BLUE HEAVEN

11/05ファイナル大瀬崎ツアーレポ開始 2016灼熱の石垣島レポ中断




魚河岸 丸天 魚河岸店

2016-10-14 09:10:28 | 伊豆諸島の美味しい店

2016/09/24   カサゴの唐揚げ500円


YOKO組9・24日帰り大瀬崎ツアー、帰りのお楽しみ夕食は伝家の宝刀・丸天へ♪
何しろ今回は人数がMAXの5人なので、色々オーダーして食べるには最高の人数と言えます。
超人気店ながらタイミング良く早めに行ったので待たずに入れ、しかも奥の座敷6名席で広々とOK。
いつものようにコスパの高いスタンダードなメニューを主体に、ご飯セットと一緒にモリモリ頂くことに。
お店の看板メニューでもあるカサゴの唐揚げは相変わらずの美味しさ、バリっとサクッとふんわりと最高です!
YOKOさんのリピート率が高いので、嬉しいことにお店から賄いチキンカレー大皿のサービスもあり♪♪
今回ももちろん味も価格も雰囲気も大満足、しかもたっぷり食べて1人なんと900円というリーズナブル価格!!
まさに信頼のおけるお店、大瀬崎の海も変わらぬ素晴らしさだったけど丸天も貫いていて感激です。






いつも通りの店構え、見るからにカサゴの唐揚げが上出来だったので期待が高まります。






どれもこれも美味しそう、そして安い魅惑の手書きメニュー。





まずは生しらす350円からスタート、飲まずにアラ汁&ご飯セット200円で大人しく食べるスタイル。
もちろん新鮮で文句なしの美味しさ、風味を楽しみながらこれにはご飯がグイグイ進んで行きます。





ここでいつも従業員さん、「いつも来ていて頂いてるので~」と大きなお皿を持って来てくれました!!
なんとお皿にはカレーがたっぷりと~ 「賄いで作ったカレーなので一緒に食べて下さい」と感激のサービス!!!
いやー、ホントに嬉しいですね、チキンが入った家庭的なカレーでメチャウマでした♪




そして続いては生シャケ皮南蛮漬け280円、御酢が効いて玉葱がシャキッとヘルシーな一品。
最強な栄養を誇る鮭の皮だけに疲れた体に最適、美味しく食べられるよう調理されていて最高でした。





ここでいかげそ唐揚げ300円が登場、下味がしっかりと付いてるので間違いない美味しさです。
いつも感じるのですが揚げ方が素晴らしい、食感も抜群でこれまたご飯が益々進みます。




更には新鮮な生いかげそ250円を頂きましたが、これがまた絶品で思わず笑顔になってしまいました。
イカってホントに美味しいですね~ 煮て良し焼いて良しだけどやったり生が一番でしょうか。




さぁ、ここで登場したのが個人的には丸天で一番大好きなアラ煮350円です。
濃厚なタレが絡んでトロトロなお味、とにかく味が染み込んで頬っぺたが落ちそうになります。
いつも訊いてしまうけど、この夜も敢えて「何が入ってますか?」と尋ねると「カンパチ・マグロ・ブリ・サーモンですね~」と。
いやー、美味しかったですね~ 身がたっぷり入ってこれで350円は凄過ぎます。





幸せの夕食タイム、たっぷり食べた後は順調に21時半横浜西口に到着しました。
これにてYOKO組9・24日帰り大瀬崎ツアーレポ完了へ。
天気は悪かったけど、ダイビングも食事もメンツも素晴らしく大満足な一日に。
また行く事が決まったら直ぐに発表したいと思います。








ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« YOKO組9・24☆大瀬崎日帰りツ... | トップ | Cocoのチーズバーガー&ポー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アットホーム・・・・ (hiyoko)
2016-10-16 16:48:14
ホント丸天の写真をみるとまたすぐ大瀬崎に行きたくなってしまいますね。ガッツリ潜った後のあのご飯、美味しいんですよね~しかも激安。 みんなで撮った写真もアットホームで幸せすぎだ、秋の大瀬崎!
秋のホームグランド (DBH)
2016-10-16 23:34:24
これぞYOKO組の大瀬崎ツアーという一幕でしたね♪10/22(土)or10/23(日)にラストツアーがあれば実現に向けたいものです!最後にもう一度行きたい!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。