THE SAPPORO TRANSIT AUTHORITY (S.T.A)

札幌で活動しているブラスロックバンド、STA(The Sapporo Transit Authority)です。

chicago/steven wilson REMIX

2017-06-19 01:10:19 | CHICAGO

シカゴ初期の金字塔「シカゴと23の誓い(原題:CHICAGO)」は1970年の発表。全米4位を記録して黄金期を迎えます。アナログ時には2枚組というボリューム。1969年の2枚組デビュー作品は「chicago transit authority」という長いバンド名。ブレイクした途端にシカゴ市から訴えられシンプルにシカゴと改名して、写真のセカンドアルバムを発表。燦然と輝くあのかっこいいロゴマークが産声をあげた瞬間です。 ここからは「長い夜」「ぼくらに微笑みを」「ぼくらの世界をばら色に」のヒットを生み、3つの壮大なる組曲(愛の遍歴。管弦楽。反戦メッセージという全くタイプの違うもの)も収録されています。
邦題の「ぼくら…シリーズ」はどの曲も完成度の高いブラスロック。
シカゴ結成50周年を祝して2017年、リミックスの魔術師スティーブンウィルソンによって新たなサウンドで発売されました。
オリジナルマスターテープから一音、一音をよりクリアに、各楽器のバランス、音量、リバーブ、配置設定、分離、イコライジングにとビックリするくらいの臨場感で23曲が蘇りました。
今迄、くぐもっていた感があるパートもグッとフューチャーされてもいます。ただ一言…素晴らしい、ありがとう!と叫びたい。
改めて名曲目白押しだなあ、と再認識。
見開き紙ジャケットと、挿入されていた折り畳みメンバーポスターも忠実に再現。

ついでに今迄買い集めた「シカゴと23の誓い」CDを羅列します。
ライノデジタルリマスター見本盤、ドイツ盤、デジパック仕様、レイハーマンのサイン入り、CBS、コロンビア、シカゴレーベル、2枚目コロンビア、10枚組ボックスからの抜粋、5枚組ボックスからの抜粋、紙ジャケット、テイチク、CBS再発、ハイブリットシリアルナンバー入り、DVDオーディオ。ちなみにアナログではクアドラフォニックも海外のみでリリースされていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の日はWESS企画の伝統的イ... | トップ | PANTHELA PARDUS(chicago) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

CHICAGO」カテゴリの最新記事