THE SAPPORO TRANSIT AUTHORITY (S.T.A)

札幌で活動しているブラスロックバンド、STA(The Sapporo Transit Authority)です。

父の日はWESS企画の伝統的イベントに!

2017-06-18 12:47:24 | Live告知

オヤジバンド合戦 “輝け! オヤジの星” vol.
日程:2017/6/18(日)
会場:KRAPS HALL 札幌市中央区南4条西6丁目 
5 タイムズステーション1F
出演: / THE・SAPPORO・ TRANSIT・AUTHORITY /  他にもバラエティにとんだバンドが多数出演!
開場 16:00/開演 16:30 [全自由]
前売り \1,000 当日 \1,500  1ドリンク別 \  
\500
Lコード:11814
info:KRAPS HALL 011-518-5522

*チケットのお問い合わせはSTA各メンバーまでお気軽にどうぞ!!

 

:::出演バンド:::

THE・SAPPORO・TRANSIT・AUTHORITY (30分間)

THE SAPPRO TRANSIT AUTHORITY(CHICAGO!!!)

こうご期待!!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

移転後初、琴似ライブのメッカ!

2017-05-21 11:53:33 | Live告知

2年前の移転後、STA初参戦。前回のホールよりも更にグレードアップ!BURN通算2度目の出演企画。

パワフル・ドラマーでもあるオノデラ店長(和尚さん)経営のいかしたライブハウス。

5月21日(SUN)

札幌市西区二十四軒3条5丁目9番33号 ベルエアー琴似ビル1階

LIVE&BAR BURN(OPEN8周年記念!)

TEL 011-644-4881

¥1,500(1drink付)更に追加料金の1,000円で飲み放題!!

18:00 open   18:30 start

LIBERATION 40~STA企画イベント(計6バンド出演予定、順不同)

1、the sapporo transit authority(S・T・A)・・・初期chicago(ブラスロック)を徹底して迫力タップリに追求。豪快に披露します。

2、UNCLE CAT’S・・・歌謡曲をフクさん率いるロックバンドアレンジで聞かせます。フミオくんの華麗なる歌声とルックスに酔ってね。

3、CONCEPTION・・・サッポロ・フュージョン・シーンの大御所アミさんがカシオペアを4人編成にて超テクニカル再現!

4、四入囃子・・・なんと伝説のジャパニーズ・プログレ・バンド四人囃子がスガさんのギターを中心にドラマティックに蘇ります。

5、WOODBLOCKERS・・・昭和初期の懐かしきあのサウンドを渋いツワモノ3人衆がリスペクト精神込めて見事にプレイ!

6、?????・・・アズマッシーズ&シュガーレスのタッキーが在籍するニューバンド。5人組でバービーボーイズをコピー。

 ETC・・・・・・・

どうぞお楽しみに。

お問い合わせはSTAマサまで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

groovin' heard jazz orchestra live2017(katsu TB)

2017-05-20 10:11:21 | Live告知

S・T・Aのスーパー・トロンボーン・プレイヤーのカツはジャンルを広範囲にわたってこなせるので驚愕です。
素晴らしいミュージシャン。
ジャズからへヴィーメタルまでなんでもござれさ。
マサと同郷のマッチャンが小樽で結成した「矢沢永吉」のカヴァーバンド「Y’Sプロジェクト」でも大活躍。


さて恒例、北のビッグバンド「グルーヴィン・ハード・ジャズ・オーケストラ」のコンサートでもメンバーとしてカツは登場します(キーボードはカエチャン)。

5月20日札幌コンサートホール キタラ小ホール、9月16日クラップスホール。


共にお問い合わせはカツまで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上がボーリング場の老舗ライブハウスは2年ぶりだよ!

2017-04-23 12:07:03 | Live告知

VINNIE'S  BAR(JR苗穂駅徒歩5分のライブハウス。店名はドラマーでもあるオーナーが敬愛する職人ヴィニー・カリウタから命名)

4月23日(日)

札幌市中央区北1条東12丁目オリンピアボウル地下1階

駐車場あり

¥1,500(1drink付)ただし、中学生以下の入場料はいりません!

更に追加料金の1,000円で飲み放題!!

17:00 open   17:30 start

LIBERATION 41~STA企画イベント(計5バンド出演、順不同)

1、the sapporo transit authority(S・T・A)・・・初期chicago(ブラスロック)を徹底的に追求して披露します。

2、パンタロンズ・・・マサの90年代メタル系盟友達がテッドを筆頭にクィーンをカバーします(^ ^)

3、40高中・・・テクニカルミュージシャンのアミさん率いる高中正義カバーバンド(^ ^)

4、アンクル キャッツ・・・歌唱力抜群の妖艶なるフミオくんのパフォーマンスは必見!

5、乙‼︎帝國ゆるゆる団・・・キュートな歌姫スバル率いるアニソンバンドが豪華絢爛に魅せます。

6、OLD★JUNKY・・・テツ率いるロックンロールトリオ。革ジャン&リーゼント&グラサンは必須アイテム。

7、the 闇鍋band・・・ご存知テッチャン達のジャンルの壁を軽く超越したご機嫌なサウンドを堪能してね〜

どうぞお楽しみに。

お問い合わせはSTA各メンバーまで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SHARAKU (chicago)

2017-03-23 14:37:07 | CHICAGO

masa's art chicago logo respect gallery

東洲斎 写楽(とうしゅうさい しゃらく、とうじゅうさい しゃらく、生没年不詳)とは、江戸時代中期の浮世絵師。約10か月の短い期間に役者絵その他の作品を版行したのち、忽然と画業を絶って姿を消した謎の絵師として知られる。その出自や経歴については様々な研究がなされてきたが、現在では阿波徳島藩蜂須賀家お抱えの能役者斎藤十郎兵衛(さいとう じゅうろべえ、宝暦13年〈1763年〉 - 文政3年〈1820年〉)とする説が有力となっている。

〜ウィキペディアより抜粋!〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BACK TO THE FUTURE

2017-03-23 14:32:02 | free form space

あまりにも有名なエピソードだけど、チャックベリーを偲んで…!
大ヒット映画「バック トウ ザ フューチャー」
1955年のダンスパーティで、
生バンドのギタリストが準備中に指を負傷。急遽、主演のマーティがギタリストとして登場!
そこで愉快痛快なるライブパフォーマンスをやらかします。
「ジョニーBグッド」が時空を超越して世に現れた瞬間!興奮した指負傷のギタリストがステージサイドから従兄弟に電話します。
「前からおまえが探していたご機嫌な音楽を見つけたよ!ほら、聴いてよ!」と受話器を白熱ステージに向けます。
もちろん電話口向こうの人は、まだ無名の若手ミュージシャン、チャックベリー。彼がこれをヒントに後々ロックンロールを生み出すという設定。
で、マーティの方は御構い無しに益々エキサイト。ピートタウンジェントばりのウィンドミル奏法、ベンチャーズばりのテケテケサウンド、ジミヘンばりの背中弾き、エディヴァンヘイレンばりのライトハンド奏法、ジャンプしてアンプを蹴飛ばします。
凍りついてドン引きのオーディエンス。
ハッと我に返ったマーティ。「君達にはまだ早いけど、君達の子供達には受けると思うよ!」
最高だね〜(^ ^)。
当のチャックベリーはこのシーンを見て、どんなコメントを述べたのかなあ。
改めて偉大なり、ロックンロール キング。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KEY (chicago)

2017-03-23 10:20:57 | CHICAGO

masa's art chicago logo respect gallery

アメリカン ロックの重要なる鍵を握るのは、もちろんシカゴ!

これからもね!

ロックの殿堂入りだって

何十年も前に受賞していて当たり前。

色々なシガラミがあったらしいですが、

まあとりあえずは良かったです。

快進撃はまだまだ続きますよ!

ずっとファンの自分にとっても誇りです。

これからも応援していきますよ。

微力ながらブラスロック普及活動も北国を中心に

行っていきます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BEAT-CLUB GUITAR HEROES

2017-03-23 10:19:03 | free form space

ビートクラブ黄金のロック伝説シリーズ
ギターヒーローズ編には、もちろんチャックベリーが名を連ねています(^ ^)!
48分収録。全12組のうち既に半分のギタリストが故人です…。
チャックベリーはヒットナンバー「レット イット ロック」をあのいつもの名調子で、スタジオ所狭しと独壇場。
この時代でこのパフォーマンスはかなり突飛だったのでは?!
アクション、コードワークにソングライターと、その後のギタリスト達は大きな影響を受けました。
もちろん他の収録ギタリスト達も必見!見応えたっぷり、神がかった貴重なテクニック満載であっという間にエンドロール。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BUILDING (chicago)

2017-03-22 23:00:13 | CHICAGO

masa's art chicago logo respect gallery

曰く付きのアルバム「シカゴ13」ジャケットに

更なる捻りをくわえてゴージャスに。

ここ数年のサッポロ雪祭りなんかでも、派手な演出効果として

人気のプロジェクションマッピング!

BGMはリズミカルなストリートプレイヤーか、

正統派ブラスロックのウィンドウドリーミンを断然リクエストします(^ ^)!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JAZZ ON A SUMMER'S DAY

2017-03-22 22:33:47 | free form space

何十年も前にテレビで観た記憶があるんです「真夏の夜のジャズ」
1958年に開催された第5回ニューポートジャズフェスティバルの88分にも及ぶドキュメンタリー映画。
今でも評価の高い傑作と謳われている一本。
カメラワークも編集も丁寧で見応え満点。出演する伝説のアーティスト達も自信に満ち溢れています。
3月18日に亡くなったロックンロールの創始者チャックベリーも若々しき姿で(当たり前(^ ^)スィートリルシックスティーンを演奏。
超一流のジャズプレイヤーの面々の中でも、万雷の拍手を浴びています。
なんとドラムをジョージョーンズが担当。夢のような取り合わせ。
写真はリバイバル上映の際に発売されたパンフ。
DVDにも、もちろんなっていますね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加