デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

紫色の実

2016年11月05日 | デジカメ散歩日記

ヤブムラサキ(クマツヅラ科)の実

  昨日同様、今日も好天気である。今日のコースは、山地の集落(岩杖~杖坂)往復6キロコース。まず見かけたのは真っ赤な実をつけたヒヨドリジョウゴの実である。朝の光をうけて一段と美しく見えた。しばらく歩をすすめていると、林の縁で小さな紫色の実をつけた低木を見かけた。図鑑で調べたところ、ヤブムラサキの実であることが判明。これを今日の一枚とする。初夏に紅紫色の可憐な花をつけるとのことだが、見過ごしているようだ。さらに歩をすすめていると、ここでもサネカズラを見かけたほか、茶ノ木の花、ヤクシソウ、ヤブコウジの実、フユイチゴの実、サルトリイバラの実、アオキの実などを撮りつつ、目的地の杖坂に到着、Uタンして帰途へ・・・・・。以下、前出のヒヨドリジョウゴの実、茶ノ木の花をUPするほか、今日もサネカズラの実をUPする。

ヒヨドリジョウゴ(ナス科)の実

茶ノ木の花(ツバキ科)

今日もサネカズラ(モクレン科)の実

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いまだに健在なアキノキリンソウ | トップ | 青空に映える »
最近の画像もっと見る

デジカメ散歩日記」カテゴリの最新記事