日本の国はここがおかしい

将来の希望を失いつつある日本。国民が安心して生活できる国になるにはどうすればいいか

二重国籍は台湾国籍放棄で解決しても、裏切者野田を幹事長に起用するようでは蓮舫民進党の命運は尽きた。

2016-09-18 14:24:03 | 民進党
二重国籍問題で物議をかもした蓮舫氏が民進党代
表に就任した。

二重国籍に関しては蓮舫氏の発言が二転三転する
トラブルがあったが、最終的に台湾国籍を放棄した
ことで実質的に問題は解決したと言える。

これで蓮舫民進党が始動し、民進党もようやく再出発
できるかと思われたのだが、最初の一手から躓き、や
はり民進党には期待できない、と多くの国民をがっか
りさせることになった。

それは、消費税を増税しないといって国民から支持を
得、政権を獲りながら、消費税を増税し国民を裏切り、
経済低迷を深刻化させた天下の裏切り者野田佳彦を
幹事長に任命したことである。

民主党が国民の信頼を失くし、選挙に大敗し政権を
失い、今日に至るまで多くの国民に民主党・民進党ア
レルギーを蔓延させた責任のかなりの部分は野田に
ある。

このような男を党の要である幹事長に任命するようで
は、発足時点で蓮舫民進党の命運は尽きたと言える。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AIの活用に徹底したリスク管... | トップ | どこまでもずうずうしい韓国... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

民進党」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。