ゆうしゃケン  小心翼翼・平々凡々

団塊世代の技術系サラリーマン、趣味と独り言でストレス発散

小倉っ子純情・・・小倉祇園

2017-07-16 14:15:53 | 
 豪雨のあと、北部九州はぴたりと雨が止み、凄まじい暑さが続いている。気温は35度位なのだが、湿度がたかい。南九州では梅雨が明けたそうだが、北部九州はまだという。朝早くから蝉時雨が響いている中、家の中では裸族に近い格好で濡れタオルを片手に風通しが良い場所を求めてうろうろと徘徊している。北海道では九州よりまだ暑い36度越えだというが、どんな生活をしているだろうか。北見にお住まいの怪鳥さんは、「日中は暑いが夜は涼しくなるので九州よりは楽だと思う」と述べていたが、そうかも知れない。寝室ではエアコンは入れるものの身体が熱いとなかなか寝付かれない。

 あんちゃんとデパートに避暑
 

 

 夏祭りのシーズンだ。博多では昨日が山笠の追い山で熱気に包まれた。小倉でも小倉祇園が始まり、昨日は太鼓の競演会が催された。小倉祇園は太鼓の祇園、町内ごとに山車の前後に積んでいる太鼓を打ち鳴らし、引き手はヤッサヤレヤレと囃子を掛けて街中を練り歩くのだが、何と言っても花形は太鼓の打ち手、二本の撥を器用に操って、リズムよろしく打ち鳴らすのは威勢がよくて、格好がいい。

  その競演会に久しぶりに出かけた。理由は和君が出るので。実は和君が通っている付属小学校は毎年5年生が一般団体の部で出場しており、今年5年の子供たちはみんなが太鼓の打ち手に選抜されたいと頑張って練習していたのだった。その和君、残念ながら打ち手にはなれなかったものの旗手役を仰せつかったと聞いて、その晴れ姿を見ようと。
 
 競演会は小倉城の大手門前の広場で開催される。雲が厚くて陽射しはなかったものの気温・湿度は高くて見物も大変だったが観覧席は満員で熱気が立ち込めていた。

 
 
 
 

 競演会は1チーム5分間、観覧席の前を通り抜ける間に採点される。大人、一般、子供の三つのチームに分かれているが、今年は全部で90チームが参加すると発表されていた。

 初めに午後4時から大人の33のチームが芸を披露し、和君の付属小は一般の部の一番手で出場した。実は付属小は昨年度に優勝しており、その結果今年は模範として一般の部の最初に登場したのだった。

 
 
 

 そしていよいよ付属小の登場、和君は旗を持って堂々と姿を現した。引手も子供たちが掛け声高く整然と行進、真打の太鼓の打ち手、鉦の鳴らし手もリズム、バランスが良くてさすが昨年の優勝チームの後継だと感心した。

 小倉城のある中央公園一帯は出店も並び、大勢の浴衣姿の男女で賑わっていた。紫川に掛かる鴎外橋を渡りながら、後ろからどよめきのように聞こえるヤッサヤレヤレの囃子を背に汗を拭きながら帰った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また今年も・・・お見舞いあ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。