オバサンは熱しやすく涙もろい

とてつもなくミーハー。夢見るのはお気楽生活

「ボーン・アルティメイタム」を観てきました

2007-10-19 01:01:22 | 映画・DVD【は】
本日は「ボーン・アルティメイタム」のジャパプレに行ってきた。

スペシャルゲストは主人公ジェイソン・ボーンを演じるマット・デイモン。
Tシャツにジーンズかしら・・・と思っていたけど、びしっとスーツ姿で登場(だけどあまり似合ってない・・・。というより見慣れないだけ?)。


いや~マット!めっちゃ可愛いの~!
ファンが手を振ると、可愛く手を振り返すのね♪(←通訳の人が隣で喋っているとゆーのに(笑))
その仕草に優しい人柄がにじみ出てるっているっていうかなんんというか♪
ワタシもちょっと胸きゅん(死語)状態になってしまったわ♪
いや~マットちゃん、ジャガイモみたいな顔なんて言ってごめんね。
顔はジャガイモでも、心は錦だったのね(感涙)。


この日「一応ジェイソン・ボーンの話はこれで終わりだけれど、監督から誘いがあったらまた(続きを)やるかもね」とマットちゃんが言っていた、三部作の最後に当たるのがこの作品。(でもどっかのインタビューでは『ボクも年をとったし(アクションシーンが)体力的にキツイからこれが最後だろう』といっていたような・・・)




2007年、アメリカ作品

監督:ポール・グリーングラス

出演:マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン、パディ・コンシダイン 他


ジェイソン・ボーンには「熱い戦い」という言葉が似合わないほど、クールである。そして全てにおいてムダがない。
それは暗殺者として育成された時点で、暖かい人間的な感情を抹殺されたからかもしれない。
そんな彼が、記憶を失ったことによって、次第に人間らしさを取り戻していく。
だが彼の存在を抹消したい組織が、彼の元に暗殺者を次々に送り込む。

前作では、追っ手を逃れ最愛の人とインドで平穏な日々を送っていたところに、再び暗殺者が送り込まれ、彼女を失なってしまったボーン。

「自分は一体何者なのか?何故こんなにも執拗に命を狙われるのか?」
彼は本当の自分を知るために、そして自分を暗殺者に仕立てあげた組織に復讐するために、たった一人で最後の戦いに挑む。

世界の三つの都市で、繰り広げられる手に汗握るアクションシーン。
観光気分も味わえてなかなか美味しいシーンでもある。
ワタシとしては、人々の生活感が溢れ出ていたタンジールのシーンが一番好きかな。

今回もボーンは死ぬ程走るわ、爆風に飛ばされるわ、車に激突されるわ、バットマンのようにビルからビルへと飛び移るわ、激しく殴られ続けるわ・・・と散々な目にあいながらも、不死鳥のように復活し(フツーだったら死んでいます)、敵をかわし、核心に近づいていく。


アメリカに戻ったボーンは、ついにCIAの極秘プロジェクトのデータを盗み出すのだが、この手口が実に鮮やか。
観ている方としては、胸がすっきりするシーンでもある。
そいてもってボーンに振り回され続けるCIAが、いかにアホ揃いかがわかるシーンでもある(笑)。
入手したデータにはボーンとの関わりと驚愕の内容が記載されていた。
ここでボーンが何者なのか、また命を狙われる理由が明らかになる。

でも・・・これがアメリカで実際に行われていたとしても驚かない。
あり得ない話ではないからだ。
病んでいるアメリカのほんの一部の闇の部分だと思えなくもないのだ。


とにかくこのボーン役のマット・デイモンがかっこいい。
最終的にボーンは死ぬべきだという声もあるようだけど、ワタシとしては死なないで頑張って欲しいような気がする。
イギリスに007あり、アメリカにボーンありというふうに、両者にはクールでタフな姿を見せ続けて欲しい。

ちなみにジェイソンの恋人だったマリーのお兄さん役で、ダニエル・ブリュールが、ちょっとだけ出ている。
やきそばさんに聞いて知ってはいたのだけど、なんだか地味~でぱっとしなくて、よく見なければ見逃すところだったわ(笑)。


一般人にまぎれると、完全に姿がかすんでしまうマットちゃん。
ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットのようなオーラは感じられないけれど、太く長くこれからも頑張って欲しい♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「リディック」 | トップ | 『「ボーン・アルティメイタ... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお! (jester)
2007-10-21 02:33:43
dimさん、もうご覧になったのね~


jesterもなぜかわからないけど(爆)このシリーズ、一応今まで見てるんですよ。

マットは普通(好きでも嫌いでもない)だし、ストーリーもアクションみてどきどきしておしまい、なんだろうと思いつつなんだけど、カール・アーバンが出るし(これは好きだからというより、指輪関連の俳優さんを応援したくてという感じで)とかなんだかんだいって・・・

だもんで、3作目もなぜか(爆)見てしまいそうな予感がしてます。

結局「スパイ物」って好きなのかも。ぺこちゃん顔嫌いとか言いつつミッションインポッシブルだって見てるしなあ・・・・

>いや~マットちゃん、ジャガイモみたいな顔なんて言ってごめんね。顔はジャガイモでも、心は錦だったのね(感涙)。


そ、そうだったんだ~~
ふ~~ん。

やっぱりスターって、なんだかんだ言っても近くで見るとフェロモンが出てるからスターなのよね。

想像してみると、その辺にいたらやっぱり注目しちゃうかも、マット。

オーシャンズシリーズなんかを見ると(これも11と12は見てしまった。さすがに13は見てないけど、トレーラーのマットの付け鼻がコップにつっかえるシーンは笑いました)確かに、ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットと比べて、カリスマ性みたいなのが小粒な感じがするんですけど、この映画ではうまく役にはまってますよね~
うらやましいです~ (mahito)
2007-10-21 02:34:56
こんにちは!


 生マット(涙)

 来日は知ってたんですがいけないのが分かってるからあまり情報入れなかったんですよ^^

 今朝ズームインを観てたらズーミンを気に入ったみたいで娘が喜ぶかも、ってもらっていったところを観てうれしくなりました。

 私はこれは絶対に大画面で見るぞ!と張り切っております。オッサンズでのライナス坊やのような役も良いけどボーンはさらに好きなので楽しみです。
Unknown (豆きち)
2007-10-21 02:36:11
dimっち おはよう

昨日は楽しかったね

今までマットのこと特に好きってわけじゃなかったはず???だけど、かわいかったよう

客席のあっちこっちに笑顔で手を振り返してる姿に人柄が滲みでてる感じで、好きになってしまいそう

まだ、幸せ気分持続中です。
生マット、うらやましーーーー。 (やきそば)
2007-10-21 02:38:19
私も手を振ってもらいたい~!!!

はっきり言って、ボーンシリーズ以外のマットにはそんなに興味ないんですが、そういう愛らしいエピソードは聞いただけで胸キュン(あえて使わせていただきます)ですわ。

実物見て、かっこいーっていうのもいいけど、可愛い、優しそうっていうほうが好感度高いかも♪

ダニエル君、ちょっと演技も?だったでしょ。
顔をしかめてるだけ・・・みたいな。

>ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットのようなオーラは感じられないけれど、太く長くこれからも頑張って欲しい♪

うんうん、そうなんです。オーラがあまりないちょっと地味な存在だけにこのボーンシリーズは人気作になってちょっとうれしかった(それほどファンってわけじゃないんだけど、なんだかがんばってほしいって気にさせるんですよね、彼)。ボーンを続けるにしろ、そうでないにしろ、またこういうヒット作を出してほしいですね~。
え~~~!! (せぷ)
2007-10-21 02:39:39
え~~~、dimさん、先に一人で『ボーン?アルティメイタム』、観ちゃったんですか~!!

ずるい~、ずるいですよぅ、どーして声を掛けてくれなかったんですか!!



って声を掛けてくれたとしても東京までは行けませんでしたけどね(じゃあ愚図るな!!)。


自分はジェイソン?ボーンシリーズは好きですよ。

特に『ボーン?スプレマシー』のカーチェイスシーンは白眉だと思いますし、少女に真相を告げる静かな幕の引き方は自分の好みです。

ところでマット?ディモンってまだ三十七歳ぐらいですよね。そんな若さでアクションシーンがきついなんて弱音を吐いてたら、五十過ぎて未だにアクション映画ばかり出てるジャッキー?チェンに足を向けて眠れないんじゃないかって思います。
マット君 (misao)
2007-10-21 02:40:41
これね~実は旦那と見に行こうと初日にいったら、売り切れで見れなくて、それ以降時間がとれず見にそびれてしまったという・・・なんだか他にいい映画がなかったし、このシリーズ、DVDで人気でたらしくて、そういう人が一気に詰め掛けたと思われます。

このシリーズそれなりに面白いし、マット君きりっとしててかっこいいし(ある意味スパイは目立ってはいかんと思います。すぐに見つかるもん)ややリアリティーのあるアクション(007とかに比べるとだ)、マット君の真面目な人柄が、頑張ってるな、という感じで好きです。外国出てきたり、観光案内にもなる。(笑)DVDまで待つしかない・・・・
魚! (TOMCAT)
2007-10-21 02:42:27
いいなぁ。
うらやましいなぁ。
これはマットちゃんなので絶対見に行きます!!
ボーンも良いけど、他も良いですぅ
昔はかわいこちゃんだったのに、すっかり兄ちゃんになってて。

初めボーンアイデンティティをやると聞いたときに、え?と思ったさ。

美男でGayのリチャードチェンバレンの向こうを張るのにはちょいとなぁって。
でも見たら良かった。うふ。

可愛かったよぉ。School Tiesで実に可愛い意地悪僕をやってたのに、うふ。

DVDにしても劇場にしても、見るわ。

マークウォルバーグもおなじタイプで好きです。
是非、劇場で (dim)
2007-10-21 02:43:54
jesterさん、どうもでーす。

これは面白かったです。
やっぱりこういうスケールのでかい映画は映画館で観たいですよね。

冒頭の部分は手振れしたカメラで撮影したような感じでちょっとわかりづらかったのですが、傷を負って逃げるボーンの肉体的苦痛をあのブレで表したかったのかしらん?でも目がちかちかしちゃいました。

しかし不思議なもので、マットがすっごくかっこよく見えてきちゃうのよねえ・・・。
マットに対する意識が変わったらそう見えるのか、それとも視覚的好みが変わったのかわからんけど、とってもクールで素敵ですう~~♪

見る予定のなかった「グッド?シェパード」のマットも素晴らしいって話だし・・・どうしようかなあ~~と只今悩み中。見たいのいっぱいあるってのに~~(汗)。
うふふ♪ (dim)
2007-10-21 02:46:13
mahitoさん、こんばんは。

をを!マットがズームインに出ていたのですか!
それは知らなかったなあ~~見たかったなあ~~。

ジャパプレのマットはとっても機嫌がよくて、終始にこやかにファンの声援にこたえてましたよ。
でも本当に手を振る姿がね~~35過ぎのオトコとは思えないほど、可愛いのよ!!

オーシャンズのライナスも可愛いですよね。
あの付け鼻姿はサイコーっす♪
なんとなく松本人志を思い出さないでもないですが(笑)。
可愛かったね♪ (dim)
2007-10-21 02:49:42
豆キチさん、こんばんは。

マット可愛かったですね~~。
なんだか見る予定のなかった「グッド・シェパード」も見てしまおうかな~などと思っているワタシ。
吾郎ちゃんも「グッド・シェパードのマットは素晴らしい」ってべた褒めだったし・・・。

明日はジェリーですねん♪
今からアホみたくうきうきしておりますです。
号泣用にでっかいハンカチを持参せねば!!!
なんだかねえ・・・ (dim)
2007-10-21 02:59:10
やきそばさん、どうもです。

じゃがいも顔だ、ジミー大西顔だ(注:ワタシは言っておりませんが)といわれ続けていたマットちゃん、実はとっても可愛くって性格のよいアメリカンボーイ(ボーイって年でもないか)でしたわ♪
ワタシも手を振ろうかなーと思ったけど、アホみたいに照れてしまって(何故照れる?)みんなに手を振るマットを見ているだけで、精一杯でしたわ。

観客の中でも最初は手を振っていたのはほんの数人だったの。でもマットは客席を見渡して、ちゃんと手を振っている子たちに振り返したのね。
そうしたらわれもわれもとみんな手を振り出して(爆)。なかなか面白い光景だったわ。

演技力も勿論あると思うけど、あの性格も彼をここまで押し上げた要因なのではないかしら?
ブラピやジョージ兄貴に可愛がられる(いぢめられる?)だけのものがあるんでしょうねえ。

ダニエル君はどうしたことでしょう?
なんだかあんまり悲しんでいる風にも見えなかったし・・・。やきそばさんに「出ているよ」と言われなかったら、わかんなかったかも。
見ちゃったのよ (dim)
2007-10-21 03:04:37
せぷしゃま、どうもどうも。

うん、ダーリンを置いて先に観にいっちゃったのよ~~。
声をかけたら、土産を持って九州から出てきてくれるとは思ったのだけどね(笑)。

そう、マットって30後半なんですよね。
なのにもうねをあげてどーすんだって感じでよね。
マクレーンはどうなる!ジャック・バウワーはどうなる!とは思うけど、まあやつらは動きがすでに緩慢だから(笑)。
多分、この先もアクションシーンを少しだけ減らして何作かは作るんじゃないかしら?
あらま (dim)
2007-10-21 03:11:32
misaoさんこんばんは。

あら~~劇場で観れなかったのですね。
こういうのはでっかいスクリーンで観たいものですよね。

しかし・・・映画とはいえCIAやFBIにはよくもまあ悪人がいるもんだと思いますよ(笑)。こんなんでアメリカは大丈夫なのか?(いや、もうすでに大丈夫じゃないけど)

マットって本当にマジメで優しそうな感じだったから、びっくり!
映画を見てというより、本人を見てファンになるのってワタシからすれば珍しいパターンなのです。自分でもびっくりですわ。
よかったわ~ (dim)
2007-10-21 03:19:54
TOMにゃんさん、まいど~~。

マットくん、映画もよかったけど、生マットもよかったわ~~♪
にゃんさん、是非劇場でお楽しみくださいね♪
これならきっと千葉で結構長い間公開されていそうだものね。
観ていてちょっと痛そうで可哀想だけど、こりゃボーンの宿命とも言うべきものなのでしょうがないわねん。

>マークウォルバーグもおなじタイプで好きです

そうそう!ワタシもそう思った!
馬面体育会系で、すっごく義理堅い感じなのね(笑)。
ほんでもってあんまりぱっとしないの(爆)。
でもワタシはどっちかというと、マットの方が好きかな~~~。
前売り券を買った (ひるで)
2007-10-21 11:58:50
ボーン・スプレマシーにカール・アーバンが出てたので観てしまった一人でございます。

ブライアン・コックスに惚れて「おじさん病棟」を開設しちゃった、懐かしいシリーズ。

もうどちらも出ないのに前売り券を買ってしまいました。

クールでタフなのに見守ってあげたいジェイソン・ボーン。楽しみです。

どないです? (シュエット)
2007-10-21 22:32:51
今日ね、娘とこの話してたとこ。次は何すんねんって。3もディモンかなり頑張ってたけど、もっと頑張るんだ。ダニエル・ブリュールも出てるんだ。彼もハリウッド進出?でも彼、ハリウッドに混じったらドイツ的真面目さが邪魔してオーラ薄いだろうね。「3」のラストはなかなか良かったから、ここで終わってもって気持もあるけど、「4」のラストはどないです?やっぱこれ娘と観にいくのかな。最後の写真、マット「ボーン・アイデンティティ」の頃と比べるとちょっとは洗練されてきて、逆に荒削りの良さが薄れてきた…そんなことありませんか?質問ばっかりでゴメン。私オーシャンズ・シリーズ全く見てないもので。
そうだったのですか??? (dim)
2007-10-22 09:56:53
ひるでさん、おはようございます。

>ブライアン・コックスに惚れて「おじさん病棟」を開設しちゃった

しょえええええ~~~!
そうだったのですか!
それは知りませんでした。
でも最近は「おじさん予備軍病棟」も開設せねばならないような感じですよねえ(笑)。
ユアン出演の「アレックス・ライダー」はご覧になる予定なんでしょうか?

あ、「ボーン・アルティメイタム」ご覧になったら是非感想きかせてくださいまし~~。
これは (dim)
2007-10-22 12:38:42
シュエットさん、こんにちは。

この作品でマットは新境地を得て、評価もぐんとあがりましたよね。
今回も老体に鞭打って(という年ではなかろーに)頑張っておりますです。
こういう役でクールに演じるってなかなか難しいと思うんですよね。熱くなっちゃうのが殆どだと思うのだけど、マットはすごくタフなくせしてクールなんですよね。
いい俳優さんですわ♪

オーシャンズのマットは可愛いですよ~~♪
彼がいるから、ブラピやジョージ兄貴がはえるんだと思います。まあ映画としては大したことないですけど(お、偉そう)。わはははは。
観てきた!! (DD)
2007-11-10 19:46:02
よく出来てました!また観にいきたいです~♪

>でも・・・これがアメリカで実際に行われていたとしても驚かない。あり得ない話ではないからだ。
>病んでいるアメリカのほんの一部の闇の部分だと思えなくもないのだ。

ホントに。
ボーンのセリフに病んだアメリカへの思いが表れているとか何とかのマットのインタビューを以前読んだのだけど、ラスト近くでエドガーに言うセリフがそのことを指しているんだろうな~と思いました。

続けて「ディスタービア」を観ました。
こちらもおもしろかったけど、終わり方が能天気だったにゃ。。。
アルティメイタム観た! (シュエット)
2007-11-11 17:39:57
dimさん、土曜日、朝一番で見てきた。微妙よ。やっぱり「ボーン・アイデンティティー」と「ボーン・スプレマシー」のジェイソン・ボーンがいいわ。今回胸に沁み沁みのシーンなかった。マットは頑張ったけど前の2作ほどのドラマが無かった(泣き)
よかったっすよね (dim)
2007-11-11 20:56:50
DDさん、どうもですにゃ~~。

よかったですよね、ワタシもジャパプレで一度鑑賞済みなのに、土曜日にも観に行ってしまいました。
なんだか一度目はよくわからなかったものが二度目にはしっかり把握できました。
もうマットの身体を張ったアクションシーンには脱帽ですわ・・・。うーん!かっこよすぎる~~~!!
この映画を観ていると「男は顔じゃねーー!」と一瞬錯覚を起こしてしまうほど、マットは素敵です。
ハイ、男は顔です。

「ディスタービア」・・・鑑賞予定はございませんが、ラストがノー天気でしたか。
「ボーン・アルティメイタム」の後だとちょっと分が悪いかもしれませんねー。
おや (dim)
2007-11-11 21:08:11
シュエットさん、こんばんは。

あら~シュエットさんには不評でしたが。
ワタシはあまりに面白かったので、二度目の鑑賞もすませてきちゃいましたが。
映画としてはかなりいいできなのではないかと思いましたが、ドラマと言う点においては確かにシュエットさんのおっしゃるとおりかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ボーン・アルティメイタム (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼<ボーン>が「記憶」を取り戻すとき 最後通告<アルティメイタム>が下される。』  ●関連作品レビュー● ・シリーズ第1弾「ボーン・アイデンティティー」 ・シリーズ第2弾「ボーン・スプレマシー」  コチラの「ボーン・アルティメイタム」は、ロバート・...
「ボーン・アルティメイタム」 (寄り道カフェ)
THE BOURNE ULTIMATUM 2007年/アメリカ/115分 at:TOHOシネマズ梅田 <ネタバレ> う~ん、感想は微妙! 最強のハイテクを駆使したCIAのボーン追跡を出し抜き、CIAが差し向ける暗殺者との戦い、ジェイソン・ボーンという一人の暗殺者を生み出したトレッド...