distan日誌(旧)

2010/02/14 livedoorに引越しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロング・エンゲージメント

2005年03月14日 | 映画・やらわ行


予告編では、わりと「純愛モノ」っぽく描かれていますが、実際は、ロマンスと戦争とミステリーをミックスしたような作品でした。
ロマンスの部分は、マチルドとマネクの子供時代の描写など、とてもほほえましかったし、セピア色の映像美を十分に堪能することができました。
戦闘シーンは、暗く重くて、プライベートライアンのようにリアル。
肝心のミステリーの部分ですが、登場人物が多く、人間関係の把握にちょっと骨が折れました。
謎解きの面白さでぐいぐい引っ張っていくという感じではなかったなぁ。
ジョディ・フォスターには、驚きました。フランス語上手に話しているし。「端役でいいから使ってほしい」と、本人が監督に頼み込んだんだそうですね。

 ←ブログランキング参加中♪
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (33)   トラックバック (79)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今度は、自分の著作権 | トップ | 花とアリス »
最近の画像もっと見る

33 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
純愛 (RICO)
2005-03-15 11:41:36
RICOも純愛かなって思って見に行きました。

ベースは純愛なんだろうなって思った

RICOもあれだけ好きな人を思い続けられたらなって思った映画でした。

 (preston)
2005-03-16 21:59:08
やっぱJ・フォスターなんですか??

すっごい疑問だったんですよ~フランス語だったし。
初めまして (ぶぶ)
2005-03-20 12:27:09
TBありがとうございました。

ここのブログも映画好きな人が多いんですね~。

私も映画好きですが~・・・。

何かあったら教えて下さいね~^^
トラバTHNKSです。 (Nico)
2005-03-21 02:10:39
はじめまして。トラバありがとうございます。沢山映画のレビューをされてるんですね。これから楽しみに読ませていただきます。
はじめまして!! (NaughtyBoy)
2005-03-21 02:26:06
TBありがとうございましたm(__)m

予告から想像していたピュアな恋愛映画とはあまりに様相が違っていて驚いたのですが、【アメリ】のイメージからの脱却と思えば大成功なのかもしれないですね。

とは言え、しっかりファンタジックな部分も残しつつ…なトコロが【アメリ】ファンにとっては嬉しいですよね♪♪

トラバありがとうございます。 (denkihanabi)
2005-03-21 23:20:44
けっこう皆さん見てますね。劇場は空いてましたが、ジャン・ピエール・ジュネってことで、やっぱり注目度は高いんですね。
トラックバックありがとうございます。 (for-stray-sheep)
2005-03-22 00:09:25
初めまして!

ジョディ・フォスターが出てきたんですか?

私、全然気付きませんでした・・・。軽く鬱。

どこに出てきたか教えてもらえませんか?

TBさせていただきました (プチネコ)
2005-03-22 00:25:37
こんばんは、distanさん。

おっしゃるとおり、人間関係を把握するのが大変でした。

映像美は素晴らしかったですよね。

他にはない独創的なものがある映画だなと思いました。

◆for-stray-sheepさま◆ (distan)
2005-03-22 03:51:32
バストーシュとの間に子供を作るよう、夫に頼まれるのですが、その結果、本当の恋に落ちてしまうという女性です。結構、過激な場面もこなしていました。

マチルドが、パリの大きな市場に彼女を訪ねるシーンがありますよね。そこで初めて、登場します。

大女優の風格十分でした。
TBありがとうです。 (chenqui)
2005-03-22 12:33:20
ジョディフォスターに似てるなと、思っていたらエンドで名前が出てやっぱりと。へぇ、そんなに出演したかったんですね~。
TBありがとうございます! (anupam)
2005-03-22 20:05:49
プライベート・ライアンも好き嫌いの問題ではなく、見る「意味」というか「必要」のある作品ですね。この映画もまさしくそうだと思います。

ちょっとストーリーは込み入っているので、途中で理解することはギブしました
TBありがとうございました (バニラみるく)
2005-03-24 00:11:50
 ジョディ・フォスターがエンドロールに登場したとき、えっまさか・・って思っていましたが、昨日観た方から知っていましたか?って聞かれて、やっぱりそうだったんだって・・・。

 もう一回観ちゃうかな。
作品の良さを探しています。 (ニーズの森)
2005-03-24 23:53:38
 映画の作品は、人間と同じように長所と短所があると思っています。私は、できるだけ長所(よさ)を探すように心掛けています。予告編から伝わってくるメッセージを感じて、精選して観ていますので、どの作品も私にとって秀作です。パンフレットも先に買っています。TBありがとうございました。
TB&コメント有り難うございます  (海音)
2005-03-25 07:31:33
 こちらでもTBさせて頂きました。有り難うございます。ジョディ・フォスターには驚きました。出ているとは思いましたが、あんなちょい役で・・・、HPに行っても分からなかったので、こちらで理由が分かり有り難うございました。

TBありがとうございます。 (hal)
2005-03-25 16:08:22
ろうそくを消して、服を1枚ずつ脱いでいくようなおちゃめなシーンが結構きにいりました。こういうシーンがもう少しあってもよかったような気がします。
TB有難う御座います (ayakaka)
2005-03-25 22:22:10
私もdistanサン同様にセピア色の映像美がとても印象に残っています。
初めまして (ゆに)
2005-03-26 00:09:33
TBありがとうございます。こちらからもTBさせていただきました。

ジョディ・フォスターの裏話には驚きました。自分から頼み込んでいったとは。大物女優も注目するほどの映画だったのですね。
はじめまして&TB御礼 (ひさ)
2005-03-26 02:00:42
 "CLOVER HEART"の ひさ です。

 TBありがとうございました。

 ブログを拝見しました。distanさんの文章がとても読みやすくて、色んな映画の記事を楽しく拝見させいただきました。



 「ロング・エンゲージメント」は「オペラ座の怪人」を観賞した際の予告編がきっかけで観ました。

 予告編と本編のギャップに驚いたものの、それが私にとっては(良い意味で)裏切られたなー、と思います。

 マチルドの一途さはもちろん、マネクの純粋さに涙が出ました。

 女友達に勧めたくなる作品です。
◆ひささま◆ (distan)
2005-03-26 03:49:38
私の拙文にお付き合いいただきまして、ありがとうございます。

私も、「オペラ座の怪人」を観た時の予告編で、ああ、これは観なきゃと思って、出かけた一人です。「アメリ」は、まだ観ていないのですが、そのうち絶対に観まーす。
Unknown (Ana)
2005-03-26 19:25:49
TB有難うございます!



シビアに仕事を選ぶJFが監督さんに頼み込んでも

出演したかった作品だし、ジュネ監督独特の良さ=

面白さが出ていてやっぱり良かったのでした。。



次作も楽しみ! きっとあるわよね。。



TBありがとうございました (natsumi)
2005-03-27 11:57:59
TBありがとうございました(^o^)丿

私としてはロマンスと戦争とミステリーと欲張った映画だなぁと思いました。

もっと映画自体長くしてゆっくり見たいかな。
TBありがとうございます♪ (momoyoyo)
2005-03-27 12:17:10
お初です。TB、どうもでした~~♪



momoyoyoは終始、切なくて・・・ずっと目に涙でした。

同じく人間関係の謎解きは骨を折られますね。特に仏の俳優さんって日本で知られている人って結構少ないと思うので。なかなかマッチングしないですね~(^^;



こちらからもTBさせていただきます。

また遊びに来ますね~~~☆

TBありがとうございました (Gachami)
2005-03-28 00:46:45
はじめまして。

こちらからもTBさせていただきました。



わあ、結構この映画人気ありますね~

私、涙も出なかったし、次回作はもういいか、というカンジなのですが...

確かに映像はとても綺麗でしたね。



これからもよろしくです。
TBありがとうです☆ (永遠)
2005-04-06 01:15:46
TBありがとうございました。

映画、たくさんご覧になっているのですね♪

私も観た作品がたくさん!

まだ感想は少ないですが、

また同じ作品があったらどんどんTBさせていただきますね。

これからもよろしくお願いします。
TB有難うございました。 (べる。)
2005-04-10 03:32:41
こんばんは。

TB有難うございました。

この映画を見に行くのはどうしようかと迷いましたが、

地元の映画館が今週で終了となっていたので見ることにしました。

登場人物が多くて一瞬ゴチャゴチャになって戸惑いました。

ラストの展開には”そうなっていたのかー!”と意外で。

映像がとにかくきれいだったな、と思いました。
TBありがとうございました (太鼓屋)
2005-04-10 10:03:36
ブログ始めたばかりで、未だほとんど記事らしい記事も無いですが、これから色々な作品の感想を書き連ねて行きたいと思います。

distanさんの他の作品へのコメントもじっくり読ませていただきますね。
Unknown (きたじ)
2005-04-10 22:27:57
トラックバックありがとうございます



私的には「アメリ」の方がほんわかして好きだった

のですが

今回のは人間の生と死と性を描いてる気がしました

アメリカ映画じゃない、いい雰囲気がありました
TBありがとうございました (escape)
2005-04-10 23:12:16
始めまして。TBありがとうございました。

予習しないでこの映画を観たので、機会があればもう一回観ようかな、と思ってます。

もうちょっと時間をたっぷり使ってくれていたら

もっといい映画だったかな?なんて思います。
人物相関図 (chishi)
2005-04-11 02:14:38
覚えて理解するのに、

ちょっと骨が折れました…というか

多分まだまだ見逃している部分が多そうです。

戦争のシーンも暗くて重くて

身体にも心にもズシンってきましたし

精神的に余裕があって、頭がスッキリしてるときじゃないと

楽しめない作品だなぁって思いましたよ(汗)
◆chishiさま◆ (distan)
2005-04-11 06:46:33
お久しぶりです。力の入ったいい映画なのですが、確かに、相当コンディションが良くないと、観る側としては、ちょっと辛いものがありますね。
はじめまして。 (sole-luna)
2005-04-17 20:08:09
TBありがとうございます。

私の周りには観たって人がいないのですが、けっこう皆さんみてらっしゃるんですね。

ジュネ監督作品を観たのは「アメリ」に続いて2本目ですが、結構好きな作風です。
え? (師走)
2006-05-03 17:14:22
ジョディ・フォスターじゃなくて、オドレイ・トトゥじゃないの??ダ・ヴィンチ・コードにも出るけど
◆師走さま◆ (distan)
2006-05-07 18:23:09
いえいえ、主役じゃ、ないですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

79 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ロングエンゲージメント (K-EN\'Z WEB)
 一般公開前に観た!というささやかな優越感に小突かれて何か書くべきだと思わされなかった限り,きっと金を払って観たとしても,そのまま何事もなくスルーして朝まで安らかに眠っていたことは間違いないと断言できるほど,何か取り立てて書くべきことが見つかりません.
★★★「ロング・エンゲージメント」オドレイ・トトゥ、ギャスパ... (こぶたのベイブウ映画日記)
「歩くとき、痛くない?」恋の始まりを予感させる最後が良かった。ジョディ・フォスターは素敵だし、美しい映像、セリフも面白かったです。「君の微笑は、幸せの幕開け」「希望がないなんて、死んだほうがまし」「犬がオナラをするのは幸運の印よ!」でも、登場人物がやや...
ロング・エンゲージメント (CINEMA正直れびゅ)
「アメリ」のキャスト・スタッフが再結集したこの作品、予告編の出来が、これまた素晴らしい。ジュネ節満載のラブ・ミステリーとくれば、初日に観に行かないわけには行かない。20世紀初頭のフランスが舞台で、全編セピアカラー。「アメリ」とはちょっと違ったトーンで、マ
ロング・エンゲージメント (It\'s a Wonderful Life)
予想以上の力作で満足しました。とにかくどの場面をとってもムダな画面が 無いと思った位、全編の画面の美しさは特筆もの。 「アメリ」のジャン・ピエール・ジュネ監督が10年も前から暖めていた 企画だとか。 「アメリ」が大好きな人には、オドレイ・トトウが主...
ロング・エンゲージメント (akiのときどきつけるblog)
「ロング・エンゲージメント」試写会に行ってきました。 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督、オドレイ・トトゥ主演で、ストーリーは全然違うけど、やっぱり「アメリ」に似た展開でした。オドレイ・トトゥ演じるマチルドが恋人の戦死の知らせを信じられず、様々な手が
『ロング・エンゲージメント』を観る。 (-PARADOX-)
題名:ロング・エンゲージメント(R-15) 時間:134分 監督:ジャン=ピエ
二回観ないと分からない。でも二回観るのはキツい◆『ロング・エンゲージメント』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
3月7日(月)試写会にて 今日は『ロング・エンゲージメント』の試写会。 自力で当選した試写会に来るのは2ヶ月ぶりだ。 最近は試写会当選率がめっきり悪くなったというのに、これは今日のと明日のと2通も当選していた。 『アメリ』が大ヒットしたジャン=ピエール・ジ
試写会・『ロング・エンゲージメント』 (uchi-aぶろぐ@WebryBlog)
今日は試写会に行ってまいりました。 その作品とは、最近よくテレビで、 「『アメリ』のなんとかで見ますか? それともアカデミーのなんとかで見ますか? 山は死にますか?」 みたいなCMが流れているので、 結構皆さんご存知の方も多いことでしょう。 『ロング・エン
『ロング・エンゲージメント』を観て来ました!#56 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
2004年フランス映画 シネマスコープサイズ 2時間13分 監督:ジャン・ピエール・ジュネ キャスト: オドレイ・トトゥ ギャスパー・ウリエル 配給:ワーナ・ブラザーズ映画 ▲公開2日目のレイトショー最終上映。一番大きな定員405名のスクリーンで観賞。 鑑賞者
『ロング・エンゲージメント』 (ラムの大通り)
-------この映画知らないにゃあ。 「だけど今に話題になるだろうね。 監督がジャン=ピエール・ジュネで主演がオドレイ・トトゥ。 つまりは『アメリ』の黄金コンビ」 ------ということは、またまたこだわりの映像が観られるわけだ。 「そう。しかも今回は思いっきりレトロ。
CAC映画評:「ロング・エンゲージメント」 (言語生活)
 最近、公開された「ロング・エンゲージメント\"Un Long Dimanche De Fiancailles\"」のCinemaauCinema.comにあった映画評を訳しました。フランスの批評サイトでは、なかなかどこも好印象のようでした。ただ、カイユ・ド・シネマはあまりいい得点ではありませんでした。僕は
ロング・エンゲージメント (ルナのシネマ缶)
試写会で一足早く観てきました。 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネと オドレイ・トトゥのコンビによる 作品だから、ファンタスティックな ミステリーを想像していましたが、 結構生々しい戦場シーンがあり、 以外ときついかもしれません!! 舞台は第一次大戦
ロングエンゲージメント 2004 134分 (極私的映画論+α)
 第一次大戦下のフランス、ブルターニュ地方。幼い頃の病気の後遺症で脚が不自由なマチルド。戦場に旅立った恋人マネクの帰りを待ちわびていた彼女のもとに、ある日、マネク戦死の悲報がもたらされる。彼を含めた5人の兵士が軍法会議で死罪を宣告され、武器も持たずにドイ
『ロング・エンゲージメント』 (京の昼寝~♪)
 “直感”を信じる。   それは、“奇跡”に耳をすますこと。 ■監督 ジャン=ピエール・ジュネ ■脚本 ギョーム・ローラン ■原作 セバスチャン・ジャプリゾ(「長い日曜日」) ■キャスト オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン、クロヴィス・
ロング・エンゲージメント (ネタバレ映画館)
 激しい空爆と爆破シーンが生々しく臨場感たっぷり・・・一瞬、聴覚を失ったような感覚に陥り、観客は塹壕の中に隠れている兵士のように凍りついた。  戦争の悲惨さ、空襲を受け爆撃されるだけではなく、味方の軍の中にも悪魔が潜んでいるという異様な重苦しさをも表現し
「ロング・エンゲージメント」(試写会) (なつきの日記風(ぽいもの))
リアルな戦場に描かれるおとぎ話。「アメリ」の監督・ヒロイン、キャストによって描かれるフランス製、ハリウッド映画。 原題:UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES 英題:A VERY LONG ENGAGEMENT 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 原作:セバスチャン・ジャプリゾ 脚本:
ロングエンゲージメント (blythe maniax)
公開日翌日の本日見てきました。 CMのみを参考として、見にいくか、と。 アメリのような、夢いっぱい!を想像されている方は見に行かないほうが身のためです。 以下ネタばれなのでご注意。 見に行くまでR15指定がついていること知らなかったのですが・・・・、R15どころじ
★「ロング・エンゲージメント」 (ひらりん的映画ブログ)
アイアン・アイ(鉄の目)のひらりんも、 一日2本映画を見ただけで眼医者通いになってしまいました。 まっ、そんな事はどうでもいいんだけど。 この作品はその2本目。 フランス映画は独特・・・なんだけど、 「アメリ」の監督と女優コンビの作品は見ておこうかな・・・っと
二度観てもやっぱり同じ◆『ロング・エンゲージメント』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
3月16日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 「二度観ないと分からない。でも二度観るのはキツイ」と言っていた 『ロング・エンゲージメント』を、もう一度観ることにした。 ジュネの作品は好きなので、登場人物が把握出来ずに置いていかれたことが悔しくて仕方なかったのだ。
ロング・エンゲージメント (KINOKANAL)
監督 :ジャン=ピエール・ジュネ 出演 :オドレイ・トトゥ,ギャスパー・ウリエル,ドミニク・ピノン,クロヴィス・コルニヤック,ドニ・ラヴァン,ティッキー・オルガド,マリオン・コティヤール 第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、
ロングエンゲージメント (おさんぽ日記)
CMではアメリコンビ(ジャン・ジュネ、オドレイ・トトゥ)の最新作! 宣伝文句がいかにも お洒落なフランスの恋愛映画っぽいが、 かなりリアルな戦争映画。 15禁ってことで、最初は過激なラブシーンでも出てくるのか(フランス映画だし)って思っていたら、まあ無駄
ロング・エンゲージメント (どんな台詞が気に入りましたか?) (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
「ロング・エンゲージメント」は\"希望\"を物語の核としており、希望に関する台詞が印象的だった。 「あまり希望を持つな」 「希望を持てないなら死んだ方がまし」 「偽りの希望は余計に苦しむ」 また、これは愛の映画であり、同時に謎解きミステリーでもある だからこんな
「ロング・エンゲージメント」を観た★★★★☆ (FindingMovie映画っていいね♪)
この映画、巷の評価はけっこう低いようですが、自分的にはかなりツボでした-☆観終えた時にはもうお腹いっぱいに-☆しかしながら、皆さんおっしゃるように、物語のミステリー部分のキーマンになる登場人物たちは、ちょっとゴチャゴチャしてよくわからなかった。皆フランス...
試写会「ロング・エンゲージメント」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「ロング・エンゲージメント」開映18:30@ヤクルトホール 「ロング・エンゲージメント」2004年 フランス 配給=ワーナー・ブラザース映画 監督=ジャン=ピエール・ジュネ、原作=セバスチャン・ジャプリゾ、脚本=ギョーム・ローラン 出演=オドレイ・トト
ロング・エンゲージメント (利用価値のない日々の雑学)
「アメリ」コンビが再び。それだけの理由で見に行った作品である。結論から先に言うと、素晴らしい、本当に見事で完成度の高い作品である。勿論「アメリ」も良かったが本作品はそれ以上である。どれくらい素晴らしいかというと、今年スクリーンで観た映画の中では、まだ採点
ロング・エンゲージメント (amapola)
マニクが生存しているかどうかよりも、隠蔽された事実よりも、オドレイ・トトゥ演じるマチルドの頭の中のほうが私の理解を超えていた。
「 ロング・エンゲージメント 」(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (俺の明日はどっちだ)
ご存知「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ、オドレイ・トトゥコンビの新作である「ロング・エンゲージメント」はいろんな意味でとても贅沢な映画だった。 基本的には一人の女性が戦場で死んだという恋人の死を受け入れることが出来ず、必死に彼の行方を探すというのが大
ロング・エンゲージメント (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
見事な謎解き戦争ドラマ。 深く心に響きました!
直感を信じる―「ロング・エンゲージメント」― (わかりやすさとストーリー)
もしマチルドが婚約者の悲報を聞いてそれまでだったら? 直感を信じて行動することによって奇跡が起こるのです。いえ、奇跡を起こすのです。人が作り上げたものが現実になっていくのです。人との良い関係を作りだすのもあなた次第。奇跡を作り出せるかどうかのカギはあなた
ロング・エンゲージメント (種々所感)
フランス映画って苦手なんです。 何かこう雰囲気で感じ取ってくれみたいな演出や、吐息みたいな台詞(言葉?)が 眠気を催してくれちゃうので。 多分この映画も、ミステリーと付いてなかったら観に行かなかっただろうと思います。 あらすじは、戦死だと告げられた婚約者が生.
ロング・エンゲージメント (そーれりぽーと)
芸術性の高い美しい映像で「ロスト・チルドレン」などのダークな映画を撮るかと思えば、穢れのかけらも無い現代のおとぎ話「アメリ」も撮る鬼才ジャン=ピエール・ジュネ監督。その彼が「アメリ」の主演女優オドレイ・トトゥと再び挑んだこの春一番の期待作ロング・エンゲージ
ロング・エンゲージメント (ORANGE Note)
『ロング・エンゲージメント』見てきました。一言...「恋愛物語と思ったら...つらすぎた。戦争シーンが...これは戦争映画です。」 「アメリのスタッフが、アメリよりも泣ける映画を作った」という前評判+映画好きの知り合いのススメもあって、すごく軽い気持ち
ロング・エンゲージメント (cococo)
色彩が、独特の映画だった。特徴的な色彩は、きれいだし、セピア調の雰囲気は好き。
ロング・エンゲージメント (面白い映画とつまらない映画はどこが違うのだろう?)
昨日、男に生まれてよかったと書いたが、忘れていた、男は戦争になると死にに行かされてしまうのだ。 「アメリ」のジャン・ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトウの新作なのに、あまり話題になっていないのは、戦争ものだからか。 第一次世界大戦を背景にした、ミステ
ロング・エンゲージメント (素直な時間)
原題:A Very Long Engagement 原作:セバスチャン・ジャプリ
ロング・エンゲージメント (アイラ島の潮風の香りを感じていたい)
ロング・エンゲージメント ☆☆☆☆★4.0 前作の「アメリ」が好印象だったので、
映画『ロング・エンゲージメント』 (EVERSMILE(エバースマイル))
原題:Un long dimanche de fiançailles英題:A Very Long Engagement監督:ジャン=ピエール・ジュネ製作総指揮:ビル・ガーバー、ジャン=ルイ・モンチュー原作:セバスチャン・ジャプリゾ脚本:ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン音楽:アンジェロ・バ
ロング・エンゲージメントを観て (★黄金郷(エルドラド)を求めて★ ça va?)
 三連休は映画をたっぷりと観るチャンス。楽しみにしていた「ロング・・・」を観にいった。意外に空いていたのには驚いた。オドレイ・トトウの「アメリ」を観るまで、正直フランス映画にはアレルギーに近いものがあった。ゴダール作品に共鳴できない私は、映画文化に対する.
ロング・エンゲージメント (みっちーの新米ママ日記)
今日は友達とロング・エンゲージメントを観に行ってきた。 久々に映画を観たのだが、やはり7ヶ月の妊婦には 2時間半もの長時間座って観ているのは辛い・・。 途中からトイレに行きたくなるわ、腰が痛くなるやらで あまり落ち着いて観る事ができなかった。 でも、アメリを
ロング・エンゲージメント (Movie Lovers)
公式サイト☆☆☆☆\"彼に何かあれば・・私にはわかるはず・\"という直感を信じて、マチルドは途方もなく遠い旅に出る・・この映画全体に・・象徴が溢れてたような気がします。冒頭の荒涼とした不毛なシーンに登場するキリストの像・・墓標が果てなく続く・・風景。対比とし.
ロング・エンゲージメント (海を見ていた)
 映画としてはいまいちだったが、色々考えさせられたし、色々楽しませて貰った。  
【映画】ロング・エンゲージメント (芸術に恋して★Blog★)
「ロング・エンゲージメント」は「アメリ」のスタッフで制作されたフランス映画。見に行く前からアメリのイメージが強く、恋愛が中心の映画と思っていたのだが、予想以上に戦争シーンが多かった。 話の筋は、第1次大戦後、婚約者マネクの悲報を知らされたオドレイ・トトゥ演
ロング・エンゲージメント (おしゃべり日記)
項目 ロング・エンゲージメント 見た日にち 3月23日 監督 ジャン・ピエール・ジュネ 出演者 マチルド・・・オドレイ・トトウ   マネク・・・ギャスパー・ウリエル 感想 (あらすじ)マチルドは、幼いころ、小児マヒにかかって、足が不自由だが、気性が、しっか
★★「ロング・エンゲージメント」観ました★★ (★★かずくんままのマネー&育児日記+α(オトク情報有です!!)★★)
先日観た「ロング・エンゲージメント」の感想です♪ 予告のイメージと合ってるような違ってるような映画でした。 すごく分りにくい表現(爆) 観ていませんが「アメリ」の女優さんと監督さんの最新作です。 「アメリ」は予告や特集でしか少し映像を観ただけです。 その
ロング・エンゲージメント (ヒマヒマ星人)
ロング・エンゲージメント観ました。 第一次世界大戦下のフランスが舞台。 戦場に行った恋人マネクが生きていると信じて、安否を確かめに奔走するマチルド(オドレイ・トトゥ)。 調べるにつれ、次から次へと謎が……という展開。 とにかく始まっていきなり、戦線を離脱する
ロング・エンゲージメント (movie impression)
(原題:A VERY LONG ENGAGEMENT 仏題:Un Long Dimanche de Fiancailles)  まぎれもなくこれは「信念」の映画だと思う。念ずれば何とかではないが、強い信念というのは時に思いも寄らぬ奇跡(と書いてしまうとチープに聞こえてならないが、だが奇跡以外の言葉は思いつ
ロング・エンゲージメント (サテライト☆常に雑草のように)
この日曜日に行ってきました。「きみに読む物語」を見に行った時に予告を見て、少し気になっていたので…。私はそれほど熱心な映画ファンじゃないので、お気に入りジャンルは何なのか自分でもあまり分からないんですが、たまに行く映画館で見るのは、SFっぽいのやらファンタ
ロング・エンゲージメント (CLOVER HEART)
 今回もレディースデイにあやかります。  「ローレライ」とどっちを観るか悩んだ末
ロング・エンゲージメント (のんびりぐ~)
作品:ロング・エンゲージメント(A VERY LONG ENGAGEMENT) 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 主演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン 公開:2004年 フランス 映画館 ロング・エンゲージメント 「マネク(M)はマチルド(M)を愛する(Aime)
“ロング・エンゲージメント”② (the prettiest thing)
やっと感想をUPできます。 この1週間、うまくチャンネルが変えれなくて、ずっと頭の中は『ロング・エンゲージメント』でしたから。 さて、改めての感想ですが、 やっぱり映像も音楽も話も俳優も見事に噛み合っていました。 ジュネ監督が『アメリ』より以前に映画化を熱望
ロング・エンゲージメント (デイリーしらたまこ)
[ロング・エンゲージメント]2004年 アメリカ UN LONG DIMANCH
ロング・エンゲージメント  ★☆☆☆☆ (Movie Page)
監督: ジャン=ピエール・ジュネ 出演: オドレイ・トトゥ / ギャスパー・ウリエル / ジャン=ピエール・ベッケル / ドミニク・ベテンフェルド / クロヴィス・コルニヤック 実は私まだ「アメリ」見たことないという、映画ファンの風上にも置けないやつなん
ロング・エンゲージメント (Noo・シネマ・パラダイス)
ロング・エンゲージメント(2004/仏=米) ■要するに、戦争から帰ってこない婚約者を「どこかで生きている」と信じて探し回るお話なんだけど、関係者から話を聞いていくうちに戦地で起きていた様々な事象が解き明かされていくという構成。トリックは結構単純なので謎解きとい
ロング・エンゲージメント (2004)フランス (LOOP THE LOOP~映画・音楽の部屋~)
「美しい映像だからこそ尚更グロテスクに映る。」
「ロング・エンゲージメント」見てきました! (心の癒し、自然の音~音景色~)
「ロング・エンゲージメント」見てきました~♪「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥ主演の最新作。「アメリ」の独特の雰囲気と不思議なテンポがこの映画でも効いていました。ストーリーは違うんだけど。でも戦争のシーンはかなり激しく、長く、空爆で
ロング・エンゲージメント (kikumasamune)
(原題:A VERY LONG ENGAGEMENT 仏題:Un Long Dimanche de Fiancailles)  まぎれもなくこれは「信念」の映画だと思う。念ずれば何とかではないが、強い信念というのは時に思いも寄らぬ奇跡(と書いてしまうとチープに聞こえてならないが、だが奇跡以外の言葉は思いつ
恋と肌と春 (美顔生活)
  3月の終盤から、すっかりブログの更新を サボってました(^^;) PC・携帯用のHPのリニューアルや、 チラシなど、色々雑務が多かったです。 わが町も、ほんの少しづつ暖かくなってきました。   さて、皆さんは旅行なんかを楽しんだり、4月からの準備
ロング・エンゲージメント (kikumasamune)
(原題:A VERY LONG ENGAGEMENT 仏題:Un Long Dimanche de Fiancailles)  まぎれもなくこれは「信念」の映画だと思う。念ずれば何とかではないが、強い信念というのは時に思いも寄らぬ奇跡(と書いてしまうとチープに聞こえてならないが、だが奇跡以外の言葉は思いつ
映画「ロング・エンゲージメント」 (本と映画と気まぐれに☆)
楽しみだったこの作品、早速観て来ました☆が、予告で勝手にイメージしていたのとちょっと違いました。愛のミステリー!?とやらはいいのですが、やっぱり戦争モノということで、結構残酷なシーンが多いなあ~と思いました。逆に言えば戦争の無意味さみたいなものを強く表現
ロング・エンゲージメント (シネマの実)
【好感度】 70% \"直感\"を信じる.それは,\"奇跡\"に耳をすますこと.
ロング・エンゲージメント&ジャンピエールジュネさん (ハレンチフレンチ大作戦*)
久々に映画館で見たけど、nikkiとしては「いやぁ、別に」と言う感じでした。もともと監督のジャンピエールジュネさん好きなのと「ぴあ」の特集とを読んで想像は出来たけど、余りにも想像通り過ぎてがっかり。アメリカ資本も入ってるんですね。だからハリウッドっぽかったのか
ロング・エンゲージメント (- P8 -)
前売りは早いうちに買っていたのに見るのがこんなに遅くなってしまった。 上映が終わるまでに間に合ってよかった。 で、感想。 「思ってたものと違った…」 私は映画館で見た予告しか予備知識がなかったんだけど、マチルダとマネクの恋愛、幼い時からのエピソードがも
ロング・エンゲージメント (或る日の出来事)
(c) 2004 Warner Independent Pictures. All rights reserved.UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES (A VERY LONG ENGAGEMENT)2004年 フランス作品監督 ジャン=ピエール・ジュネ出演 オドレイ・トトゥ、ドミニク・ピノン、シャンタル・ヌーヴィル、マリオン・コティヤール
ロング・エンゲージメント (無趣味人の非日常)
「アメリ」の印象でぼんやりと観に行ったのはまずかった。これはきちんと予習してから観るべきでした。まず登場人物が冒頭でたくさん紹介されて、「ええっ!?ちょ、ちょっと待って!」という感じ。誰が誰だかわからん。。。ストーリーから取り残されないように必死に観まし
ロング・エンゲージメント (無趣味人の非日常)
「アメリ」の印象でぼんやりと観に行ったのはまずかった。これはきちんと予習してから観るべきでした。まず登場人物が冒頭でたくさん紹介されて、「ええっ!?ちょ、ちょっと待って!」という感じ。誰が誰だかわからん。。。ストーリーから取り残されないように必死に観まし
「ロング・エンゲージメント」 (その日 思ったこと。)
おススメ度 ★★★★★ ★☆☆☆☆ どちらかと言えば、いい作品なんだと思います。 でも、何も予備知識がないまま見た場合は、 登場人物とそれに付属する伏線を理解して整頓するのに 1回見ただけでは難しいんだろうな~と思い、「6」にしました。 私も家に帰り「パンフ
ロング・エンゲージメント (太陽と月と...)
割引券をもらったので800円で観てきましたo(^-^)o CMを観て想像していたより、リアルな戦争の描写がたくさんあってびっくり。 対照的に、主人公マチルドの住むフランスの田舎の風景はとても美しく描かれている。 全体にセピア色がかった映像も素敵。 マチルドの婚約者マ
ロング・エンゲージメント (PICO*THEATRE)
予感を信じる好き度:★★★★★全編にわたるジュネ監督らしい、ノスタルジックで美しい映像に魅せられました。アメリは少しだけビビットな感じでしたが、今回は昔の話と言うことで全体的にセピアでまとめられています。そして情感たっぷりのすばらしい音楽。私も女の子(笑)
ロング・エンゲージメント (*call my name*)
ロング・エンゲージメントフランス・2004年/2005年3月日本公開/133分原題/A VERY LONG ENGAGEMENT公式サイト→■第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、死刑を宣告された。終戦後、5人の中の1人、マネクの婚約者だったマチルドは、戦
ロング・エンゲージメント (NaoLOG)
UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES A VERY LONG ENGAGEMENT 原作:セバスチャン・ジャプリゾ「長い日曜日」 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル 世界中を幸福の渦に巻き込んだ『アメリ』から3年、あのコンビが帰ってき
ロング・エンゲージメント (24歳の日々。)
をいつもの友人と観に行ってきたんですが…よかった!いや~、よかった!! 二人とも泣いちゃいましたよ。←泣きすぎコンビ(笑) 戦争の描写は結構リアルで胸が痛くなるほどだったけど、アメリと同じく、最後には心がホコッとなる映画でした。 前にも書いた言葉だけど、
最近観た映画 「ロング・エンゲージメント」 (なにから始めよう?)
ふと思い立って、休日の夜に観に行った。 「これ観たい」と言うよりも、「今夜観られる中で、何が良いかな?」という感じで決めた。 フランス映画なんだけど、ジャンル的には何になるのだろう? ラブ・ストーリーでもあり、戦争映画でもあり、ミステリーでもあり、不思議な作
映画『ロング・エンゲージメント』貴方は何点?結果報告!(№026) (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます!今回ご報告させていただくのは全世界に「アメリ」を送り出したゴールデンコンビの作品、「ロングエンゲージメント」です。この作品はどうも自分とはめぐり合わせが悪かったようでなかなか観に行く
映画☆批評【ロング・エンゲージメント】 (とりぷるだぶるVer.1.0)
評価 80点 「アメリ」のスタッフが再集結、オドレイ・トトゥ主演のラブロマンス映画。 もうとにかく感動の一言!!オドレイ・トトゥの演技にはほれぼれしますし、こんな純粋な 愛を見せられたらもう涙腺緩みまくりですよ。 (ネタバレになるので反転) 戦争で死んだと
■ロング・エンゲージメント (ルーピーQの活動日記)
 第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、死刑を宣告された。終戦後、5人の中の1人、マネク(ギャスパー・ウリエル)の婚約者だったマチルド(オドレイ・トトゥ)は、戦場で彼を見たという元伍長の話を聞く。マネクは生きている…そん.
ロング・エンゲージメント~オドレイ・トトゥ主演 (AKATUKI DESIGN)
アメリの主演で知られるオドレイ・トトゥ主演の「ロング・エンゲージメント」をDVD鑑賞した。 スタッフは監督含め皆アメリのスタッフだというのに、アメリとは異なる雰囲気の映画でした。 オドレイ演じるマチルドは戦争から帰らぬフィアンセのマルクの帰還を信じ、運命の糸
ロング・エンゲージメント-映画を見たで(今年167本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ジョディ・フォスター 評価:91点(100点満点) 完璧な映像美に圧倒される2時間13分。 愚直なまでのまっすぐな愛情は最後に奇跡を起こすのか。 アメリの不思議な感.
ロング・エンゲージメント (Lie to Rye)
出演: オドレイ・トトゥ, ギャスパー・ウリエル, その他 監督: ジャン=ピエール・ジュネ amazonより引用『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督、オドレイ・トトゥ主演、戦火に生きた真実の愛。圧倒的なスケールと映像美に貫かれた、究極のラブ・ストーリー 「アメリ
ロング・エンゲージメント (39☆SMASH)
『ロング・エンゲージメント』 あらすじ 『第一次大戦下のフランス。軍法会議により死刑を宣告された5人の兵士は、標的かのように敵陣との中間地点に置き去りにされた。その5人の中で最も若い兵士であるマネクにはマチルドという婚約者がいた。終戦後 ...