divine

ディバインの連絡

愛知県ユースU-10西尾張代表決定リーグ

2017-05-16 12:25:16 | 大会結果
5月14日、愛知県ユースU-10西尾張代表決定リーグ戦が行われました。各予選を1位通過した4チームによるリーグ戦を行い、1位のチームのみが愛知県大会出場となります。

初戦の相手は一宮FC。3年生時に西尾張大会を優勝しているチーム。前線のパワフルかつスピーディーな攻撃への対応、ゴールを奪う形、攻撃のイメージを確認してピッチへ。



立ち上がりから前線へのロングボールを多用してくる相手にうまく対応するディフェンス陣とは対照的に、攻撃陣のパスミスが目立ちます。前線での奪われ方が悪く、あわや失点という場面をキーパーの体を張ったセービングや判定にも助けられピンチを乗り切ると、持ち前のドリブルを主体に攻撃のリズムを掴み始めて前半終了。そのままドリブルでの仕掛けを主体に攻撃を仕掛けることをテーマにピッチへ。後半は終始ディバインペース。右サイドからの攻撃でゴールへ迫り、ついに均衡を破ります。右サイドを何度も突破し、センタリング、FWの見事なヘディングシュートが決まり1-0!その後も相手の攻撃を跳ね返しながら攻め続け、コーナーキックからまたしてもヘディングシュートが決まり2-0とし、そのまま試合終了。








続く2戦目は、お互い初戦を勝利して迎えたエルニーニョ美和との一戦。

立ち上がりからボールを支配しながら攻撃を繰り出します。細かいミスが目立ったものの、右サイドを中心とした攻撃でゴールに迫り、奪ったコーナーキックから先制点をあげると、後半もオーバーラップした右サイドバックの選手のセンタリングから追加点。さらに攻撃が機能し、4-0の快勝。

3戦目は愛知FC一宮。引き分けでも県大会進出が決まるゲームではあったが、この日のベストパフォーマンスを出すことを選手と確認し、ピッチへ。

攻撃を仕掛けながら、ボールを失う場面が何度かあり、うまくシュートまで持って行けなかったものの、この日何度も奪ってきたコーナーキックをクイックにスタート。意表を突いた攻撃で先制点を奪い、試合を優位に進めます。後半はメンバーチェンジも行い、この日大活躍のトップ下の選手がスルーパスに反応、相手キーパーのタイミングを外す見事なシュートで2-0。見事3戦全勝、無失点で愛知県大会出場を決めました!








西尾張予選を勝ち抜いたものの、攻撃の形が少ないこと、守備から攻撃へ移る時の不安定さなど、課題も多く出た3試合でした。愛知県大会まではまだ時間があり、まだまだ成長できる時間が残されています。
西尾張地区の代表として恥ずかしくないパフォーマンスを出せるよう、7月の愛知県大会に向けてさらに成長していきたいと思います。

朝早くから会場設営をしていただきました、西尾張サッカー協会の皆様、会場担当の皆様、対戦していただきました各チームの皆様、ありがとうございました!
また、この日も多くの声援を送っていただきました保護者の皆様、ありがとうございました!



愛知県ユースU-10西尾張代表決定リーグ戦

VS 一宮FC 2-0
VS エルニーニョ美和 4-0
VS 愛知FC一宮 2-0

愛知県大会は7月2日、応援よろしくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西尾張キッズフェスティバル | トップ | U-15県リーグ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL