おじさん日記 ~Okinawa Self-Diving Log~

セルフダイビングのブログ。ログや写真や器材について好き勝手書いています。そのうちテクニカルダイビングもやってみたいな。

ウエットスーツの修理

2016-05-27 22:01:44 | 器材
ウエットスーツの修理についてです。横着したら失敗したので紹介します。


いつものゴムのりがなくなってしまったので、


仕方なく手元にあるアクアシールを使ったら、


くっつきはしたけれどとても汚くなってしまった。。鼻水みたい。。

アクアシールはフェルトブーツのフェルトが剥がれた時とか、BCの補修とかに使える接着剤で、おそらく水中用では最強。固まるとゴムのようになって伸び縮みするので、よく動かすダイビング器材にピッタリ。しかし、ゴム同士を貼り付けるならやっぱりゴムのりですね。

アクアシールの場合はゴムのりと違って固まるまで動かしてはいけないので、ウエットスーツ同士だと固定が難しく面倒。ずれてまた戻してを繰り返していたら周りがベタベタになってしまった。


近くのホームセンターでゴムのりを購入。接着剤コーナーじゃなくて、自転車コーナーに置いてありました。ゴムのりは自転車のパンク修理でチューブの補修に使います。最初の写真にあるアクアラングが出しているウエットスーツ用のゴムのりも300円ほどで、ダイビング用品にしてはとても良心的な価格設定。近所にダイビング用品店があれば普通にアクアラングの接着剤を買って使います。しかし住んでいるところが田舎のためダイビング用品店が近くになくその辺に売っているゴムのりで代用。成分は大して変わらないと思います。たぶんね。
【追記】最後に追記していますが、天然ゴムとクロロプレンの違いがあります。


また別のところが破れた。両面スキンだとサクッと大きな範囲破けます。今度は自転車コーナーにあったゴムのりで直します。


両面にゴムのりを塗って、しっかり乾かす。有機溶剤は接着のときの不純物となるので、残らないように揮発させます。ウエットスーツを修理したことがある方なら分かると思うけれど、これが最大のポイント。乾かしてからくっつける。


で、両面を付ける。一度くっつけるとこの場所でピタッとくっつくので、ずれないように注意してくっつける必要がある。逆に、一度くっつけてしまうとずれないので、固定が必要なくラクチン。強く押し付けたりハンマーで軽く叩いてあげると加硫がより進んで接着が強くなるそうです。やっぱりゴムのりはきれいにくっつきますね。アクアシールを使ってしまったときと大違い。強度ももちろん問題なし。

両面スキンなので破れやすい反面、修理も簡単です。全面しっかりとくっついてくれる。ジャージ生地だと接着剤でくっつくのは内部のネオプレン部分のみで表面のジャージ部分は付かないので全面の接着はできない。ジャージ部分はそのまま破れたままにするか、縫ってつなげてあげないといけない。


両面スキンのロクハンもだんだんと劣化してきて、表面がガサガサになってきた。小さな傷も目立つ。こういうところからサクッと破れるので、今後も簡単に破れることが続くようであれば寿命かな。今年はドライもあったので使う機会が少なかったけれど、このスーツで3回冬を越すことができた。あと1シーズン、できたら2シーズンは使えるとありがたい。破れやすく寿命も短い両面スキンのウエットスーツですが、やっぱり暖かくて冬のダイビングには欠かせないので、次にロクハンのスーツを作る時も両面スキンにする予定です。

ゴムのりは加硫反応によってゴム同士が一体化するようにくっつくので、仕組みを考えてもやっぱりゴムとゴムをくっつけるならゴムのり。アクアシールで横着しようとしたのが間違いでしたね。アクアシールでくっつけて汚くなってしまったところはちょっと恥ずかしいですが、仕方ないので来シーズンそのまま使います。

【追記】2016.6.9

ウエットスーツと同じ素材のクロロプレンが主成分のゴムのりもありました。成分が同じなので、こちらの方が適していると思います。


汎用品を買わなくても普通にアクアラングが出しているゴムのりを買えば良いのですけれどね。アクアラングのゴムのりには内容成分が特に書かれていませんが、これと同じクロロプレンだと思います。

ちなみに、天然ゴムが主成分の自転車用ゴムのりで接着したウエットスーツですが、全く問題なく付いています。万が一、剥がれなどが出てきたらここに追記しますね。
『マリンスポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2016年4月の1枚 | トップ | ホーシューで小物探し »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL