THE SAPPORO TRANSIT AUTHORITY (S.T.A)

札幌で活動しているブラスロックバンド、STA(The Sapporo Transit Authority)です。

groovin' heard jazz orchestra live2017(katsu TB)

2017-09-16 10:11:21 | Live告知

S・T・Aのスーパー・トロンボーン・プレイヤーのカツはジャンルを広範囲にわたってこなせるので驚愕です。
素晴らしいミュージシャン。
ジャズからへヴィーメタルまでなんでもござれさ。
マサと同郷のマッチャンが小樽で結成した「矢沢永吉」のカヴァーバンド「Y’Sプロジェクト」でも大活躍。


さて恒例、北のビッグバンド「グルーヴィン・ハード・ジャズ・オーケストラ」のコンサートでもメンバーとしてカツは登場します(キーボードはカエチャン)。

5月20日札幌コンサートホール キタラ小ホール、9月16日クラップスホール。


共にお問い合わせはカツまで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽版ウッドストックとの呼び声高きロックイベントだあ!

2017-07-17 03:11:32 | Live告知

ご存知、各メディアでも話題沸騰の「2017おたる浅草橋☆オールディーズナイトvol.14」が今年も開催されます。

新聞、雑誌、インターネット等でも取り上げられ、「小樽市都市景観賞奨励賞」を受賞。

 

「2017おたる浅草橋☆オールディーズナイトvol.14」 

  

<日  程> 平成29年7月15日(土) ・16日(日)・17日(月・祝)/12:00~21:00

 

<会  場> 第3号ふ頭多目的広場 (小樽市港町5番地・小樽地方合同庁舎前)

オールディーズナンバーを演奏するプロ、セミプロ及びアマチュアバンド
全54バンド 

<雨 天> 雨天決行、大雨の場合は中止とします(主催者判断) 

<主 催> 浅草橋オールディーズナイト実行委員会

<後 援> 小樽市・小樽市教育委員会・小樽商工会議所・小樽市漁業協同組合・(社)小樽観光協会・(社)小樽法人会・(社)小樽物産協会・(社)小樽青年会議所

北海道中小企業家同友会しりべし小樽支部・小樽市文化団体協議会・北海道新聞小樽支社・読売新聞小樽支社・朝日新聞小樽支局・STV小樽支局・FMおたる・小樽ジャーナル・小樽美容協会・小樽理容組合・小樽公衆浴場商業協同組合・小樽ハイヤー協会・小樽市商店街振興組合連合会・小樽市総連合町会・小樽ロータリークラブ・小樽南ロータリークラブ・小樽銭函ロータリークラブ・小樽ライオンズクラブ・小樽中央ライオンズクラブ・小樽みなとライオンズクラブ・小樽グリーンライオンズクラブ・小樽うしおライオンズクラブ・小樽ボールルームダンス連盟

 

<協  力> 2017音座なまらいぶ小樽実行委員会

 

<連絡先> 浅草橋オールディーズナイト実行委員会 (〒047-0032小樽市稲穂2-18-1高雄ビル斎藤DS内)

E-mail:dancing-ss@hkg.odn.ne.jp/TEL 0134(23)3484  または 090-5225-1823

STAは16日(日)夕方以降に登場です!!

 2017おたる☆浅草橋オールディーズナイトvol.14出演バンド一覧表

 

~MASA’S ART CHICAGO LOGO RESPECT GALLERY~

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海上特設ステージでブラス・ロック・サウンドを!

2017-07-16 02:57:31 | Live告知

小樽マリンウェーブフェスタinオールディズライブ

2017/7/16(SUN)

会場:小樽港マリーナ前の屋外海上特設ステージ(石原裕次郎記念館の横)

入場無料、駐車場あります。

露店、フリー・マーケットも多数出店!

STAは去年に引き続き今回で8度目の登場です。

かもめも(°д°)!!、この時だけのスペシャル・ユニットS・T・Aです。

他にも超豪華ラインナップで賑やかにお送りいたします。

是非とも、皆さまで連れ立っておいでくださいませ。

                    
マリンフェスタin小樽 ベイサイドライブvol.8出演バンド一覧表                    
7月16日(日)        バンド名    ジャンル    地域    出演回数
 
THE SAPPORO TRANSIT AUTHORITY(S・T・A)
 
 
そして、この日のS・T・Aは、場所を移して浅草橋特設屋外ライブイベント会場へGO!!
 
 
図のようなヨットがステージの後方を横切ったりしたら、私は演奏しながら感涙しちゃいます、間違いなく(笑)。 
***MASA'S ART CHICAGO LOGO RESPECT GALLERY***
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父の日はWESS企画の伝統的イベントに!

2017-06-18 12:47:24 | Live告知

オヤジバンド合戦 “輝け! オヤジの星” vol.
日程:2017/6/18(日)
会場:KRAPS HALL 札幌市中央区南4条西6丁目 
5 タイムズステーション1F
出演: / THE・SAPPORO・ TRANSIT・AUTHORITY /  他にもバラエティにとんだバンドが多数出演!
開場 16:00/開演 16:30 [全自由]
前売り \1,000 当日 \1,500  1ドリンク別
\500
Lコード:11814
info:KRAPS HALL 011-518-5522

*チケットのお問い合わせはSTA各メンバーまでお気軽にどうぞ!!

 

:::出演バンド:::

THE・SAPPORO・TRANSIT・AUTHORITY (30分間)

THE SAPPORO TRANSIT AUTHORITY(CHICAGO!!!)

こうご期待!!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

COCKPIT (chicago)

2017-05-29 09:39:12 | CHICAGO

旅客機のコックピットとは、旅客機の操縦室のことである。

操縦室で操縦などの機械操作を行う乗務員のことは運航乗務員やコックピットクルーと呼ばれる。21世紀現在では、電子化された航法装置や通信装置、エンジン制御などのアビオニクスと呼ばれる航空機に搭載されている電子機器がコンピュータによって高機能化されたことにより、定常的な操作の多くが人手を介さずに自動的に制御されるようになり、計器表示も多機能ディスプレイによるグラスコックピット化されている。こういったことから、小人数の運航乗務員で操縦・運航できるようになっている。

mama's art chicago logo respect gallery

〜ウィキペディアより〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザ グレッグ オールマン&ブラザーズ バンド!

2017-05-29 09:34:41 | free form space

ザ グレッグ オールマン&ブラザーズ バンド!

グレッグを偲んで…
私が動画で初めてグレッグを観たのは高校一年生の時。
シカゴがシカゴⅥ発表時、アメリカのテレビ局が制作した番組に出演。
前半をカッコよくブラスロックが吹き荒れました。と、次の瞬間に犬とにこやかに戯れるグレッグオールマンが登場。
番組の後半はオールマンを中心にマーシャルタッカーバンドやウェットウィリーなどのサザンロックが演奏をしました。
懐かしいなあ(*^_^*)。
グレッグは兄のデュアン、そしてベリー亡き後のオールマンを牽引。
コンサートも大盛況。再起をかけたアルバムも初の全米ナンバー1を獲得。名実共にアメリカ屈指のトップバンドに躍り出たのでした。
ところがバンドクルーがドラッグ絡みで裁判に処された際に、グレッグはあろうことか保身に走り被告に不利な証言を発してしまい、結果クルーは懲役75年という重罪に処されてしまいます。後に彼は保釈されましたが、この事がキッカケでグレッグとバンド内には亀裂が入り活動停止に追いやられます。
そしてこの頃、グレッグはあのシェールと電撃結婚!
初来日時にもアツアツムードで周囲が赤面するほど。
更には夫婦デュエットアルバムまでも発表。さすがに私これは買っていません…!😓
で、やはりアッサリと破局…。
晩年のグレッグは長年の不節制な生活や、タトゥーによる体調不良で闘病生活を送っていたとのこと。
しかし、しっかりとバンド活動は行っていましたよ。
再起をかけた自身のバンドは力作揃いです。
オールマンの記念すべきデビュー作から何曲かをここで意欲的にセルフリメイクも。
南部の誇りにかけてソウルフルな歌声を披露していますよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EMBROIDERY (chicago)

2017-05-29 03:28:05 | CHICAGO

mama's art chicago logo respect gallery

刺繍(ししゅう、Embroidery)とは、布地あるいはその他の素材により糸で装飾を施す技術、もしくは手芸のことである。刺繍には金属片や真珠ビーズ、羽柄、スパンコールなどが用いられる場合もある。

刺繍の特徴は、チェーン・ステッチen)、ボタンホール・ステッチen)、ランニング・ステッチen)、サテン・ステッチen)、クロス・ステッチen)など、ステッチen)の最古の技法に基づいていることで、それらは現代の刺繍の基本的な技術として残っている。

機械刺繍en)は産業革命の初期に登場し、手刺繍、とりわけチェーン・ステッチを模倣するために使われた。しかし機械によるサテン・ステッチやヘム・ステッチは、複数の糸によって施されるため、見た目は手刺繍と似ているが構造は異なる。

〜ウィキペディアより〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

the allman brother sband/shades of two world japan tour 1992.1.28sapporo

2017-05-29 03:11:47 | free form space

グレッグオールマンを偲んで…

私は唯一のオールマンブラザーズバンド、サッポロ公演を観ました。
真冬のオールマンとはちょっと違和感ありましたがね〜。
1992年のこと。
最前列のど真ん中でたっぷりとサザンロックを堪能。正直な話、結構ラフな演奏かと思いきや、めちゃ緻密で息の合った分厚くもワイルドなステージに終始圧倒されていました。
ウォーレンのギターテクニックは天才的。特にスライドギターは天下一品!ディッキーとのツインギターによるコンビネーションも貫禄たっぷり。
ノリの悪いオーディエンスに向かってディッキーはぶち切れてバンダナを投げつけていましたが、決して白けていた訳ではなく、道民のファン達は感動のあまりに固まっていただけなんですがね〜。
ツインドラムによる稲妻のごときグルーヴも特筆もの。
そしてグレッグは髭面に長髪を後ろで束ねたスタイルでいぶし銀のボーカルをキーボードプレイと共に披露。
私ごとで悔しい思い出を一つ語らせてください。
ライブの中間部であの頃ブームだったアンプラグドコーナーをオールマンも採用。
グレッグはタカミネのエレアコで椅子に座って熱唱。
で、おもむろにピックを端の観客席に向かって投げた!
まあ、私の席からは全く違う方向だから大して気にもしていませんでした。
と、私のスニーカーのカカトにちょっと何かが触れた感触が。で、コンサートは続行。
すると後ろの男性が「ちょっとすみません…」と言って私のカカト下から何かを持って行った。
「やったあ!ラッキー!」と後ろから喜びに弾んだ声。
彼の手にはさっきグレッグが投げたピックがあるではないかあ⁉️
なんとブーメランのように弧を描いてピックは私のカカトに当たって靴底に挟まっていた訳です。
今も思い出すたびに切なくて悔しいなあ。・°°・(>_<)・°°・。。
アレンはライブの最後に名物でもある異常に多弦なベースを下げローディーに伴われて再登場!巨大岩石のような壁を構築していました。
あのステージに立っていたグレッグ、アレン、ブッチはもう天国に行ってしまったのですね…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HAWK (chicago)

2017-05-29 02:21:14 | CHICAGO

(たか)とは、タカ目タカ科に属するのうち比較的小さ目のものを指す通称で、鳥類の一種である。 オオタカハイタカクマタカなどの種がいる。タカ科に分類される種にて比較的大きいものをワシ(鷲,Eagle)、小さめのものをタカ(鷹, Hawk)と呼び分けているが、明確な区別ではなく慣習に従って呼び分けているに過ぎない。また大きさからも明確に分けられているわけでもない。例えばクマタカはタカ科の中でも大型の種であり大きさからはワシ類といえるし、カンムリワシは大きさはノスリ程度であるからタカ類といってもおかしくない。

〜ウィキペディアより〜

mama's art chicago logo respect gallery

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グレッグ オールマン死去…

2017-05-29 02:07:20 | free form space

サザンロックの代表格、オールマンブラザーズバンドの中心的オリジナルメンバー、グレッグオールマンが肝臓癌により5月27日、自宅にてなくなりました…
享年69歳。ここ数年は闘病生活状態だったようです。
伝説のギタリストの兄、そしてバンドの仲間たちの元へ旅立ったのですね。
今年の1月にブッチトラックスのショッキングな訃報を聞いたばかりなのに。
かつての盟友
ベリーオークリーやアレンウッディもすでに故人ですね。
69歳かあ。
グレッグはあのシェールとのラブラブな日々が物議を醸しましたね。あれには本当にビックリしました。
オールマンブラザーズバンドはメンバーチェンジ、解散、再結成などを繰り返しながら気骨溢れる名演、名盤を数多く残してくれました。
これで実質的にオールマン兄弟が他界したわけですね。
そう思うと改めて淋しいなあ。
バンドは今後どうなるのだろうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加