ミーゼラ・セレステラ少将の航海日誌

オリジナル漫画的小説・宇宙戦艦ヤマト関連情報・漫画的外伝物・気になる映画.アニメなどを書いてます。

森 雪の記憶:その2

2017-04-05 16:51:35 | 宇宙戦艦ヤマト2202外伝

『脳移植』はちょっと……
との意見もあり、もう一度考えてみた。



【森 雪双子説】を
事故に遭遇した双子の姉:雪は治療の成果も報われず、姉の雪は死亡した。
その一報を聞き付けた妹の雪奈(ゆきな)は、姉:雪の運ばれた中央病院へ駆け付けるが、変わり果てた姉:雪の姿に目を疑い、その場で気を失い倒れてしまう。
奇しくも妹の雪奈は姉と同じ中央病院に大事を取り、そのまま入院した。

ここで新たに事件は起きてしまう。
妹の雪奈の記憶を消し、雪と同事件に巻き込まれたユリーシャの記憶をトレースすると言う『ヤマト計画』の府の遺産とも言える非人道的行為の実験的手術の媒体とされてしまったのだ。

だが、手術は失敗に終わり、雪奈の記憶はすべてが消えてしまうと言う最悪な結果を残した。

そこで、雪奈を雪として処置する事にした。"新たに創られた記憶"を植え付ける為の学習的実験が開始された。

雪の死亡した原因の1つでもある事実は隠蔽された。
その原因の1つとは、ユリーシャの記憶をトレースする手術でユリーシャは体力を衰弱させる程、失われていた。
そこで雪の臓器を移植、生命としては維持出来るまでに回復した。
雪の死と引き換えにユリーシャは一命を取り止めたのである。

こうして、妹の雪奈は姉の『雪』の名を名乗り、保護者代理人の土方によって保護された。

※この事実を知る者は沖田、土方、佐渡、真田それと『意識』は無いもののDNA細胞の記憶から事実を感じた(知った)ユリーシャだけである。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【森 雪】の記憶 | トップ | Rー18【アルバム】 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。