陰徳

プロゴルファーの松山がアメリカのフェニックスオープンで優勝した。アメリカツアー通算4勝目。

まだまだ強くなるだろう。

彼の強さの秘訣。それは、見えないところでコツコツとひたむきな努力をしてきたこと。

若くしてちやほやされ優勝している仲間には目もくれず将来を見据えて、骨格作りに励んだそうだ。

ドライバーの飛距離でもアメリカツアー選手中、トップクラス。またグリーンOn率85%

他人には目もくれず、体作りに励んだ成果がめきめきと出てきた。

また左手首の感性をを鍛えるために、右利きなのに左手で箸を持って食事した等・・・である。

ちょっとした違いではあるかもしれないが、年月とともに大きな差になっていく。

人との比較ではなく、誰が見ていなくてもコツコツと陰で努力したことは必ず大きな結果となって表れてくるものだ。

松山プロを想いながら、我が人生もしかり!月々年々今までの努力が功を奏している!と実感する。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 体重 函館 »