☆ Universo & me ☆

猫の事、世の中の事、歌の事、ソプラノ歌手のつれづれ

生き残りに罪悪感

2017-05-19 18:11:26 | Weblog

人生には沢山不幸が有る。

一生、何も悪い事を経験しない人は存在するのだろうか?

事故に遭って、自分独りだけ生き残り、生きている事に罪悪感を抱く人は随分と多い様だ。

 

地震で大津波が来て、目の前で濁流に巻き込まれていく人々を見て、生き残れた人。

火災で家族が皆死んでしまって、独りだけ生き残った人。

大切な人を失って自分だけ生きている人。

 

色んな状況で、自分が助かった事に罪悪感を抱く人に言いたい。

何も、罪悪感など抱く必要は無いと言うこと。

 

「自分だけが生きているなんて、ずるい!」と思うのではなく

「あんな状況で助かるなんて、なんて運が良いのだろう!!」

と思って、幸運に感謝するべきだと思う。

 

私はまだ小学三年生で8歳の時に、家が全焼して、5年生で11歳に成ったばかりの兄だけが死んでしまった。

家がごうごうと焼けていくのを見ただけでも、あまりのショックに涙が出てしまったのだが、

兄が死んだ! と父から告げられた時には、火が付いたように泣き出して止まらなかった。

 

お葬式の時も、独り、大声で泣き叫んでいて、父が

「もういいから、もういいから・・・・」

と声を詰まらせながら言ったのだが、止まらなかった。

 

まるで「泣き女」の様だった。

別に自分が生き残ったからと言って、罪悪感は抱かなかったのだが、

父のあまりの嘆き様に、息子は一人しか居なかったから

「一粒種の息子が死んでしまった・・・・」

と嘆き悲しんで、あれは8月だったから、それから20か月も呆然として、お経三昧の日々を送り、仕事は一切しなかった。

 

そんな嘆き悲しむ父を見て、非常に可哀想に感じ、娘なら私が3番目で3人も居るから、兄の代わりに私が死んであげれば良かった!

と真剣に思った。

 

若しか私が死んでも、父は同じように嘆き悲しんだそうだけど。

 

罪悪感は全くない。

でも、悲しみは一生消えない。

 

それだけでも十二分に辛いのだから、罪悪感に苛まれるなんて、これは人生を棒に振るだけ。

だから、「自分はとても運が良いのだ!」

と神様に感謝して過ごした方が心が健康に成って、前に向いて進んで行ける。

 

亡くなった人は、自分が殺したのではないのだから、何も、自分が生きている事を罪に思う必要は全く無い。

 

もっと自分を大切に、自分を愛して、感謝して生きましょう!!

 

 

 

追記: どうしてこんな事を突然書きたくなったのだろうか?!

   と思っていたら、今日は兄の誕生日でした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウニヴェルソ | トップ | so-net はぷららよりも速い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。