校長室日記(グァテマラ日本人学校in中米)

校長が見た①グァテマラ日本人学校の様子 ②教育情勢などを随時お届けいたします。

宿泊体験学習⑥

2016年10月11日 | 学校行事
竹とんぼ作りにチャレンジ
小学低学年は紙を材料に、高学年と中学生はナイフで竹を削って“マイ竹とんぼ”を作りました。写真は、手作り竹とんぼ飛ばしに興じている様子です。兼平先生からは、「竹とんぼが空中に飛び上がるのは、飛行機の尾翼の構造と一緒」と教えてもらいました。子ども達は分かったのでしょうか…?

熱く盛り上がった“宝探し大会”
  先生方が一人4枚ずつのお宝カードを校内に隠すと、いよいよ“宝探し”のスタートです。「あった!」という叫び声?とともに、見つけたお宝を持って多目的ホールに一目散! すると、カードに書いてある番号によって得点が与えられます。なかには、「マイナス20点!」というようなのもあるので要注意。
   宝探しになると盛り上がる中学生が、今回もおりました。写真は、カメラを構えていると…そのレンズの先に目をやって、「ここが怪しい?」と言いながら探し始めている様子を写した1枚です。なかなか私の心の中をよく見ているな…と感心しました。…で、見つけた宝の得点は何点だったのでしょうか?

 宝探しが終わると楽しかった宿泊学習もフィナーレです。閉会式では、「調理の鉄人」「宝探し」などで優勝した班の表彰をしました。また、一人一人がみんなの前に出て、「私は、調理実習が一番楽しかったです。その理由は…」というように、この2日間の感想を言いましたが、“九人九色(十人十色)”。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宿泊体験学習⑤ | トップ | Home Sweet Home ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL