でぃおんずのgoo ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ゴボウ

2016-11-26 11:13:37 | 健康・病気


毎日、全国各地で地震が起きています。
どうぞ、お水、懐中電灯、ウェットティッシュ等のご準備を。

ゴボウ

週刊ごきげんカフェから~ (11月26日)

ゴボウの旬は10月~1月。

平安時代に中国より薬草として伝わった。

貯蔵が簡単なので、一年中食べられる野菜でもある。

「ダイエタリーファイバー」という食物繊維も多く含まれており、便通をよくする以外に、満腹感を与えて、過剰のエネルギー摂取を防ぐ。

ゴボウの食物繊維は、血糖値を低下させる作用があり、体内で消化されても、
ブドウ糖に変わりにくいので、糖尿病の予防にも。

ゴボウのアクには発汗・利尿・解毒作用があり、抜け毛の予防にも効果あり。

煮物の場合、アク抜きはせず、調理したほうがよい。

ゴボウ独特の旨み成分「アミノ酸」を閉じ込めるため、油で炒めてからの調理が、栄養効果を更に引き出す。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新海苔 | トップ | 祝♪「山・鉾・屋台行事」のユ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
糖尿病に良い (tamu)
2016-11-26 23:15:22
勉強になりました
 私は自分のランチは作りますが
ゴボウは余り扱いません・・・炒め物は人参まで 今度はゴボウを入れて炒めてみます 灰汁抜きは要らないでした

tamu様 (でぃおんず)
2016-11-27 14:26:29
お寒うございます。

ゴボウの効能について私も驚いております。

サツマイモのお味噌汁に、お豆腐やゴボウのササガキなどを入れて、食したことがありますが、コクが出ておいしいものですね


今晩は (oyajisann)
2016-11-27 23:07:56
戦時中にアメリカの捕虜さんが牛蒡だされて根っこ
喰わされ捕虜虐待と戦後訴えたなんて話聞いた事
ありますが効能見ると訴え本末転倒かな?
今週もよろしくお願いします。
oyajisann様 (でぃおんず)
2016-11-28 10:23:24
いつもありがとうございます。

キンピラゴボウやゴボウサラダなど
美味しいものもありますね。

根を食するのは、日本と韓国だけだそうですが、
もっと世界中に広がればいいですね。

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。