イヴァンのカバン

スポーツ観戦記が中心だけど、私生活のボヤキが増加中(汗)
今はマイナーかもだけど、気になる選手・チームを発掘中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

proving doubters wrong

2007年01月26日 | スポーツ
「強豪相手に勝つのは、やっぱり格別の気分だね。ペイトリオッツが相
手だし特別な感情が湧いて来たよ。自分が経験して来た中でも、最
高の勝利の一つに挙げられるのは間違いないね」:アダム・ビナティエ
リ(コルツ/キッカー)

◇NFLのAFCチャンピオンシップ、ニューイングランド・ペイトリオッツ@インディアナポ
リス・コルツの対戦は凄い試合でしたね~(○IND 38-34 NE●)
試合運びの巧さは誰もが認めるNEに、最大18点のリードを許しながら逆転に成功
した事には、大きな驚きを禁じ得ません。
ゲームの行方を左右したと言えるプレーもたくさん飛び出しました…が、僕はコルツ
のP・マニングが第3Qに挙げたTDランで、試合の流れがコルツ側に傾いたのかな~
と感じています。
また同じく第3Qに、守備ラインが本職ながら攻撃に起用されていたD・クレッコがTD
を挙げたプレー。。。NEが敵陣エンドゾーン目前の攻撃で、R・シーモアやM・ブレイブ
ルといった守備の選手を投入しているシーンをたまに見かけますが、それを思い起こ
しました(クレッコはNEから移って来た選手でしたね)。
そして第4Q残り1分、J・アダイの逆転TDランで完結したドライブ。。。残り2分とか1分
という時間帯はNEのT・ブレイディーの独壇場でしたが、今度はマニングに最大の見
せ場が巡って来て、なおかつ見事な逆転劇を演出してみせたので、大いにシビレまし
た(汗)―マニング、大舞台に弱いというレッテルは外れるのかな!?

スーパーボウルはコルツvsベアーズという顔合わせになりましたね~こちらも手に汗
握る熱戦を期待せずには居られません!

◇テニスの全豪オープンも終盤戦ですね~男女シングルスも決勝の対戦が決まりま
した。
女子はM・シャラポワ対S・ウイリアムス。セリーナがとうとう決勝まで勝ち上がって来
ましたね~「自分でも驚いてるけど、状況に応じてプレー出来てるし、コンディションさ
え良ければ自分にもタイトルを獲れる力はある」と語るセリーナ…過去に2度優勝して
いるこの大会(03、05)―やっぱり相性が良いのでしょうか?
男子は…先ほど決まりました。R・フェデラー対F・ゴンザレス―準決勝で前者はA・ロ
ディックを、後者はT・ハースを圧倒して決勝へ進出して来ました。
ゴンザレス(第10シード/チリ)は、3rdラウンドでL・ヒューイット、4thラウンドでJ・ブ
レイク、そして準々決勝ではR・ナダルを破って来てますね~
ナダルは4thラウンドで臀部と左脚を痛めていて、ベストからは遠い状態だった様で
すが。。。ゴンザレスはバックハンドに磨きがかかり、加えて今大会は凡ミスが非常に
少なくてかなり良い状態だ、という声も多い様子―ナダルは勝てたとしても、極めて
タフなゲームを強いられていたのだろうなぁ、と。

ゴンザレスがフェデラー相手にどこまで食い下がれるか、という図式になるのでしょう
けど、ここは一つゴンザレスの頑張りに期待しています。

Fernando Gonzalez
ジャンル:
スポーツ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« He knew it wo... | トップ | アイ・ビリーヴ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
第41回スーパーボウル (新後悔日誌 Ken's Weblog)
男達の視線が向かう先は・・・ 第41回スーパーボウル 日本時間 2月5日月曜日  午前8:05~NHK BS-1 BS-hi(生中継) 午後6:15~NHK BS-1 深夜24:26~日本テレビ ハーフタイムショーにはプリンスも出るよ!