京料理 道楽のブログ

道楽の新着情報や、日常のちょっとした一言を書き込んでいきます。

【穀雨】

2017-04-19 | Weblog
今年の桜は、えらい花もちがよくて、漸く葉桜となりました。
川端沿いの枝垂れ桜はまだ散らずにありますけど、人々の関心は失せ、先週まで山ほどあった人だかりは、まるでなくなりました。
桜は一気にパァーと咲き誇り、周りに春の陽気を漂わせ、瞬く間に散りゆく、見事な景観と共にその儚い姿もまた日本人の心を揺さぶるんでしょう。

明日は晴明から穀雨へと移ります。
ゑびす暦では、晴明は「草木の芽発生して何の木何の草と明らかに知得る故に晴明と云う」とあり、大辞林では「万物清く陽気になる時期」となってます。

穀雨は、ゑびす暦では「晴明の頃より穀雨の時節まで雨多し春雨降りて百穀を生化す依って穀雨と云う」とあり、大辞林では「百穀をうるおす春雨の意」となってます。

料理のテーマも、桜鯛や桜鱒、竹の子や山菜なんかを中心とした桜の頃から、だんだんと初夏の装いに移ります。器も吉野山や雲錦などから、徐々に菖蒲や紫陽花、硝子や銀器や青竹などを用いるようになります。

京料理の特色は、春夏秋冬季節の移ろいを敏感に捉え、季節感に従ってあるもんです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【台所】 | トップ | 【火難除け】 »

あわせて読む