ありがとうって伝えたくって

無線の話(運用、製作)時々、B級グルメたまにトレード
時折、コメント欄で議論されて、為になるものあり!必読です。

愛媛での食事は安くて旨かった

2017年09月22日 11時32分29秒 | 

秋めいて涼しくなり・・季節はずれの感はあるが・・夏の愛媛の食の話を・・

愛媛最初の訪問地南宇和郡愛南町の中心部のかき氷屋『おさふね』を尋ねた。

母親から店を娘が引き継いで創業60年というから老舗。古民家の店内には4人掛けのテーブル席4つだ。なのですぐに満席になる。

到着時には偶然にも1席空いていた。

基本メニューにトッピングを足していく方式。今回はイチゴミルク、白玉にした。

これで400円(イチゴ300円、ミルク50円、白玉50円)だ。都会のかき氷の値段から考えると・・・異常に安い気がする。

メニューはこれだ↓

出てきたのはこれ。暑いさなかとはいえ食べきれるか?

きめが細かく口に入れると直ぐに溶けていく。シロップも甘すぎず、多すぎず絶妙な量だ。

お替わりを頼みたいところだった。外に出ると待ち行列が出来ていた。

突然おかみから『今日は遠い所から、ありがとうございました。』と窓越しに言われる。

ナンバーは福山だけど・・もっと遠い神奈川から来たんだよな!

次は今治『ホテル菊水』で食べたサザエ会席だ。これから紹介する料理が全て付いて3,500円。予約すればで個室で食べられる。

こんなに安くてよいの?

大サザエ(普段見かけるサザエの2-3倍はある)の刺身。

次に出てきた大サザエの壷焼き。

愛媛で言う『ザンキ』つまりカラ揚げ。

鯛のカブト煮

番外編、

愛南町で買ったアンパン。アンパンの表面に羊羹が薄く塗られていてヨーカンパンともいう・・ガキの頃よく食べていた。

伊方町の風力発電設備の傍で。

愛媛には子供の頃懐かしい食べ物が沢山あり、格安で特産の魚介類を食べられる。

またまた、冬も行ってしまいそうだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同軸コリニアアンテナの設営 | トップ | 新型バッテリー増設! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事