グァテマラ日本人学校

日々の学校の様子をお伝えいたします。

近づく交流会

2017-06-13 13:05:02 | 日記
 このところ、晴れると暑さを感じています。
 7月13日に、先に訪れたオーストリア校の子どもたちが、今度は本校に来てくれます。そのための準備は中学部を中心に行ってきましたが、
今日からは小学部も入ります。さっそくみんなで取り組める日本の文化を伝えようと、お馴染みぶんぶんごまを作っています。
簡単に作ることができて、誰でも楽しめます。オーストリア校の子たちといっしょに遊ぶにはとても良いでしょう。
                                                           
                                   

 今月は業間のふれあいは内容が変わり、鬼ごっこです。毎月生徒会が相談して決めます。今回は小学部の声を反映してみました。誰もがよく知っている、「ケイドロ」です。滑り台のあるところを牢屋に見立てて、元気よく教師も一緒になって走り回りました。

                                   

 運動場にはいつの間にか、ありの巣ができていました。蟻塚とはまだ、呼べないくらいのものです。日本にもよく見られる小さなありです。しかし、噛まれるとチクッと痛いです。それを知っている子どもたちは絶対にさわりません。私はうっかりさわってしまい、日本では経験したことがない痛みを感じましたが、特に腫れるようなことはありませんでした。動画がいいと思ったのですが、アップできませんでした。画像ではちょっと見ることがむずかしいのですが、日本のありよりも活発で動きが速いと思いました。
 中南米には、結構凶暴な虫が生息していると聞きます。グアテマラにもまだ、もっと大きなありがいると警備員が言っていました。ブラジルアマゾンには黒い絨毯といわれるありの軍団がおり、動物を食べてしまうらしいですね。

                                    

                 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今季最後のプール | トップ | ヒアリ(火蟻)に注意!身近... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。