☆ Universo & me ☆

猫の事、世の中の事、歌の事、ソプラノ歌手のつれづれ

時差の求め方

2017-06-13 20:16:00 | 仕事
 
 
 
 
 
これが時差の公式ですが、分母に成っている15はどこから出てきたのでしょうか?
 
これは
 
地球の1回転=360度
それを一日は24時間だから、360÷24=15
 
つまり、15度で1時間の時差が出る事に成ります。
 
そこからこの15と言う数が出てきました。
 
 
 
中学の中間テストにこの「時差を求める問題」が出るのですが、学校では公式について説明してくれないそうです。
 
それで調べたら、公式に使われている数字の意味が分かりましたので、掲載いたします。
 
 
私の子供の頃も、学校の先生は、数学の公式についても何も説明してくれなくて、先生なんぞは大嫌いでしたが、今の小中学校でも、大事な事を全然教えない教師が多く存在しているそうです。
 
 
そして、教えもしないのに、テストには出題するとは、教師失格です。
 
 
「生徒の悩み相談室」には喜んで成りましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
 
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 形の良いシャツ | トップ | 北海道神宮祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仕事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。