京料理 道楽のブログ

道楽の新着情報や、日常のちょっとした一言を書き込んでいきます。

【麦秋の頃】

2017-06-02 | Weblog
昨日は建具替え。障子を簀戸に替え、絨毯を巻き上げて藤筵を敷き、涼しげな夏仕様となりました。

黄熟した麦の穂が、光輝き風に揺れる光景は、実に美しいもんです。
夏やのに「麦の秋」、秋は収穫の意味を表してます。

滋賀県の守山市は麦作が盛んで、毎年6月の初旬から中旬頃に麦の刈り入れが始まります。刈りとった麦は、麦扱(こ)きにかけ、あるいは麦打ちして麦の実を穂から落とします。

麦と言えば、先日の陽射しが物凄く強かった夏日、街を歩いていたら、帽子専門店でアメリカ製のステキな麦藁帽子に目を引かれ、気に入ったんですぐにいただきました。
レトロ調でリボンもきちんとしたもんなんで、カジュアルでも、ある程度のフォーマルでも大丈夫なかんじ。5月にしてはメチャクチャ暑かったんで、そのまま被ってました。

京都はついさっきまで、稲妻がひかり雷が鳴り響く大雨。この頃に降る雨を「麦雨」と呼びますけど、日本語の趣あることばは、あじわい深くてええもんですね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アユ獲れない】 | トップ | 【消えた蓮】 »

あわせて読む