敬遠のフォアボールでワンアウト満塁のチャンスを作り、ミネソタ・ツインズのロザリオ選手がセンターに犠牲フライを打って、4対3でサヨナラ勝ちしました。
プエルトリコは準優勝だった前回大会に続き2回目の決勝進出です。

一方、オランダは10回からは6人目で登板した元東北楽天ゴールデンイーグルスのファンミル投手が2イニングで力尽き、2大会連続の準決勝敗退です。

【プエルトリコ監督「日本は必ず準備を整えて来る」】2大会連続の決勝進出を決めたプエルトリコのロドリゲス監督は、対戦する可能性があるとアメリカについて、「持ち味が全く異なるチームだが、一方で似ている部分もある。アメリカは打線も投手陣も非常に強力で、特にリリーフ陣がいい。相手を力で圧倒することも、機動力を使うことも、守りで勝つこともできるチームだ。一方の日本は必ず準備をしっかり整えて来るので、こういう大会ではいつもいい成績を残す。基本に忠実な野球をして、自滅するということがないので、自分たちから勝ちにいかないといけないチームだ」と分析しました。
そのうえで、「どちらが勝つかわからないが、準決勝はとても注意深く見たい。勝ったほうを決勝で迎え撃つ準備はできている」と話し、初優勝への自信を示しました。
準決勝でプエルトリコに敗れたオランダのヘンスリー・ミューレンス監督は「プエルトリコはわれわれが今大会、対戦した中で最も強いチームだと思う。そのうえ、選手たちをあす1日休ませることができるので、日本とアメリカ、どちらと対戦するにしても有利だと思う」と話し、プエルトリコが優勝する可能性が高いという見方を示しました。
【プエルトリコ 前回大会は準優勝】
プエルトリコは、カリブ海にあるアメリカの自治領です。
WBC=ワールド・ベースボール・クラシックでは前回大会の準決勝で日本に3対1で勝って準優勝しています。
チームの中心はメジャーリーグ、セントルイス・カーディナルスの強肩強打のキャッチャー、ヤディアー・モリーナー選手で、巧みなリードと的確な状況判断に基づいた守備で相手の攻撃を封じ、さらに5番バッターとして今大会打率3割3分3厘をマークしています。
若手では、一昨年の新人王を獲得したヒューストン アストロズの22歳、コレア選手がここまでホームラン3本、9打点と、ともにチームトップの成績を上げています。また、4番で同じアストロズのカルロス・ベルトラン選手は、メジャーリーグ通算421本のホームラン打った実績があります。
機動力も持ち味で、2次ラウンドのアメリカ戦ではシカゴ・カブスの24歳、バイエス選手などが合わせて4個の盗塁を決めました。前回大会の決勝で敗れたドミニカ共和国を破った試合では5人の投手リレーで相手の強力打線を1点に抑えるなど、投手陣も安定した力を見せています。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆「タラレバ娘」クランクアッ... | トップ | 全国トップ 東京都心で桜開化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。