オバサンは熱しやすく涙もろい

とてつもなくミーハー。夢見るのはお気楽生活

「パンズ・ラビリンス」

2007-10-08 13:46:14 | 映画・DVD【は】
  

監督:ギレルモ・デル・トロ 

出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ 他

2006年、メキシコ/スペイン/アメリカ作品


以前「エドゥアルド・ノリエガが出ているから」という理由で見た同監督作品「THE DEVIL'S BACKBONE」。
これも内戦下のスペインが舞台だったが、やはり犠牲になっていたのは罪もない子供たちだった。
そしてラストでは子供たちは自らの足で立ち上がり、自らの手で武器を取ることによって大人への階段をあがっていったのだが、あの映画にはまだ救いが感じられた。

だが、この映画はどういったものか。


1944年のスペインが舞台である。
内戦は終結していたが、それでもまだフランコ政権に対し、抵抗運動を続けるものたちがいた。
山間部にたてこもった反政府ゲリラを鎮圧するため派遣されたのが、ビダル大尉。
彼は自分の戦う土地で子供を産ませるために、体調の思わしくない臨月の妻を無理矢理呼び寄せるという身勝手で冷酷無比な男だった。

妻の連れ子のオフェリアは、そんな義父を受け入れられず、また、体調のすぐれない母親の姿に不安を覚えずにはいられない。

とある夜、オフェリアは寝室に現れた妖精に、森の奥にある迷宮へと案内される。
そこには不思議な姿をした「牧神」のパンがおり、オフェリアに「あなたはこの地下王国のプリセンスである」と告げる。
そしてさらに
「すっかり人間になってしまっていては王国に迎えることができない。王国に迎える資格があるかどうかを試すために、3つの試練を与えましょう」
と言い、その試練がなんであるかが記された大きな本を差し出すのであった。
悪夢のような現実の世界から逃避し、迷宮に希望を見出そうとしたオフェリアは、試練に立ち向かうことを決心するのだが・・・。



過酷な運命から逃れるために、自分自身の中に迷宮の世界を作り上げたオフェリア。だが、その迷宮も決して美しい世界ではなかった。
オフェリアが迷宮の世界へ逃避するのと併行して、現実ではビダル大尉が残虐な行為を繰り返す場面が映し出される。
残酷な描写をつきつけられ、あまりの惨さに私は何度も目を覆った。
映画を観る前にプログラムを購入しざっと目を通したのだが、内戦直後から翌年にかけて、一日に250人もの捕虜が処刑されたそうだ。
殺された捕虜たちの恐怖や苦痛を思い、胃が締め付けられるほどキリキリ痛んだ。
今まで、こんなに痛い思いをしたダーク・ファンタジーは知らない。
だがこれはダーク・ファンタジーでありながら現実でもあるのだ・・・。

人を嬲り殺すようなビダル大尉でも、父の形見の懐中時計を肌身離さず持ち歩くという、人間らしい弱い面ものぞかせる。
彼は自分の命が危険にさらされる時、その懐中時計にそっと手を触れるのだ。
そして自分の最後を息子に伝えたいという父親らしい気持ちも持ち合わせていた。
一体どんな狂気が彼を残忍な行為へと導いたのか。

オフェリアに対しては可哀想にという思いとこれで良かったんだねという安堵感とがない交ぜになり、涙が溢れて止まらなかった。
ギレルモ・デル・トロ監督は一人の少女の生き方を通すことによって、戦争の愚さを強く訴えることに成功していると思う。
そして戦争をモチーフとした映画というだけではなく、みごとにダークファンタジーと融合させ、完成度の高い作品にしあげている。

子供たちが空想の世界にひたるのは悪いことだとは思わない。
だが、それが悪夢が充満した現実から逃れるために残された、たった一つの手段だったとしたら、あまりにも悲しいではないか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (30)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いそいそと、前売りチケット... | トップ | 「厨房で逢いましょう」 »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (shit_head)
2007-10-08 15:32:47
こんにちわ。
色々ありがとうございました。

負担にならない程度になんとかブログは続けようと思ってます。

「パンラビ」観たんですね。
なんか悲しそうな物語ですね。
テーマも重そうですね。

こっちにも来て欲しかったけど、来てくれませんでした。
僕のネガティブな気持ちが影響したのかと思わずにはいられません。(ネガティブすぎ?)

とにかくdimしゃんには感謝いたします。
またこれからもよろしくお願いします。
引っ越しました (salleana)
2007-10-08 18:08:02
dimさん、こんにちは!
デルトロファンな私は舞台挨拶つきでこの映画見て来ました。
本当にダークで悲しい物語でしたね。でも私は最後には救われました。
それにしても私が会った時やテレビでのインタビューを見るとイバナちゃんは大物になりそうですよ。しっかりしすぎなくらいでした(笑)。
ところで私のブログは引っ越しまして、題名も「スクリーンの向う側」に変わりました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
わわわ (ptd)
2007-10-08 20:09:08
dimさまこんばんは。

この映画は今週木曜日に見に行くつもりでした。
この監督さんのインタビューを読んだので、大体ラストの想像を付けてはいるのですが(監督それ言っちゃネタバレです!って感じでした)、やっぱり見たいし、Dimさんの記事でもいい映画なんだろうな、と思ったのですが、一点だけ・・・
dimさんの残虐シーン感想の下りを読んで、
劇場で見るのは止めようかと考えちゃったりして・・
昔アルゼンチンだかチリの映画の拷問シーンで、はきそうになった事がありまして・・・

うーん・・・
うむむむ (jester)
2007-10-08 22:35:06
う~む、只のファンタジーじゃないだろうと思っていたけど、dimさまですら

>残酷な描写をつきつけられ、あまりの惨さに私は何度も目を覆った。

だったのでございますね。
ふ~ 軟弱物のわたくしは大丈夫だろうか・・

>殺された捕虜たちの恐怖や苦痛を思い、胃が締め付けられるほどキリキリ痛んだ。

あらら・・胃の調子が悪いのに~~
大事にしてくださいよ!

>今まで、こんなに痛い思いをしたダーク・ファンタジーは知らない。

うむむ、見るのに覚悟がいりそうですね・・・
思わずホォーッと・・・ (nouilles-sautees)
2007-10-08 23:08:00
なりますねぇ、dim子さんのとこにくると。
あの温かいコーヒーがとろーっと入るところで癒されます。

「パンズ・・・」はちょっとB級ホラーかと思って映画館に行ったんですわ。そしたら見事にハズレ。

現実を辛辣に描いてて、それがまたファンタジーという形になってるのにすっかりやられました。

スペインってお隣の国なんですが、つい最近までいろいろとあったんですよねぇ。今でもどうしてもそういうのが付きまとってる感じは受けるんですが、この映画を観て、なんだかいろいろ考えました。
いや、ほんとに怖かった (misao)
2007-10-08 23:12:48
 私はですね、はっきりいってホラー苦手なんです。でもファンタジーは好きだし、大画面で見たら怖すぎて駄目かと思って、DVDで見た小心者ですが・・・やっぱり怖いやんか・・・よくできてるんですけど、二度目は勘弁して~
 あの中の気色悪い色白のキャラ、この人は「ヘル・ボーイ」で魚みたいなキャラやってた人で、しかもシルバーサーファー(F4-2)でもある、と教えてくださった人がいました。こういうの専門の人がいるというのも、そういう需要があるってことか。これは子供連れて見に行ってはいけませんよ~
いえいえ (dim)
2007-10-09 00:12:13
shitしゃま、コメントありがとう。

shitしゃまが今この映画を観たら、多分引きこもりになっちゃうと思うので、体力気力精力満々の時に観てください。

みなさん心配してくださっているようじゃないですか~~。
ちょっと自虐的だけど(笑)すっごくいい人で、あんなに人気があって、あんなに面白いんだから、もっと自信を持ってください。
まだ若いんだから、焦らんでいいのです。

dim子より愛をこめて
新装開店ですね (dim)
2007-10-09 00:25:06
salleanaさん、こんばんは。
新装開店おめでとうございます。

新しいところはなんだか、映画全般・・・って感じでよいですね(いや、前のも韓流だけってことはなかったですが)。

>舞台挨拶つきでこの映画見て来ました

そうでしたか。私は日曜日に観たのですが、突然思い立って観に行ったという感じです。実はあまりに観たいのが沢山あって観る予定には入れてなかったのですが。
でも結果的には観てよかったって思います。
デル・トロの死を意識させる独特の世界観って、なんだか好きですねえ。

>今後ともどうぞよろしくお願いします。

こちらこそ、よろしくお願いしますです。
2回耐えれば・・・ (dim)
2007-10-09 00:42:28
ptdしゃま、こんばんは。

ヘビーな映画でございました・・・。
でも2箇所ほど耐えれば、あとはクリアできると思います。
ptdしゃまなら平気かも。
というか自分が過剰に反応しただけかも。
拷問の道具を見ただけで、びびってしまいましたの・・・(汗)。
私は最近はホラーは少しだけ大丈夫になったのだけど、基本的にバイオレンスはダメなんで・・・。
ブラボー・ツー・ゼロが観れるなら平気です。

よくできた映画ですので、ご覧になってください。
ほんで感想聞かせてくださいませ。
どこがファンタジー? (dim)
2007-10-09 00:52:11
jesterさん、わんばんこ。

これはですね~~~、女のお子さんがいらっしゃる方とかは、結構ぐぐぐっとくると思いますよ。
それくらい主人公の女の子の運命は過酷で残酷でした。

ワタシは拷問道具を見て「これから拷問が始まるのか・・・」と思った時は、ちょっと血の気が引きました・・・。やっぱりあーゆーシーン、または拷問を連想させるようなシーンは基本的にダメですね。
その先のむごたらしい姿を想像してしまうので。

まあダーク・ファンタジーだと思わず、戦争映画だと思えば見れるかもしれません。
jesterさんなら大丈夫な気もしますが・・・(笑)。
へ?そうですか? (dim)
2007-10-09 01:05:56
やきそばさん、どうもです。

>思わずホォーッと・・・なりますねぇ、

そうですか?
コーヒーって、なんか人をほっとさせますよね。
ここにこられる方に、実際にコーヒーをお出しできたらいいなあ・・・とは思うんですけどねえ。
出せないんで、ご自分で入れていただくしかないのですが~~(笑)。

これは・・・ワタシも重い映画だとは聞いていたのですが、これほどとは思っていませんでした。
いい意味で裏切られましたね。
でも本当によく出来た映画だと思います。
よくもまあこんな風に結びつけたもんだと、感心いたしました。

スペインだけでなく、ギリシャとかでも内戦がありましたものね。
ギリシャの内戦を描いた「哀愁のエレーニ」は、この映画ほどヘビーではなかったですが、やっぱり見ていてしんどかったです。
本当に (dim)
2007-10-09 01:13:05
misaoさん、こんばんは。

そうですよね、この映画怖かったんだ!
そうそう!怖いという言葉がしっくりきますね。

あの子供を食べるおばけは「ぺイルマン」というのですけど、薄気味悪いヤツでしたよね。
あんまりキョーレツすぎたので、あれが自分の夢に出てきたらどうしようかと思いました。
幸いにしてまだ出現してませんが。
でも何故目玉をちゃんと顔にはめておかないのか?
何故手のひらなのか?その辺が知りたい!

そうですね、これは子供には見せられませんね。
こんなオバサンでさえ、びびっていたのですから。
どうもん♪ (豆酢)
2007-10-10 10:07:20
只今絶賛引き篭り中にて、どうしようかと思ったのですが…。
自分も劇場で観てきたので、記事をTBさせていただきますね。うまく行っているといいんですが。

デル・トロ監督、ようやく生涯の一本を撮りましたね。これでメジャーになっても、監督にはオタクのままでいて欲しい豆酢でした(笑)。
早くみたい! (シュエット)
2007-10-11 05:18:34
dimさん 観たんですね。連休は別に用事があって、わたしは今週末に観にいく予定。観たらこちらにもTBさせていただきますね。上で豆酢ちゃんが生涯の1本といってるのでますます期待大です。では後日。
結構きました (dim)
2007-10-11 13:05:46
豆酢しゃん、どうも~~。
只今コメント受け付けてないんですね。
絶賛引き篭り中ってなんかあったのですか?
shitちゃんも引き篭もり中だし・・・。
ちょくら淋しいです(涙)。

これすっごい久々にずどーんときました。
自分的にはビダル大尉が拷問するシーンなどは、二度は見たくないけれど、映画としては好きだわ。
よくもまあこんなにきっちりと話をおさめたもんだと思います。
デル・トロ監督作品は「へルボーイ」とか「ミミック」は観てないので、こちら観てみようかなあという気になりました。
完成度が高いというか (dim)
2007-10-12 01:46:05
シュエットさん、どうもです。

拷問シーンは勘弁してくれ~~!
と思ったけれど、でも本当に完成度の高い映画でした。

またオフェリア役のイバナ・パケロちゃんがうまいんですよねえ・・・。ヒトラーを彷彿させるセルジ・ロペスもよかったです。

ラスト・・・シュエットさんはどういう風に受け止めるのかしらん?
シュエットさんの感想を早くうかがいたいわ~~。
観たよ! (シュエット)
2007-10-13 20:56:02
待ちきれなくって金曜日仕事の帰りに観ました。6:35分上映で、仕事帰りの人が結構来ていてかなり席が埋まっていたわ。ヘルボーイも借りてきてんだ。
仕事帰りだから眠気心配だったけど、もうみだしたら釘付け状態。拷問道具みてるだけでヤメテだったし、あの口を縫うシーンも私の顔も歪んでた(笑)ダブルン大尉もなかなかのキャラね。彼が出ている作品みてるけど、あぁあの人って感じだけど今度、彼にフォーカスしてみてみよう。明日の日付で好けど、私今から「ヘルボーイ」観るんでその前にUPしてのTBです。シュエット流解釈の感想また教えてください。でも素晴らしい作品だったわ!メキシコとか第三世界の映画は凄いわ。粘りと根性違うわ。
読みが深いんですよね (dim)
2007-10-14 02:35:10
シュエットさん、こんばんは。

ついにご覧になったのですね!
期待を裏切らない作品だったでしょ???
ワタシもあの残酷なシーンは「もうこれ以上見せないで!」と思ったものですが、あのシーンがあったからこそ現実が悪夢に満ちた世界だということが強調され迷宮のシーンが生きてきたのかな・・・なんて今は思います。

シュエットさんの感想読みましたよ~~!
なんか読みが深いですよね。それに説得力があるし・・・。自分のレビューがはずかしい・・・(汗)。
ワタシはどうも表面的なことにとらわれやすいんですよね。今回も勉強させていただきました。ありがとうございます。
Unknown (シュエット)
2007-10-14 07:54:34
ゴメン、急いで打って誤入力だらけ。恥ずかしい。
ダブルン大尉って誰や…ダビル大尉です。
ほかにも…(汗…)

(追伸)
「ヘルボーイ」面白かった。美術とか特殊メイクはこっちも凝ってる。
あはは (dim)
2007-10-14 18:30:43
シュエットさん、全然大丈夫です。
何をいわんとしているのかわかれば、誤字なんてどーでもいいんです。
ワタシも誤字多いですからね、ふふふ。

「ヘルボーイ」良かったですか!!
それじゃワタシも借りてみようっと!
「ミミック」も未見なんでそのうちに。
そーですか。 (ゆるり)
2007-10-14 18:45:13
あの第二の試練のモンスターは「ぺイルマン」っていうんですね。
パンにしてもカエルにしても、この映画のクリーチャーは
めっちゃ恐いわけでもなくなんかユニークで結構好きです。
現実の世界の方がもっと恐いもんねぇー。
他のギレルモ・デル・トロ監督作品に興味深々なんですが、
ホラーが苦手なんで何を観るべきか迷ってます。
大尉 (kimion20002000)
2007-10-15 02:52:05
TBありがとう。
大尉が、父親の死の間際の言葉を否定しますよね。懐中時計(遺品)を持っていることも。ここらに、歴史を超える=父親殺しの性格も持つ、ファシズムの秘密を暗示していると思いました。
ホラー嫌いでも (dim)
2007-10-15 13:04:46
ゆるりさん、こんにちは。

クリーチャーたち、結構面白かったですよね~~。
どうしたらあんなぺイルマンみたいの考えつくのでしょ?
ギレルモ・デル・トロ監督作品は他には「ブレイド2」と「デビルズ・バックボーンしか観てないのですが、どちらも好きな作品です。
両作品ともダーク・テイストですが、ホラー苦手でも多分見れると思いますよー。少々試練があるかもしれませんが(笑)。
コメントありがとうございます (dim)
2007-10-15 13:23:42
kimion20002000さん、トラコメありがとうございます。

ファシズムの秘密の暗示ですか?
うわ~~ワタシはそこまで考えつきませんでした。
とにかく単細胞なもので「戦争」に対しての批判と、オフェリアへの同情しか感じられませんでした。
もう一度観て、もっと何か感じられればいいなあと思ってます。

この完成度の高い映画は、一人でも多くの人に観て欲しいですよね。
迷宮 (有閑マダム)
2007-10-26 16:39:53
dim さんのところで、この記事を書かれているのは知っていたのですが、自分が近々観る予定だったので、敢えて素通りし、自分の記事を書き終わった今やっと読ませていただきました。
ほんとうに、私も最後は涙が流れて止まりませんでした。 
彼女にとってのファンタジーって、一体なんだったんだろうか?
とか、ラビリンスに迷い込んでいるのは、彼女だけなんだろうか?とか、いろいろな想いが頭の中を駆け巡り、それと同時に映画の中の様々な画面が焼き付いて、しばらくこの世界から抜け出せませんでした。

devil's backbone も観ましたが、やはり今回のは一皮も二皮も剥けた感じでしたね!!
もっと早く見ればよかった (ptd)
2007-10-26 18:47:24
dimさま

やっとこさ見てきましたよ。
怖いシーンは目を背ける、という必殺技(爆)でがんばりました。
怖いの苦手の友人にも「痛いシーンは2回耐えればいいらしい」と告げて
がんばりましたが、
最初の方の農民親子で「最初からこれか・・・」とめげました。


でも予定通りもっと早く見ればよかったぁ!
なんともヨーロッパな&スペインな映画です。
アメリカでも吹き替えなしで公開されたそうですね。

TBいっときます。
観終わった後で・・・ (dim)
2007-10-30 09:37:48
マダムこんにちは~。
レス遅くなってスイマセン。
ぷち引き篭もりしてました。
「オペラ座の怪人」を見たせいかしら~~。わはは。

えっとパンズ・ラビリンスの話ですよね。
これは観ている時は何も考えられなくて、見終わったあとで色んな感情がわ~~っとやってくる・・・って感じでした。
まだ幼さの残る女の子にかせられたものはあまりに重すぎて、涙なしでは観れなかったです。ラストで救われたと思いたいですけど、あまりに悲しい運命でした。
なんとなく陰? (dim)
2007-10-30 13:45:19
ptdしゃま、レス遅くなってスンマセン。
まだプチ引き篭もり中です。
心はファントムと一緒に地下の奥深くに行ってしまった感じです。只今現実逃避中。
ある意味オフェリアと一緒です。

>なんともヨーロッパな&スペインな映画です

そうですねー。
ワタシは最近スペイン映画にはまったのですけど、今までみたものはどこかやっぱり陰を感じますね。
TVとかで観るスペインってそんなに暗いイメージはないのですけどね。
Unknown (shit_head)
2008-04-18 20:23:04
ガキ、あの世でハッピーなんだろうなぁ。
僕も王国いきてー。

デル・トロ監督の変態っぷりが爆発してましたね。
これまでで一番洗練された変態描写。

ド迫力のデカ蛙とか目ん玉装着ののっぺらぼうとかグロテスクなシロモンが次々と登場してくれました。

それ以上にバイオレンスがすばらしかったですね。
酒ビンの底でガツガツと鼻をぶっ潰すシーンなんて斬新すぎ。

あと、裂けた口を縫うシーンですね。
あんなドーでもいー場面をわざわざ丁寧にじっくりと描く意図も不明でした。
たぶんデル・トロさんが正真正銘の変態だからでしょうけど。

デル・トロさんの変態性が思う存分発揮された最強作でした。
最強作 (dim)
2008-04-19 22:59:10
shitちゃん、こちらにもコメントどーもです。

いやホントこれはデル・トロ監督の最強作だと思いますよ。
一回観ただけで忘れちゃう映画は多々ありますが(ワタシだけ?)、細部まで決して忘れることはないであろうこの映画・・・文学的というか芸術的というかなんというかともかくエクセレント!ワンダフル!の一言に尽きますね(というより二言じゃんか)。

他の映画も「よくこんなの思いつくなあ」と思ったけれど、これは本当に独創的で他の誰も思いつかないような映像でしたよね。
でももう一度観る勇気は今のところないのですよ。
胸が苦しくなっちゃってしょうがないのです。
人間の愚かさをまざまざと見せつけれられるんですもの・・・。
人間の愚かな姿を見るのは現実だけで十分です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『パンズ・ラビリンス』舞台挨拶付き試写会 (スクリーンの向う側)
ロシア版ポスター 9月10日(月)のセルバンテス文化センターオープン記念イベントとして行われたイバナ・パケロとマヌエル・ウェルガ監督の舞台挨拶付き『パンズ・ラビリンス』試写会に行って来ましたので、10月6日(土)の
パンズ・ラビリンス。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
 ギレルモ・デル・トロ監督、『パンズ・ラビリンス』、10/6、シネテリエ天神にて鑑賞。39本目。  ギレルモ・デル・トロ監督の新作である『パンズ・ラビリンス』の情報を初めて耳にしたのはいつのことだったでしょうか。  第79回アカデミー賞で3部門を受賞し...
パンズ・ラビリンス  称号:良作 (映画細胞~CinemaCell)
1944年、スペイン。少女オフェリアは内戦で父を亡くし、母の再婚相手である大尉
夢はもうひとつの人生である…―「パンズ・ラビリンス」 (豆酢館)
これだけは劇場で観ておきたいと思い、念願の鑑賞と相成りました。 だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 「パンズ・ラビリンス」(2006年製作) 公式サイトはこちら。 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:アルフォンソ・キュアロン&ベルサ・ナヴァロ&...
mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女...
『パンズ・ラビリンス』 (映画館で観ましょ♪)
第79回アカデミー賞で撮影・美術・メイクアップの3部門を受賞。 そこで見た短い映像にかなり惹きつけられた。 そんなワケですごく観たいと思っていた作品。 さてさて「ダークフ...
「パンズ・ラビリンス」 (寄り道カフェ)
EL LABERINTO DEL FAUNO 2006年/メキシコ・スペイン・アメリカ/119分/PG-12 at:シネリーブル梅田 <ネタバレ> 1944年。第二次大戦下のヨーロッパではナチス・ドイツ軍に占領されている西ヨーロッパ侵攻作戦として連合軍がフランスのノルマンディに上陸をした。...
パンズ・ラビリンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  既にご覧になられた方の間では、...
パンズ・ラビリンス (ゆるり鑑賞 Yururi kansho)
パンズ・ラビリンス オリジナル・サウンドトラック(2007/09/27)サントラ商品詳細を見る 監督 ギレルモ・デル・トロ (2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ) 【物語のはじまり】 スペイ...
パンズ・ラビリンス (Akira's VOICE)
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。
映画「パンズ・ラビリンス」 (happy♪ happy♪♪)
予告を観て想像していたのとちょっと違い 残虐で悲しいおとぎ話{/hiyo_shock2/} 映像は好きだけど、ストーリーがあまりにも悲しく 残虐シーンで何度目をつぶってしまった事か。。。{/hiyo_cry2/} でも作品としては見応えある作品だと思います{/star/}{/star/}{/star...
スペイン版、ダーク・ファンタジー杜子春●パンズ・ラビリンス (Prism Viewpoints)
パンの迷宮を抜け出す鍵の名は心。 『Pan's Labyrinth』 『パンズ・ラビリンス』 ウィキペディア(Wikipedia) スペイン内戦で父親を亡くした少女オフェリアは、 妊娠中の母親と共に母親の再婚相手であるヴィダル大尉
映画* パンズ・ラビリンス (有閑マダムは何を観ているのか?)
少女の頭の中に広がるおとぎ話が、こんなにも悲しいなんて・・・。 映画は、少女オフィリアが臨月を迎えたおなかの大きな母親と一緒に、馬車に揺られて田舎道を走るところから始まります。 1944年。 内戦がようやく落ち着いたかと思われていた当時...
漆黒の迷宮:パンズ・ラビリンス (2006) (ORGANIC STONE)
思想の違いでお互いを殺し合うことが現実の狂気ならば、夢の世界に逃避することは仮想の狂気。美しくも恐ろしい狂気の世界に逃げ込むしかなかった少女は、そこに安住の地を見つけられたのでしょうか?
パンズ・ラビリンス (to Heart)
だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 脚本 ギレルモ・デル・トロ 音楽 ハビエル・ナバレテ 出演 ...
パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚...
パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。 (銅版画制作の日々)
ファンタジーの中に、現実を見る   10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。 主人公の少女が出会う...
パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 (CARAMEL*PAPA)
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
『パンズ・ラビリンス』 (・*・ etoile ・*・)
これはホントに見たかった! 見逃していたのでDVDにて鑑賞。これは映画館で見たかった・・・(涙) 「1944年フランコ独裁政権下のスペイン。父を亡くしたオフェリアは、身重の母と共に継父ビダル大尉の元へ向かう。息子の誕生にしか興味のない大尉との辛い日々の中、オフ...
『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...