ミーゼラ・セレステラ少将の航海日誌

オリジナル漫画的小説・宇宙戦艦ヤマト関連情報・漫画的外伝物・気になる映画.アニメなどを書いてます。

宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち~愛しきサーシア編~第三話

2017-01-04 01:17:24 | 心の中の宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち

心の中の宇宙戦艦ヤマト

~愛しきサーシア編~

第三話



スターシャの元へ駆け寄ったユリーシャ、メルダそして、スターシャの娘サーシア。
三人はスターシャが見つめるモニター画面を覗き込んだ。




「なっ……なんて事を……」

「アアアアアアーーーッ!!」

モニター画面を覗き込むなり、近衛兵長メルダは陛下であるスターシャの前である事を忘れ、叫んだ。

そんなメルダをユリーシャが落ち着かせる。
肩で息をするメルダ。
肩をぎゅっと抱き、背中を摩るユリーシャ。
ようやく呼吸を整えるメルダ。
メルダが落ち着いたところで、スターシャは改めて、三人にイスカンダル星を脱出するように話した。

「お姉様が行かぬなら私(わたくし)ユリーシャも、このイスカンダル星に残ります!」

「ユリーシャ。それは認めません。」

「ユリーシャ貴女(あなた)にはサーシアを守って欲しいのです。」

「私に万が一の時はユリーシャ貴女がサーシアに王家のしきたりを教えてなければなりません。」

「……お姉様……」

「ユリーシャ……」

「メルダもサーシアも、よく聞いて。」

スターシャは二人をユリーシャと同じように説得した。


ー惑星イスカンダル王都イスク・サン・アリア大宮殿「クリスタルパレス地下」ー


半重力高速エレベーターで地下へ降りた四名。

「この先に代々スターシャを継ぐ者のみが使う事の許される銀河間航行船:ギャラクシー・スターシアが在ります。」

「それを使って脱出するのです。」

「サーシア。これを持ってお行きなさい。」

スターシャは娘サーシアに波動コアを1つ渡した。
そのコアをギャラクシー・スターシアのメインコンピュータにセットすれば、自動発進してくれると。

「時間がありません!」

「さあ。行くのです!」

ギャラクシー・スターシアに乗り込む三人。
船内は真っ暗である。
2~3秒すると、足元から灯りが走り去る。
やがて、通路、壁面に灯りと共に浮かび上がる計器類。
足元に浮かぶ矢印。
その矢印に従えと云わんばかりに歩く速度よりやや、早いスピードで点滅しながら進んでゆく。

やがて、この船の中枢と思える場所にたどり着く。
三人をギャラクシー・スターシアのメインコンピュータ:ホログラムが出迎える。

《ギャラクシー・スターシア:メインコンピュータ:ホログラム》イメージ

「ごきげんよう。スターシャ。」

「ワタシハ、マザーコンピュータ・スターシア。」

「コノフネノ、カンリウンコウヲ、ツカサドル、コンピュータ。」

うしろ髪を引かれる思いでギャラクシー・スターシアに乗り込むサーシア、ユリーシャ、メルダの三人は、それぞれの想いを胸にイスカンダル星を旅立った。




「ザーメル少将!」

「騒がしいぞ!何事だ!」

「隣星イスカンダルから脱出した艦(ふね)があります!」

「艦(ふね)だと!?」

《古代イスカンダル星:銀河間航行船:ギャラクシー・スターシア》イメージ

かつて"イスカンダル帝国"を築き上げ時代の戦闘艦。
現在、ほぼ武装解除されている。
護身用程度の武装のみ残っている。
(シールドミサイル・空間機雷投射基・ハイパーステルスシステム)
エンジンだけは改良され、ワープスピードは、この時代(西暦2203年)で右に出る艦船は無い。
メインコンピュータ(マザーコンピュータ:スターシア)が全てを管理、運航しているが為、フルオートの船である。

全長:300m
全幅:46m
全高:70m

機関
主機:シュヘラザード型:直列式ツイン波動エンジン
補助エンジン:ワープ用ブスター×4機

武装
両舷側4連装シールドミサイル発射管

三連装速射式:空間機雷投射基

ハイパーステルス・システム

搭載機(艇)
高機動型:水雷艇×1艇


※就役時はア・ドミラル級戦艦と艦級が付いていた。
また、主砲:46糎:三連装衝撃砲×9門、両舷側ミサイルランチャー、対空高角砲等は装備(装着)されているがエネルギー伝導システム等が撤去されている為、現在は使用不可で外装だけである。


「逃がしてはならぬ!!」

「ただちに追え!!追うのだ!!」

ザーメル少将の命令が飛ぶ。

「くっ!!なんと早いワープだ!!」

「ダメです!!ワープが早過ぎて、とてもこのゴルバでは追い付きません!!」

「ならばゴルバより身軽な重戦艦プレアデスで追えばよかろう!!」

怒りを露に命令を下すザーメル少将。
重戦艦プレアデスを射出すると、ゴルバをイスカンダル星へと降下させた。



第四話へ
つづく。



~あとがき~



この物語りは、ヤマト2199版を考慮した「宇宙戦艦ヤマト:新たなる旅立ち」のリメイクです。
(私の心の中の宇宙戦艦ヤマト:新たなる旅立ち)
一部、私の設定が混ざっています。
また、使用している画像はイメージです。
「宇宙戦艦ヤマト:新たなる旅立ち」「宇宙戦艦ヤマト2199」「ps版宇宙戦艦ヤマトシリーズ」「監獄戦艦シリーズ」等からイメージ画像は引用しています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙戦艦ヤマト2202サイドス... | トップ | ~ヤマトよ永遠に~サイドス... »
最近の画像もっと見る

心の中の宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。