divine

ディバインの連絡

シリウスカップU8

2017-06-20 11:44:51 | 大会結果
6月17日(土)、小学2年生がシリウスカップU8に参加しました。
午前中に予選リーグ、午後に順位決定トーナメントを行う大会方式。2年生にとっては今回が初めてのカップ戦とあって、気合十分で臨みました!

予選リーグは、積極的にボールを奪い果敢にドリブルでしかける姿勢が強く、相手を圧倒します。2戦2勝とし、予選リーグをグループ首位で突破。午後の決勝トーナメントへと駒を進めました。

決勝トーナメント初戦でシリウスBを相手に2-0で勝ち上がると、続く準決勝の相手は八事FC。これまでの相手とは違いしっかりフォーメーションを組んでくる相手に対し初めは戸惑いますが、積極的なプレスが復活すると終始ディバインペース。それでもゴールが遠く、0-0のまま勝敗の行方はPK戦へ。もちろん初めてのPK戦。一人目からサドンデスという方式で緊張感がある中、ディバインの選手は2人が決め、相手の2人目のキックをゴールキーパーがわずかに足で触りポスト。PK2-1で勝利し、決勝進出を決めます。
決勝の相手はシリウスA。お互いに球際を強く戦うチーム同士の対決となり、白熱した試合展開を見せます。ここまで多少強引にでも縦に突破できていたドリブルが徐々に通用しなくなり、また相手の早い攻守の切り替えとドリブル突破に押され気味になると、一瞬の隙から突破を許し失点。そのまま0-1にて敗戦。試合終了と同時に、張りつめていた緊張から解放され、またここまで気持ちを全面に出して戦ってきたにも関わらずあと一歩のところで優勝を逃した悔しさから涙を流してベンチに戻ってくる選手が多く、選手たちの成長にとって本当にいい経験となりました。











結果としては最後のところで敗れ準優勝とはなったものの、大会を通して気持ちを前面に出したプレーと、勢いのあるドリブル突破には驚かされました。ただ、今後は力強さに加えてボールタッチの技術を身につけていかなければ、ドリブルが通用しなくなってくるのは事実。最後のところでその課題を実感できたのもまた収穫で、今回の悔し涙を今後の成長につなげていけるかが勝負です。とはいえ、勢いに乗ったドリブルの中でも、相手をよく見てかわしていくタッチやスペースをしっかり見つけて運ぶドリブルが多く見られ、今後の成長が十分に期待できる内容でした。





厳しい暑さの中、大会を運営してくださいました関係者の皆様、遠方まで送迎、応援に駆けつけてくださいました保護者の皆様、本当にありがとうございました。

VS.大磯FC 6-0
VS.瀬戸FC 2-0
VS.シリウスB 2-0
VS.八事FC 0-0(PK2-1)
VS.シリウスA 0-1
準優勝!


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« U-12県リーグ | トップ | Uー15 Aチーム 高浜戦 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL