I’ll be dis-ABSOLUTER

ほぼ休止状態の不定期更新雑記
日々のつぶやきや情報などはTwitter ID:air_dmzilにて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かなたよりこなたまで

2007-09-06 23:45:11 | Anime(アニメ・コミック)
あえて原題通りでないのは、劇中における“かなた主観”をイメージした故ですのでw

■アニメ「らき☆すた」---第22話「ここにある彼方」

今話の見所はなんと言っても、原作でも屈指の名エピソードとして数えられる「ここにある彼方」の映像化。
初出がムック本「らき☆すた おきらくカーニバル」であり、コミックスの方には近日発売となる5巻に収録される、そんなタイミングでの映像化は、何処か戦略染みたものを感じずには(ぇ

とりあえず、それについては後記するとして、まずはゆるゆると進行していったAパートから。
今回は第12話以来となる賀東招二氏の脚本回で、件の内容では自らの原作・著作である「フルメタ」の801本をネタにした事が話題になっていましたが---今話の劇中でも「3回くらいアニメになってる」→「4回目のアニメはいつなんだろうね?」の様に、またしても自作をネタとして投下していましたけど、これはある意味、京アニに対する遠まわしなプレッシャーなのか、或いは自分への皮肉なのか…。

こなたが嵌っていた「なんとかアカデミー」なるクイズゲームは、そのものズバリ「QMA」の事ですけど、コ○ミが絡むネタはちょっと危険かも;
とは言え「ハルヒ」のグッズ展開における「フィギュメイト」を見るに、京アニとコナミ、引いては角川とコナミは決して繋がりが存在していない訳では無く、ひょっとするとコレが「らき☆すた フィギュメイト」への伏線を内包した(ナイナイナイ
もっとも、遅くまでプレイしていたと言えど、流石にアーケードで深夜まで粘ったなんて可能性はないでしょうし、となればモバイル版かなにかと考えられなくも?

なかなか眠りに入れない つかさは、またしても不思議キャラ性を存分に発揮w
「でもそんなの関係ねぇ!」は流石に行き過ぎかもしれませんが、何気に原作者がお気に入りのネタ(コミックス5巻:あとがき4コマ参照)らしいですし、妙な所でシンクロしているとも!?

さて先述した通り、今話における最大の見所である「ここにある彼方」についてですけど---かなたさんに関るネタで前フリをしておいて、普段の明るい雰囲気の流れに、唐突に意味深げな展開が割って来たと思えば、何処か現実とは異なる印象を受ける花畑のシーンが挿入され、そして かなたさん登場という流れは、原作において独立していた各々のエピソードを巧く纏めて構成し直している分、やや重いシーンへの移行も特に違和感無く仕上がっていた印象ですね。
しかも更に、そうじろうと かなたの思い出の日々を回想して行くシーンの演出の仕方は、流石に「AIR」や「Kanon」で見せ方を積み重ねて来た分、その財産を活かしてか、夕焼けの海なんて王道的な場所まで盛り込み、切なくも幸せそうな2人が強調されていて、もう本気で泣かせに来ているとしか;
一瞬だけ挿入された“そうじろうが仏壇の前で寂しそうに俯いているカット”の破壊力も洒落にならなかったですし。
ところで今回、かなた役として参加されたのは、“永遠のヒロイン”とうたわれるキャラクターを数多く演じて来られた島本須美さんだった訳ですけど、次回予告では「カ○城」「ナウ○カ」ネタに絡むという嬉しいサプライズがw
「気流が乱れて上手く飛べないの」を、よもや此処で聴けるなんて…キャスティング担当に拍手w

そんなシーンの余韻を引き摺りつつ、エンディング前に再び、いつもの「らき☆すた」へと軌道修正。
当初、此処でワンクッション入れるのもどうかと思いましたけど、心地良い余韻のまま、不穏な空気の「らっきー☆ちゃんねる」と「白石ED」へと流れるくらいならば、この構成こそが正解だったかなと。
それにしても「らっきー☆ちゃんねる」は、残り少ない話の中で、一体どんな決着をつけるのやら……。






■「らき☆すた」(5)<美水かがみ> ※アニメイト限定企画特典付+メッセージペーパー

正確な発売日は9月10日だったはずですが、既に本日の午後には店頭に並んでいたので早速確保w
今回の表紙は、みさお・かがみ・あやのの3年C組メンバー。



視聴感想記事の方でも触れましたが、「ここにある彼方」もカラーページで掲載されています。
ムックで見逃していた方は、此処でアニメ版との差異を比べてみるのも良いかと。



アニメイト限定企画特典である「らき☆すた original mini illustration book」の中身はこんな感じ。
5巻の各エピソード、そのトップにいるキャラクターのカラーイラストが網羅され、更に目玉として---、



島本和彦氏による「らき☆すた」&「アニメ店長」のコラボ漫画「あに・てん」(※正確には炎のマークが間に入ります)が掲載w
ストーリー的には一応、アニメ「らき☆すた」本編で散々な目にあった後らしいですけど…果たして今度こそ“伝説の少女A”=こなたに何かを購入させる事が出来るのか否かっ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちびっ子ではない天才先生来たる | トップ | 「創造」と「破壊」と »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mmm)
2007-09-07 10:08:09
神羅3章3弾の画像が出ていました。(神羅万象収集BLOGさん)大魔導シオン…。シズクは良さげだけれどまた合体…繰り返しネタばっかり。フルコンプは狙っていませんがシークレット出易くして欲しい。
Unknown (mmm)
2007-09-07 12:35:31
今度のファイルは2冊セットで1500名×2回で3000名だそうです。前より1000名増えています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む