THE SAPPORO TRANSIT AUTHORITY (S.T.A)

札幌で活動しているブラスロックバンド、STA(The Sapporo Transit Authority)です。

JIM COPLEY死去(EX UPP.DR)

2017-05-15 17:23:18 | free form space

嗚呼、…イギリスの職人ドラマー、ジム コープリーが白血病の為に亡くなったそうです。
享年63歳。
ジムの名前を知らない人でも、私の世代ならUPPというバンド名を聞いて思い出したら、相当なロック通。
ジムはこのバンドのドラマー。
70年代初頭にデビューしたUPPは、ジェフベックの秘蔵っ子としてデビュー。2枚のアルバムを残しました(写真は未発表&別テイク集CD)
ベックの惚れ込みようは半端ではなく、ギターはもとよりプロデュース、コンポーザー、挙げ句の果てにはバックコーラスや伝家の宝刀ギターシンセまでをも担当。
UPPはロックにソウル、ファンクやジャズなどを取り入れた、なかなかに当時としては斬新なアプローチで話題になりました。
その時、ベックは「ブローバイブロー」でフュージョン界に旋風を巻き起こし気を吐いていた頃。多いにUPPでもインスパイアしあったことでしょう。
UPP解散後もジムとベックの付き合いは続き、一緒にプレイしたり、プライベートでも交流する仲。
ジムはその多方面ジャンルに精通したテクニックから、セッション、レコーディングにと引っ張りだこだったようで世界中をドラマーとして渡り歩いていたようです。
ここ日本にも数え切れないほど来日して、あらゆるミュージシャンと交流を持ちましたね。
アンルイス、矢沢永吉、そしてなんといってもチャーと満を持して結成したスーパーバンド「サイケデリックス」は有名。
チャーのもとからはジョニー吉長、石やん、そしてジムと、盟友達が次々に他界してしまい残念です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PURPLE CABBAGE(chicago) | トップ | chicago17 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む