グァテマラ日本人学校

日々の学校の様子をお伝えいたします。

「こころより」

2017-06-01 12:18:21 | 日記
6月、日本では梅雨。
グァテマラは雨季。
 日本では、じめじめとして蒸し暑くなりますが、この地では湿度が高くても、日本のような感じはありません。朝方もご覧のように、マンションに雲がかかったように濃い霧がよく出ています。やや肌寒いですが、不快ではありません。紫陽花の花もすでにあちらこちらで咲いています。日本のようなガクアジサイは見られませんが、きれいに咲いています。

                 

 さて、今日は久しぶりの朝会です。タイトルにある「こころより」という谷川俊太郎さんの詩を紹介しました。
 
 こころはいれもの なんでもいれておける だしいれはじゆうだけれど
 ださずにいるほうがいいもの だしたほうがいいもの
 それはじぶんできめなければ

 こころからだしている 
 みえないぎらぎら みえないほんわか みえないねばねば みえないさらさら
 こころからでてしまう
 みえないじぶん
 
               
    
 学校便りにも載せておきますの、ご家庭でもご一緒にご覧ください。日本では、心の教育が
叫ばれてずいぶん経ち、未だに様々な問題、事件が起きています。このグァテマラに来て、まだ二ヶ月ですが、現地の人々の様子をみると日々考えさせれることも多くあります。交通ルールマナー、ひどい渋滞、殺人事件、家々の有刺鉄線、貧富の差、などなど、見たり聞いたりしていることがたくさんあります。郷に入っては郷に従えとは、よく言われますが、グァテマラという郷では、何が普通なのか、何が当たり前なのかが、まだ、よくわかっていませんが、人としての常識は通用すると考えています。人間が人間らしいのは、「こころ」があるからです。
 日本人学校では、少人数で、わがままが通りやすい環境です。でも、少ないからこそ、お互いの気持ちを尊重し、わかりあえなければ生活できません。教師も子どももいっしょになって、事に当たって行きたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 身近な生き物たち2 | トップ | 現地の学校は来週から長期休業 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。