ミーゼラ・セレステラ少将の航海日誌

オリジナル小説・宇宙戦艦ヤマト関連情報・外伝物・気になる映画.アニメなどを書いてます。

彷徨う堕天使「宇宙戦艦ヤマト」外伝:前編:2

2016-10-19 15:04:25 | 心の中の宇宙戦艦ヤマト

彷徨う堕天使

宇宙戦艦ヤマト外伝



~心の中の宇宙戦艦ヤマト~



太陽系防衛拠点:土星鎮守府に実戦配備が完了したアンドロメダ級:二番艦阿修羅。

時を同じくして、第四次:鉱石輸送船団:護衛の任に就いていた第二代:宇宙戦艦ヤマトは地球を目指し、海王星沖を航行。

だが、突如ワープアウトしてきたガミラスとは違う未確認艦隊に奇襲されてしまう。



「土方艦長!!奇襲です!!」

「こっ、このままでは!!」

「うろたえるな!!」

動揺するオペレーターに土方の激が飛ぶ。

「通信士!土星鎮守府へ連絡を取れ!!」

「此方ヤマト!!未確認艦隊と接触!!交戦状態に有る!!」

「繰り返す!未確認艦隊と交戦状態に有る!!」

土星鎮守府に援軍を要請、奇襲する未確認艦隊に攻撃を開始した。



「第二主砲塔大破!!第一副砲損傷!!」

「第一副砲は二番、三番砲身は使用可能!!」

「艦内中央ブロック第27、28隔壁閉鎖!!」



海王星:地球連邦基地は鉱石採掘基地である為、軍施設は小規模で尚且つ警務が主な任務な為、陸戦隊の小隊規模しか駐留して居ない。
唯一、空間兵器として防衛用戦闘衛星が数基有るだけだった。
カメラに内蔵されたA.Iが瞬時に標的を補足、未確認艦隊へ向け一斉射撃が開始された。



「僅かだが、時間稼ぎにはなる!」

「コスモタイガータイを発艦させろ!!」



ヤマトから発艦したコスモタイガー隊が未確認艦隊を引き付ける。
その間に土方は、同行する駆逐艦4隻に輸送船団を任せ、未確認艦隊をヤマト1隻で引き受ける。

現ヤマト艦長土方は、初代ヤマト艦長沖田とは同期。
だが、幾分、土方の方が荒削りな部分が伺える。
荒削り=雑と云う訳では無い。
この場合の荒削りとは大胆な行動(策)と云った方が適しいる。

「通信士!コスモタイガー隊を引き上げさせろ!」

「試射を兼ねて新波動砲を撃つ!」

「艦首拡散波動砲発射よーーーいッ!!」

ヤマト艦首に装備された新型波動砲。
初代ヤマトの波動砲と違ってより広範囲の標的に有効な特徴を持つ。

艦首拡散波動砲口にタキオン粒子が集まり始める。
波動砲薬室内に強制的に陽電子粒子圧力が加わる。
波動砲口からタキオン粒子が溢れ出す。

「波動砲薬室内、圧力上昇!」

「エネルギー充填120パーセント!!」

「波動砲薬室内、臨海点!!」

「総員、対ショック、対閃光防御!!」

「艦首拡散波動砲発射、10秒前!!」

「……5.4.3.2.1拡散波動砲発射ーーーッ!!」



海王星沖に散らばる6隻の未確認艦隊。
土方は火力、艦の大きさ等から便宜状"重戦艦クラス"と識別した。
2代目ヤマト艦首から発射された拡散波動砲は発射と同時に螺旋を描くように捻れながら正面に陣取る重戦艦目掛け突き進む。

正面に陣取る重戦艦の眼前で波動エネルギー弾は四方八方へ散弾、上下左右に展開する重戦艦をも包み込むように無数の光弾が貫く。
4隻、同時に爆沈、宇宙の藻屑と化した。

間髪入れずに残り2隻にショックカノンを斉射、有無を言わす暇を与えず大破轟沈に墜とした。
土方は大破し、空間に散らばる残骸を採取させた。

未確認艦隊に勝利したものの、輸送船の半数を失ってしまう。

「通信士。土星鎮守府に連絡。」

「援軍は必要ない。以上。」



・・・・・





「お母様!今、とてつもないものを感じましたわ!」

澪はそう言うと突然、進路を変えると言い出し、自動航法システムの入力を太陽系に書き換えた。

私には澪が何を感じたのかは分からない。
でも、この娘(こ)は誰に似たのか、けっこう頑固なところがある。
私は澪の意思に付き合う事にした。





「フフフッ。」

「見つけたよ。ヤマト。」




《第二代:宇宙戦艦ヤマト》


全長:280m(復活編と同じサイズ)


基準排水量:62,000 t

最大速力
(通常航行時) 光速の99.9%


乗員 114名

主機 波動エンジン×1基
補機 補助エンジン×2基


兵装
艦首拡散波動砲×1門

主砲:46糎:三連装陽電子衝撃砲(ショックカノン)×9門

副砲:20糎:三連装陽電子衝撃砲×6門

上部ミサイル8セル(再装填可能)

艦首魚雷発射管×6門
後部同×6門

舷側ミサイル発射管×8門×2

連装対空陽電子パルスレーザー砲×8基
3連装対空陽電子パルスレーザー砲×6基
4連装対空陽電子パルスレーザー砲×4基

側面機雷投射機×2基

波動爆雷投射機×2基

艦底部4連装ミサイル発射管×2基


艦載機・艦載艇

コスモ・ゼロ×3機(予備機を含む)

コスモタイガーII×34機(予備機を含む)

救命艇(コスモシーガル・救命艇タイプ)
コスモシーガル・(兵員輸送タイプ・武装強行タイプ…etc.作戦用途等でタイプは変わる)

修理艇

100式偵察機



後編へ
つづく。


この物語りは「遥かなる救世主スターシア」の続編です。

使用している画像はイメージです。
一部、使用している画像は松本 零士氏「セクサロイド」より引用。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彷徨う堕天使「宇宙戦艦ヤマ... | トップ | 彷徨う堕天使「宇宙戦艦ヤマ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうしてガミラスはまた登場するのか? (N-WGⅨ/V@Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ)
2016-10-19 16:11:11
ミコノ・スズシロ「未確認艦隊の正体はガミラスなのか?」
Re:どうしてガミラスはまた登場するのか? (ミーゼラ・セレステラ少将)
2016-10-19 16:53:16
ガミラスとは書いてないです(^^;
あくまでも現段階では未確認艦隊です。
このあとの話で明らかになります(^-^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。