読む日々

テーマばらばらの読書日記

ブルース

2016-10-19 | 
桜木紫乃「ブルース」

指を6本持って、娼婦の母のもとに産まれた博人。様々な女性と関わりながら釧路の裏社会を牛耳る人になる。

いろんな女性と関わるけど、結婚したのはスナックをしくじった不細工な女、まち子。
その娘の莉菜が、写真家として羽ばたこうとするところで物語は終わる。莉菜のフランス人の元恋人に刺されるんだけど。  
長いスパンを描いた連作の中で、一番博人を理解できてたのは、実は身体の関係のない、娘の莉菜だったのかな。母のまち子も素敵だけど。

読んでいて明るい気分には決してなれないけど、読後感は悪くない。読み終えるのに珍しく10日くらいかかったかな。

満足度90
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳川千姫哀感 | トップ | ヨハネスブルクへの旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。