ミーゼラ・セレステラ少将の航海日誌

オリジナル漫画的小説・宇宙戦艦ヤマト関連情報・漫画的外伝物・気になる映画.アニメなどを書いてます。

宇宙戦艦ヤマト2199ー星巡る方舟外伝ー新たなる敵:後編

2016-09-18 19:56:48 | 宇宙戦艦ヤマト2199外伝



宇宙戦艦ヤマト2199
ー星巡る方舟外伝ー

新たなる敵
後編





《暗黒星団帝国:主力強襲駆逐艦:艦長トリス・クーリー》

「トリス艦長!本隊がガミラス艦隊と交戦に入ったとのことです!!」

「直ちに隊へ戻る!艦、回頭180度!全速前進!!」

「砲雷オペレーター!重核子ミサイルスタンバイ!!」

「ガミラス艦との距離8000に縮みます!!」

「重核子ミサイル発射ーーーッ!!」










「全弾命中!!」

「ガミラス艦隊誘爆、轟沈!!」

《重核子ミサイル》


中間子質量を破壊する一方、外傷を与えずに全生物の脳細胞を一挙に死滅させる。
起爆すると、内部に封入された重核子へ中性子ビームが照射され、高エネルギーのプラズマ状態となる。
このプラズマ化された重核子を超高エネルギー状態で炉内に閉じ込め、二重らせん構造の定常空間を維持すると、周囲の空間に歪みが発生してベータ変調された重力波が発生する。
これを浴びた生物は細胞核内部のDNAが異常活性され、自己崩壊してしまう。



「なっ!!何が起きている!!」

「もう一隻隠れていたとは!!」

「しかし、あの程度のミサイルで轟沈する程、我々の艦(ふね)は脆くないはず!!」

私は見た目に騙されているのか?
ミサイルの直撃を喰らったケルカピア級やクリピテラ級ならあり得ん事もないが、少なくともデストリア級クラスなら持ちこたえられるはず。

「何が、何がいったい……」

艦隊の1/3をこのミサイル攻撃で失った。
悔やんでばかりはいられない。
艦隊司令である以上、勝利を目指し、次の攻撃に備えなければならない。
兵を失うも生かすも、私に掛かっている。
もうこれ以上、艦を損耗する訳に行かない。
私は艦隊幅を大きく取らせた。
味方の誘爆に巻き込まれない為である。

「ネレディア大佐!ミサイル第二波接近!!」

「全艦!後進いっぱい!!」

「主砲!一斉射撃てぃーーーッ!!」

同時に私は、もう一隻の戦闘母艦ニルバレス艦に艦載機の発艦を要請した。
前代未聞の作戦である。
後進いっぱいで艦載機を発艦させる事など、今までの戦史の中でもこの一戦だけだろう。

ニルバレスの戦闘甲板は飛行艦載機へと変わり、艦載機である格闘型戦闘攻撃機ツヴァルケ隊を発艦させた。

「ツヴァルケ隊へ!全ミサイルを撃ち落とせ!」

ガミラスグリーンに施されたツヴァルケ32機。






「ネレディア大佐。わたくしめが、全て撃ち落として見せますよ。」

「頼もしいがラー・ヴィア少佐。無茶はするなよ。」

「ザー・ベルク!!」

「全機、私に続け!!」



ラー・ヴィア少佐率いるツヴァルケ隊の遊撃と、後進による重核子ミサイルの射程距離ギリギリで交わし、砲撃にてこれを撃ち落とす。

「よし!敵はあと一隻だ!!」

「火力を集中させよ!!」




「最早これまでか……」

「機関いっぱい!!あの紅い旗艦へ突っ込め!!」



グングンと加速する強襲駆逐艦。
ミランガルとの距離が縮まる。
ミランガルから撃ち放たれる光弾の嵐。
だが、怯む事なく突っ込んで来る。

「お前ごときにミランガルは殺らせわせんッ!!」

「最後の一発だ!!冥土の土産に持ってゆけッ!!」

ラー・ヴィア少佐のツヴァルケがミランガルと強襲駆逐艦の間に割って入る。
強襲駆逐艦から撃ち放たれる近接用量子光弾機関銃の弾幕を縦横矛盾にすり抜け、対艦魚雷を撃ち放った。
衝突まで間一髪のところで危機を脱出したミランガル。
ネレディアは艦隊を纏め、ランベア捜索を再開した。
宇宙の難所の一つ「魔女の海峡」と呼ばれる宙域に座礁したランベアを発見したした。


「さて、一筋縄では行きそうにないかな。」



~the.end~




《ガミラス第八警務艦隊旗艦:ミランガル》

艦級:ゲルバデス級

艦種:航宙戦闘母艦

全長:390m

全幅:67m


武装

280ミリ三連装陽電子カノン砲塔×4基
 (三番主砲塔は格納式)

133ミリ三連装陽電子カノン砲塔×4基

六連装ミサイル発射機×2基(艦橋後方)

遮蔽式上部砲戦甲板×2基

 280ミリ三装装陽電子ビーム砲塔×各1基

 133ミリ三連装陽電子ビーム砲塔×各2基

対空レーザー砲×各16門

遮蔽式下部砲戦甲板×2基

 133ミリ三連装陽電子ビーム砲塔×各2基


搭載機

空間重爆撃機DBG88 ガルント(ダロルド)

空間格闘戦闘機DWG262 ツヴァルケ(ミランガル、ニルバレス)




《空間格闘戦闘機DWG262 ツヴァルケ》

分類戦闘機

全長:15.58m

全幅:7.5m

乗員:1名


武装

13ミリ機関銃×6(主翼)

30ミリ機関砲×4(機種:2、兵装ポッド:2)

空対空ミサイル×6(左右兵装ポッド:各3)




使用している画像はイメージです。
また、使用している画像の一部は「宇宙戦艦ヤマト2199及び星巡る方舟」「宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち(永遠に)及びPS.版:暗黒星団帝国の逆襲」より引用。他、ネット内に出回っている画像を使用。

この物語りは私の妄想の物語りです。
※私設定が混ざっています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙戦艦ヤマト2199ー星巡る方... | トップ | アルバム《ヤマト編》 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。