☆ Universo & me ☆

猫の事、世の中の事、歌の事、ソプラノ歌手のつれづれ

これぞ本物のルチア

2018-01-13 23:37:57 | 音楽、芸術

マリアカラスのルチア狂乱の場

1952年カラス29歳の全盛期のライヴ録音

ドニゼッティ作曲「ランメルモールのルチア」

これを聴けば、如何にマリアカラスのテクニックが凄かったか、声が凄かったのかが分かります。

2オクターブ半を全て美しく鳴らして、自由自在に歌っているだけでなく、表現力も凄いです。

これが本物のルチアです。

今では、高音しか出ない細い声のソプラノばかりが歌っていますが、本来この役は、ドラマチックソプラノで、高音が出せ、且つ、コロラトゥーラが出来る人の為に作曲された役です。

私は17歳で声楽を始めた当初から、カラスのレコードばかりを聴いて育ってきたので、カラスの歌っている役を、現在のソプラノが歌っているのを聴くと、みんな下手にしか聴こえませんでした。

今でもそうです。

デルモナコのオテロや道化師を聴いて育ったので、他の誰を聴いても、みんなへたくそに聴こえました。

 

今も勿論、一人も聴きたい歌手は居ません。

本気でオペラ歌手を目指すのなら、本当の本物を聴いて勉強するべきです。

本物の世界一をお手本に必死で勉強すれば、相当に上手く成れる可能性はあります。

目標の程度が低いと、決して本物には成れません。

 

カラスやデルモナコには成れなくとも、少しは近い所まで登れるかも知れません。

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
 
 
 

 

ジャンル:
歌手
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベルカントのテクニック | トップ | ベルカント唱法呼吸法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽、芸術」カテゴリの最新記事