デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

アマドコロやコマツヨイグサ

2017年04月25日 | デジカメ散歩日記

可憐な花をつけたアマドコロ(ユリ科)

  曇り空ではあるが時折薄日も射す。そんななか散歩に出かける。川土手を川下側におよそ2キロ下った地点でUターンし反対岸を我が家までの一周コース。川土手には近所の方々が幾種類かのツツジやヤマブキ、シバザクラ、アヤメ等いろんなものを植栽されているが、そんなものを観ながら歩をすすめた。野草たちも、過日は見かけなかったものが一気に顔をだしている。とりわけコマサツヨイグサがあちこちで群生しはじめていること、カタバミやコバンソウが一気に増えたこと、林の縁などではシャガの群生も見受ける。それらも撮りながらさらに歩をすすめていると、可憐な小さな筒状の花をぶら下げたアマドコロ(ユリ科)を見かけた。これを今日の一枚とするほか、前記のコノマツヨイグサ、コバンソウ、カタバミ、美しい紅の花をいっぱいつけたツツジなどをUPする。

コマツヨイグサ(アカバナ科)

コバンソウ(イネ科)

カタバミ

林の縁でシャガの群生を見た

川土手に植栽されている美しいツツジ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コバノガマズミや美しいツツジ | トップ | ハイノキの花が咲いた »
最近の画像もっと見る

デジカメ散歩日記」カテゴリの最新記事