SIOLOG

火を使わない、完全天日干しの本物のお塩。美しい汚染されていないバリ海のお塩専門店、御塩屋の店長、塩ソムリエのブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バリから帰って参りました。

2009年06月08日 13時02分00秒 | Weblog
5月、塩田視察、結婚式プロデュースの為バリ島、ジャワ島へ行ってきました!!
バリ島の塩田は雨期も終り乾期に入った為、お塩作りの再開です。
炎天下の中、作業はとても厳しいですが、職人さんたちは元気にお塩作りに励んでいました。御塩もキラキラと輝いていました。

今回はバスソルトの研究も兼ね、硫黄が取れるお隣の島ジャワ島の山Kawah Igen
へ行って参りました。

バリ島からフェリーで約40分でジャワ島へ渡り、翌朝7時15分に山へ向け出発!!
駐車場からは、3キロ山を歩きで登るしかありません。
駐車場までの道のりもとても、険しく4輪駆動でないと怖いくらいのガタガタ道です。
よやっと、駐車場に着き、揚げたてのピサンゴレンとコピススで一休憩。
さあ、約2時間のトレッキングに出発です!!

出発すると同時に、硫黄を山から担いでいる仕事人の凄さにビックリしました。
約80キロから100キロ近くを天秤にのせてセッセ、セッセと降りてきます。
長くつ、サンダル、裸足の方もいらっしゃいました。
1キロ6500ルピア(65円)になり、1日2往復はするそうです。
硫黄を運ぶ仕事人の方と、観光客。自然と仕事人の邪魔をしない様に気をつけて
登って行きます。日ごろ運動不足な私は最初結構キツかったのですが、何十キロも肩に背負って働いている姿を見ると、「疲れた。」なんていってはいられません。
しかし、登っていくにつれて、生えている緑が変わって行き、景色も変化していき、とても気持ちよくなっていきました。

そして、頂上まじか、濃い霧に囲まれとても神秘的。そして、
ついに頂上!!
その、美しさにはホントビックリしました。硫黄がわき出ている煙と、見たことのないきれいなエメラルドグリーンのカルデラ湖!!!

来てよかった。来れてよかった。見れて良かった。
ここに来ることができた事に感謝です。
色々な事を考えさせられました。色々と勉強になりました。
いつかまた、行きたい場所です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加