ミーゼラ・セレステラ少将の航海日誌

オリジナル漫画的小説・宇宙戦艦ヤマト関連情報・漫画的外伝物・気になる映画.アニメなどを書いてます。

宇宙戦艦ヤマト2199ー星巡る方舟外伝ー新たなる敵:前編

2016-09-18 12:59:40 | 宇宙戦艦ヤマト2199外伝



宇宙戦艦ヤマト2199
ー星巡る方舟外伝ー

新たなる敵
前編



ー西暦2199年9月ー
ー大マゼラン銀河・小マゼラン銀河:銀河間空間ー





「うむ。間違いなくドメル機動部隊:第二航宙母艦ランベアの救難シグナルなんだな!?」

「ハイ。間違いありません。」

「何度も確認しました。」

ガミラス帝星:警務隊第八警務艦隊旗艦:ミランガル。
そのミランガルは現在、地球=ヤマトとの停戦した事を前線を回り、徹底させる任務に就いていた。

私は、ゲルバデス級航宙戦闘母艦ミランガル艦:艦長ネレディア・リッケ。
第八警警務艦隊:艦隊司令を兼任する。
年齢は27歳。
階級は大佐。



2か月前・・・



大マゼラン銀河:七色星団宙域。

この宙域で、我がガミラス帝星切っての猛将ドメル上級大将率いる対ヤマト機動艦隊がヤマトと壮絶な戦闘を繰り広げていた。














激戦の末、辛うじてヤマト艦長:沖田の巧妙な策により、ヤマトの勝利に幕を閉じた。
だが、ドメル機動艦隊は敗北はしたものの、艦隊は全滅した訳ではなかった。
損傷はしたものの、七色星団海域に広がる雲海に姿を消したドメル機動艦隊:第二航宙母艦ランベアはヤマトへの反撃のチャンスを伺いながら、体制を立て直す為、戦闘宙域を離脱した。
だが、機関の故障により、暫く宇宙の海を彷徨う事になってしまう。

私はその宇宙の海を彷徨う、ドメル機動艦隊:第二航宙母艦ランベアを捜索する事にした。



「なにッ!!星籍不明艦だと?」

「蛮族ではないのだな?」




《暗黒星団帝国:マゼラン銀河方面軍:第272奇襲連隊:特務小隊:小隊長マーベラス》


《暗黒星団帝国:大元帥サーダ》

「マーベラス小隊長。まだ、静謐の星は見つからんのか?」

「ハッ。申しわけありません。」

「サーダ大元帥閣下。情報が少なく捜索が難航しておりまして。」

「そうか。聖総統は私ほど気が長くはないぞ。」

「ハハッ。必ずや早急に見つけ出します!」

「吉報を待っているぞ。」



「マーベラス隊長!斥候より、入電!」

「ワレ。ガミラスの艦(ふね)をキヤッチ!」

「ガミラスの艦か。よし!」

「第一級戦闘配置!!だが、まだ、攻撃はするな!!」

「此方が気がつかないフリをせよ!」

「ラジャー!!」



「オペレーター!星籍不明の艦(ふね)の同行を逐一報告せよ!!」

「ザー・ベルク!」

此方のレーダーに捉えていると云う事は、相手(むこう)も捉えていると考えるのが妥当だな。
私はそう判断した。
しかし、私は腑に落ちない。
相手は転進するでもなく、攻撃を仕掛けて来る様子も感じない。
何らかの原因でレーダーが故障した!?だとしたら4隻揃ってレーダーが故障した事になる。
いくらなんでも、それはあり得ない。
私はそう思い、このまま座礁したと思われるランベアを捜索する事を一時的に中止した。

このままランベアを捜索し、ランベアを発見した場合、折角ランベアの生存者を救出も出来なくなる可能性が高い、みすみす相手に獲物を提供するようなもの。
そこで私は艦艇の数から云って私の第八警務艦隊の数の方が勝っている事から、この星籍不明艦隊を沈める事にした。

「オペレーター!全艦に通達!」

「全艦!第一級戦闘配置!」

「同時に零(ゼロ)距離、上方1000メートルにゲシュタム(ワープ)・アウト位置を入力せよ!」

「私の合図で全艦ゲシュタム・ジャンプせよ!」




「全艦!ゲシュタム・ジャンプせよ!!」

ネレディア率いる第八警務艦隊は、ネレディア大佐の号令と共に、零距離で上方1000メートルの位置へワープした。

私はジャンプ・アウトと同時に全艦を90度、艦首を下げる格好で急降下(ダイブ)させ、砲雷撃による一斉射撃を開始した。

※イメージ曲:宇宙戦艦ヤマトーヤマトよ永遠にーより「未知なる空間を進むヤマト」~ヤマト2199より「帝都防衛」


「ガミラス艦隊!!直上!!」

暗黒星団帝国:マーベラス艦ブリッジオペレーターの慌ただしい口調で響き渡る。



後編へ
つづく。




《暗黒星団帝国:主力強襲駆逐艦》イメージ
※同タイプの遊撃、狙撃型が存在する。

全長:188m

全幅:96m

全高:75m


武装

3連装量子衝撃砲×2基(主砲)

量子レーザー砲×2門

量子光弾機銃×25門




使用している画像はイメージです。
また、使用している画像の一部は「宇宙戦艦ヤマト2199及び星巡る方舟」「宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち(永遠に)」より引用。他、ネット内に出回っている画像を使用。

この物語りは私の妄想の物語りです。
※私設定が混ざっています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻影の迷路ー宇宙戦艦ヤマト22... | トップ | 宇宙戦艦ヤマト2199ー星巡る方... »
最近の画像もっと見る

宇宙戦艦ヤマト2199外伝」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。