THE SAPPORO TRANSIT AUTHORITY (S.T.A)

札幌で活動しているブラスロックバンド、STA(The Sapporo Transit Authority)です。

chicago 16

2017-05-16 20:35:00 | CHICAGO

シカゴ16』(Chicago 16)は、アメリカのバンド、シカゴの13枚目のスタジオ・アルバム。1982年6月7日に発表された。このアルバムはシカゴの新しい時代が始まることを宣言するものとなった。この後10年間続くワーナーとの契約において、最初にリリースされたアルバムでもある。デイヴィッド・フォスターのプロデュースとしても最初のアルバムである。そして、1978年の『ホット・ストリート』以来、シカゴにとって真の意味でのヒット・アルバムであり、バンドに商業的成功という意味での重要かつ長きにわたる「セカンド・ウィンド」をもたらしたアルバムでもあった。いくつかの意味で、1970年代のかなりの成功をもしのぐアルバムになったのである。

1981年にもなると、バンドのメンバーは、自分達の商業的な意味での訴求力とイメージがかつてなく低下していることに気がついた。そこで、サンズ・オヴ・チャンプリンのオリジナルメンバーでフロント・マンでもあったビル・チャンプリンをメンバーとして迎え入れ、キーボードとヴォーカルを任せることにした。この試みはうまくいき、チャンプリンはテリー・キャスの後をうまく引き継ぐことに成功した。また、シカゴ14のセッション以来、クリス・ピニックがメンバーの一員となっていた。しかし、バンドのマネージャーであるジェフ・ワルドを通じて、デイヴィッド・フォスターがバンドと接触することになった。

シカゴは、次の新しいアルバムのプロデュースをフォスターに任せることを決めると、(メンバーは1980年のシカゴ14を念頭に置いていたのだが)フォスターは、1980年代のシカゴのサウンドを根本から徹底的に考え直し、最新のマシンと技術を導入し、バンドの外に作曲家を探し、スタジオ・ミュージシャンをセッションに参加させるという、重要な変更を行ったのである(TOTOのメンバー4人がそのテクニックをセッションで披露している)。

メンバー達の中で、バンドのスタイルの変化によって最も有利な立場に立ったのは、ピーター・セテラだった。音楽的な志向が、多くの部分でフォスターと共通していたのである。彼ら二人のアダルト・コンテンポラリー志向は、シカゴ16のあちこちに横溢している。彼らのルーツであるジャズ・ロックのアンサンブルのスタイルからさらに遠ざかることになり、シカゴを若い世代の新しい聴衆の耳に届くようにするのに成功したのである。フォスターとセテラの協力によって、チャートに登場することのないバンドの舵取りが首尾良く運んだのである。バンドは、コロンビアでの活動を終えて新しいレーベルに移籍し、新しいメンバーを迎えて(ビル・チャンプリン)この前までいたテリー・キャスはもう去ったのであった。ロバート・ラムも、個人的な問題のためにアルバム制作の大部分で関与すせず、かつての多作な作曲家も、新しいアルバムではわずか一曲にクレジットされるだけとなった。パーカッションを担当していたローディール・デ・オリヴェイラもまたシカゴ14とシカゴ16の間の時期に、バンドを去ったのである。

1982年6月にアルバムが発表されると、シカゴ16はアルバムとしてビッグ・ヒットとなった。特に、「素直になれなくて(Hard to Say I'm Sorry)」は、アメリカでの第2 のシングル1位を記録することとなり、結局アルバム自体はプラチナ・ディスクを獲得し、第9位まで上昇した。こうしてシカゴの未来は無事救われたのである。シングルは、映画「青い恋人達」のサウンド・トラックに収録された「素直になれなくて/ゲッタウェイ」で、長めのバージョンを聞くことができる。「ラヴ・ミー・トゥモロウ(Love Me Tomorrow)」はこのアルバムからのさらなるヒットとなったが、この曲は、後半に長いオーケストレーションをフィーチャーしている。

ライノ盤のリマスター版には、「What You are Missing」と「Love Me Tomorrow」の完全版は収録されていない。「What You are Missing」はシングル盤のバージョンに差しかえられており、「Love Me Tomorrow」は曲の終わり近くで一部が削除されている。とはいえ、ライノ盤にはビル・チャンプマンのデモ録音である「Daddy's Favorite Fool」がボーナストラックとして収録されている。

イギリスで当初発売されたオリジナルLPには、「What Can I Say」の前に「Rescue You」が収録されていた。

〜ウィキペディアより〜

masa's art chicago logo respect gallery

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 職人ドラマー、ジム コープリ... | トップ | ANN LEWIS&JIM COPLEY »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む